EURCHFはユーロ圏との物価安定を図るスイス中央銀行が介入する通貨ペア

EURCHF(ユーロ/スイスフラン)について

クロス円が目立つFX業者ではあまり欧州通貨のペアは注目されませんが、そんば欧州通貨同士のペアにEURCHF(ユーロ/スイスフラン)があります。この通貨ペアは文字通りEUの通貨であるユーロと自国通貨を手放さないスイスの通貨とのペアなのですが、このペアにはある特徴があります。それは、EURとCHFの相関性が非常に高く、値動きが小さい、ボラティリティが非常に小さいという特徴です。

例えば最もメジャーな通貨ペアであるUSDJPY相場の平均的な変動率は8.0%ほどありますが、EURCHF(ユーロ/スイスフラン)はなんと2.0%ほどしかありません。そう、非常に値動きの幅は小さいのです。そのためEURとCHFの金利差があった時などは、スワップ金利を安定して受け取れるペアとして有名でした。しかし2008年の金融危機以降、両国の金利はほぼ限界まで引き下げられ、スワップ目的の投資に魅力はなくなっていきました。それでもこの通貨ペアが注目されるのは、スイス中銀の介入です。

EU圏とスイス(EURとCHF)の関係

知ってのとおりスイスはヨーロッパのほぼど真ん中にある小国です。紛争が多いヨーロッパに中心にありながら、第2次世界大戦でもどちらの陣営に組しない永世中立国を貫いています。それは日本のようなアメリカの傘に入ったようなものではなく、どちらの陣営とも戦えるような強力な武装をもっているからです。それゆえスイスの信用力は高く、有事の際はフランが買われるといったこともあるくらいです。2011年の信用不安では金(Gold)と共にリスク回避通貨となっていました。その後他のヨーロッパ諸国は次々とEURを導入するようになりましたが、スイスだけは自国通貨を維持してきました。

欧州のど真ん中にあるスイス

そこで問題になるのがユーロとフランの為替変動リスクです。普段はEU圏とスイス経済は安定を保っておりあまり問題はありませんが、2008年の世界金融危機のような大変動になると状況が変わります。EURは多くの国をかかえており、各々の諸国が次々と問題を引き起こしてEUR安になりやすくなります。しかし一方で比較的スイス経済は打撃が少なくなるという、EU圏とスイス経済のミスマッチが起こります。するとEURから資金が逃げて、集中的にCHFへ向かいます。すると過度なCHF高となりスイス経済にデフレなどの悪影響を及ぼすことになるのです。丁度、日本が円高で不況になるのと同じようなことですね。

そのためスイスにとっては、過度にCHF高になって欲しくないのです。日本と全く同じですね。そこで登場するのがスイス中央銀行、略してスイス中銀です。スイス中銀は日本にとっては日本銀行にあたる通貨の番人です。そしてスイス中銀は、過度なCHF高にならないように為替介入をしてCHF高を抑えようとするのです。日本銀行も以前は何度か為替介入をしていますね。EURCHF(ユーロ/スイスフラン)はそういった関係で、スイス中銀の介入があるペアとして注目されているのです。

スイス中銀の介入を狙った1.5000買い戦略

EURCHF 鉄壁の1.5000

図は2009年のEURCHFのチャート図です。ご覧のように1.5000のラインで何度も反発しています。これはスイス中銀が、過度なCHF高を防ごうと介入しているからです。介入に関してスイス中銀はいつも 『ノーコメント』 を貫いており介入したという証拠こそありませんが、マーケット関係者からはスイス中銀の介入は確実にあったと言われています。そのためEURCHFで取引する際は、スイス中銀の鉄壁でもある1.5000をバックに買い戦略を立てることで大きな成果を上げることができるのです。

魔の12月18日に1.5000を割れたその後

1.5000を割れたEURCHF

しかし上記の1.5000をバックに買いをする戦略は、魔の12月18日に終焉を迎えます。なんと鉄壁と思われていた1.5000ラインをブレイクしてしまったのです。これまで幾度と無く1.5000を死守してきたスイス中銀も支えきれなくなったのです。ある噂では、12月という市場参加者が少なく相場が薄い時間帯を狙ったヘッジファンドの仕掛けとも言われています。とにかく1.5000をブレイクした事実は変わりなく、買い戦略は難しいものとなってしまいました。この1.5000は10ヶ月近く守られていたために、同じ買い戦略をしていて損失を被った方もかなりいます。私もその1人で数十万円を失いました。

1.5000を割れたEURCHFのその後

その後EURCHFは買い支える人がいなくなってからどんどん値を下げていきました。一時期動きが鈍くなったこともありましたが、その後の世界景気への不透明感やアメリカ指標の悪化などにより世界的リスク回避が強まり、スイスフランはますます買われていくことになります。相場の途中では不自然に上がることがあり、再びスイス中銀が介入をしているとの噂が流れていました。もちろんスイス中銀はノーコメントを貫いているので真実は確認できませんが、介入していることは見え見えでした。しかし結局は下げの流れを止めることができませんでした。

歴史に習うと今まで中央銀行が相場に介入を行ってトレンドが転換した例はありません。そしてその歴史に習うようにスイス中銀は介入を止めることを発表し、事実上敗北宣言を出すことになります。1992年にポンド危機でイングランド銀行が敗北したように、中央銀行の介入は相場を転換させることができないことがまたも証明されてしまったわけです。ただし介入当時のレートをこの後未来永劫下回ることはありえず、どこかで反発して相場は元通りになります。介入は短期ではほぼ失敗しますが、長期的には成功することが多いのです。 『介入は相場の流れを変えられない』 という相場の格言は覚えておきましょう。

2011年魔の9月6日、スイス中銀の究極の市場介入、1200pips

2009年末に事実上の死守レート1.5000をぶち破られたEURCHFはその後、一度も1.5を回復することなくCHF高が続いて行きました。スイス中銀も何度か介入を行いましたが結局止めることはかなわず、その後2011年中旬までCHF高は続きドルスイスやユーロスイスは下がり続けました。USDCHFは0.7000、ERUCHFはパリティ1.0000割れ寸前まで下げ続けたのです。日銀の介入もあったCHFJPYは108円まで高騰しました。スイス中銀だけでなくスイス政府高官も少々キレ気味でした。

そして2011年の8月から行われたスイスの通貨高対策は覚悟が違ってきました。市場に大きな介入をし、外国人のフラン資産に課税する実質マイナス金利を実施したり、ユーロとのペッグ制をちらつかせて牽制するなどあらゆる手を打ってきました。その成果が如実に現れたのが9月6日のスイス中銀の介入です。その数週間前にセリングクライマックスで大きく上げたスイス相場が介入によって一時的に戻していましたが、相変わらず根強いスイス買いによってスイス高になっていた時です。スイス高官は会見で 「EURCHFが1.2を下回ることは許さない」 と再びの介入宣言を行いました。しかも 「その後は無制限の介入を行う」 という異例とも無謀とも思える会見内容でした。その会見と同時進行でスイス中銀の相当な市場介入がありました。なんと、USDCHFで700pips、EURCHFとGBPCHFで1200pips、もの超バク上げをさせたのです。CHFJPYは98円から90円割れと8円(800pips)もの急落が起こりました。今まで投機筋になめられっぱなしだったスイス中銀の覚悟が垣間見えた市場介入が行われたのです。

参考リンク:http://www.snb.ch/en/mmr/reference/pre_20110906/source/pre_20110906.en.pdf

スイス介入でユーロスイスが+1200pips

このスイス中銀の介入は同じく通貨高で苦しんでいる日本投資家にも大きな衝撃を与えました。このスイス介入によって大きな利益を得た人もいれば大損した人もいました。特にスイス高は今まで鉄板だったために、ストップを考えず大きな取引をしている投資家もかなりいたようで、スイス介入直前にEURCHFを100lot単位でショートしていた方もいたようです。特に個人投資家は大きな損を出しましたが、儲けた個人は少なかったのです。だいたい大相場では事前に知らされている大手投資銀行が利益を持って行ってしまいます。その後、ネット上には-6000万の画像が出まわるなど破産者も出たようで大騒ぎになりました。しかし次の日の9月7日の日銀金融会合では何一つ動きがありませんでした。スイス中銀の狡猾さと覚悟を感じる介入に対して、日銀の無能と無責任を感じた人も多かったのです。

当時騒がれた、6500万の損失画像

EURCHFはどこのFX業者でやるべきか

スイス中銀の介入相場で儲けるのは言ってみればカンタンです。止めどなくスイス安になっている相場でCHFJPY売り、USDCHF買い、EURCHF買い、GBPCHF買いなどをやればいいのです。介入相場では押し目などありませんので、トレード出来る状況では一気にポジションを立てる勇気が必要です。躊躇していると間に合いません。言葉にするとカンタンなように聞こえますが、実際は恐怖すら感じる相場ですのである程度の勇気が必要です。

ちなみにEURCHFは取引できる業者がけっこう限られているマイナー通貨ペアです。各業者ごとにけっこうスプレッドが違います。外為ジャパンでは額面スプレッドが2pipsとなっていますが、実際には5~7pipsと安定していません。海外システムを導入している業者ではスプレッドは安定していますが、IGマーケッツ証券が4pips、FXトレードフィナンシャルが5pipsと結構広いです。そのためオススメはスプレッドが2~5pipsの変動ながらも、1,000通貨から取引できるFXTSヒロセ通商がいいです。もちろん手数料は無料ですし、FXTSは外為オンライン系のシステムなので、微益ながらも他業者より高いスワップ金利になっています。

※追記:EURCHFでFXTSよりさらに条件のいい業者がありました。それはライブスター証券です。このライブスター証券はFXTSや外為オンラインと同じI&S社のシステムを使っています。しかしスプレッドは業者ごとに違っており、ライブスター証券はFXTSよりもスプレッドがはるかに狭い1~2pipsになっているのです。また相場が安定している時などはスプレッドが瞬間的にではあるものの1pipsを切ることもあり、この業者がEURCHFで一番スプレッドが狭い業者であることがわかりました。EURCHFは値幅が小さくスプレッドはかなり大きなものとなるため、例え0.1pipsでも狭い業者でやられたほうがお得です。ちなみに当サイトではライブスター証券とタイアップをさせていただいており、このページから口座開設してくれた方には 「ゾーン~相場心理学入門」 のオーディオCD(\3000相当)を無料プレゼントさせていただいております。

EURCHFはIDO証券が一番狭い

当サイトからライブスター証券さまに口座開設していただくと
[オーディオブックCD] ゾーン~相場心理学入門をプレゼントさせて頂きます
アイディーオー証券
>> 無料プレゼント口座開設はコチラから <<

同ジャンルのリンク

 

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 インヴァスト証券(シストレ)  
★×4 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
  トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×4 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン
大島優子PR、2008年取引高No.1
外為オンラインの口座開設手順とその心構え
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!