マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

FXの小売売上高とは雇用統計に肩を並べる最重要指標

各コンテンツのショートカット

小売売上高とはどんな経済指標か

小売売上高の注目度

小売売上高とはどんな経済指標か

FXには様々な経済指標が影響を及ぼします。中でも重要指標といわれ、雇用統計と肩を並べるほどの重要な指標が小売売上高です。小売売上高とは、文字通り百貨店などの小売業の売上高を数値にした経済指標です。要するに、どれだけ小売業で売り上げがあったかなんですね。特に世界のGDPの3分の1を占める超大国アメリカの小売売上高に世界の注目が集まります。でもなぜこれが重要指標なのでしょうか?

その理由はアメリカ経済の構造にあります。世界最大のGDPを誇るアメリカですが、そのGDPの実に70%を占めるのがアメリカ人の個人消費なのです。アメリカではクレジットカードが浸透していてモノを買っているイメージがありますが、まさにその通りなのです。その膨大な消費は世界経済にも大きな影響を及ぼします。なんせほとんどの国がアメリカへモノを輸出しているのですから。そしてアメリカがモノを買ってくれないと世界中が非常に困ります。だから世界中の投資家たちは、アメリカ人がどれだかモノを買っているかに注目して、それを分析できる小売売上高に注目しているのです。

小売売上高の注目度

理由は上記で説明しましたが、とにかくアメリカの個人消費は世界経済を支える重要なポイントです。他の国の小売売上高もそれなりの注目度を誇りますが、やはり世界の景気を左右するアメリカの個人消費がどうなっているかを判断できるアメリカの小売売上高が一番の注目を浴びます。世界の景気を左右する指標ともいえるので、小売売上高は非常に注目度が高い指標です。それは雇用統計と肩を並べるといってもいいかもしれません。雇用統計ほど急激な為替変動は起こりにくいですが、予想外のハプニング数値が出てしまった場合などは、大きく相場が動くこともあります。注目度は最高レベルです。

注目度 : ★★★★★(5)
発表日 : 毎月15日頃

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved