マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

FXって危険な取引じゃないの?

FXとは使い方次第で危険なこともあります

FXは日本の政治家に頼ることなく、世界へ投資ができて、高金利を享受でき、しかもわずか数万円からできるというとっても魅力的な方法であることがわかりました。しかし綺麗なバラには棘があるように、おいしい話には裏があるといいます。実際FXはいいことばかりではありません。最近は株やFXで失敗して貯金を全てなくしてしまった中年や高齢者のニュースが良く聞かれます。そうなると 「いくらFXが何億円も儲けることができる優秀な方法だといっても危険じゃないの?」 と不安に思うことがあるでしょう。ではFXはどれくらい危険かということにお答えします。

ズバリ言います。
FXとは使い方を間違えれば危険なことがある

「ああ、やっぱりな」 と感じた方、ちょっと待ってください。最後まできちんと読んでくださいね。確かにFXはリスクを伴う方法であることは事実です。方法を間違えれば大やけどをする可能性があることは否定できません。でもそれはFXのことをたいして勉強せずに間違った使い方をした場合がほとんどなのです。きちんと勉強をして、正しい使い方をすれば危険なことなどほとんどありません。大切なのは使い方なのです!

FXはバカがやると大損する

FXが大儲けできるか大損するかというのは結局使い方次第です。 「じゃあ使い方がとても難しいの?」 と思うでしょうが、全然そんなことはありません。FXで儲けている人には学生から主婦、果ては70歳以上にもなるおじいちゃんまでがやっているのです。難しい方法ではありません。

わかりやすいように車で例えてみましょう。車というのはアクセルを踏むだけで時速100kmものスピードを出すことができて移動が速くでき、重い荷物を負担なしに運べるし、カッコよくて他人を魅了することができる便利な道具です。しかも1ヶ月程度の研修をすれば、誰でも安全に運転できるようになる簡単なものです。しかし、いくら車が便利なものであっても正しい使い方をしなければ大きな危険があります。例えばドライバーが車の知識などまるっきり持ってないバカで、免許ももっておらず交通ルールも知らない奴だったらどうなりますか?当然、間違った使い方をして大事故を起こして、多額の慰謝料を取られたりします。これと同じことなのです。FXはきちんと勉強をして正しい使い方をすれば儲けることができますが、たいして勉強もせず間違った使い方をすれば大損する。こういうことなのです。

つまりFXも車もきちんと勉強すれば危険なことなどほとんどないのです。よって最近ニュースになっている 「株で損した」、「FXで損した」 とか言っているのは、たいして勉強もしないで間違った方法で株やFXに手を出して損した自業自得な人たちがほとんどということです。彼らの状況を詳しく聞いてみると、たいして勉強もせずに 「なんとなく~」 「儲かりそうだったから~」 「Aさんに言われたから~」 といった安易な行動ばかりで、無知と怠慢がにじみ出ている人たちばかりです。言い方は悪いですが、ハッキリ言ってしまえば完全な負け犬の遠吠えです。負け犬の人間に惑わされないようにしましょう。きちんと勉強をして、正しい使い方をすればFXはあなたの最強の味方になってくれるのです。

FXが危険かどうか、車で比較してみる
> ドライバー > FXトレーダー
・ 運転免許を持っていない
・ 車の知識など全くない
・ 交通ルールも全く知らない
・ FXについて勉強していない
・ FXの知識が全くない
・ なんとなくやってみた
車を運転する FXをやってみる
大事故を起こして
大量の慰謝料がかかった
取引に失敗して
大きな損を出した
本人は言う
車が悪い!車は危険だ!
本人は言う
FXが悪い!FXは危険だ!

結局、危険かどうかは本人次第

上の図を見て、バカなドライバーと、 『FXは危険だ』 とのたまう人間の原因はどこにあると思いますか?本人たちが言っているように車に原因があるのでしょうか、FXに原因があるのでしょうか・・・。

答えは言うまでもなく 「本人たちの無知と怠慢にある」 ということは間違いありません。何度も繰り返し述べますが、FXという方法は全然勉強せずにルールも知らないでやれば、車で事故を起こすように大きな損害がでます。しかしきちんと勉強をして正しい使い方をすればFXはあなたの最強の味方になってくれるのです。FXは便利な方法ですが、そのFXを使って大儲けできるか大損するかは、あなたがきちんと勉強してルールを守るか否かということなのです。無知で怠慢な奴が損をするのは当たり前です。勤勉で努力を怠らないことが勝ち組の条件ですよ。

福沢諭吉の言葉 : 学問を勤める者は貴人・富人となり、無学なる者は貧人・下人となるなり
この言葉は貧富の差の決定的な原因が学問の有無にあるということを示しています。学問に勤勉で努力を怠らない人は富を集めることができますが、学問に怠慢で努力をしない人は貧しいのだということを表現しているのです。富を集めたい、金持ちになりたいなら努力しなさいよ!という先生のありがたいお言葉ですよ。

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved