マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

FXの新規失業保険申請件数は毎週確認できる雇用情報

各コンテンツのショートカット

新規失業保険申請件数とは

新規失業保険申請件数の注目度

新規失業保険申請件数とは

FXをするにあたって、様々な経済指標が為替相場に影響を及ぼします。その経済指標のひとつが新規失業保険申請件数です。その名前の通り、アメリカの失業者の人たちがどれだけ失業保険を申請しているかが発表されます。失業して収入が途絶えてしまった人にとっては、次の仕事が見つからなければ失業保険で食いつなぐしかありません。この指標は、失業者がどれだけいるか、どれだけ再就職ができているかを見極める指標なのです。しかも、雇用統計が月1回しか発表されないのに対して、この新規失業保険申請件数は毎週発表されるので、その週の失業情勢をいち早く知ることが出来るのです。また新規失業保険申請件数とともに、どれだけの人に失業保険が給付されたかを表す失業保険受給総数も同時に発表されます。

新規失業保険申請件数の注目度

新規失業保険申請件数の注目度はそれほど高くありません。失業保険給付申請も増加するため米国の雇用情勢悪化、減少すると雇用情勢改善と読み取れますが毎週発表されるために、予想とのギャップは起こりにくくそれほどインパクトを与える指標にはなりません。ただし、雇用の急速な悪化が懸念されるときなどは、毎週発表される新規失業保険申請件数に注目があつまることもあります。主にこの指数の分岐点は40万件になり、それより少なければ雇用状況がよくなっており、それより多ければより多くの人が失業していることになります。

注目度 : ★★(2)
発表日 : 毎週木曜日

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved