マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

CZK(チェココルナ)はチェコ共和国で使われている低金利通貨

各コンテンツのショートカット

CZK (チェココルナ) とはチェコ共和国の通貨単位

CZK (チェココルナ) とはチェコ共和国の通貨単位

【CZKとはチェコで使われる通貨である】
CZKはチェココルナといってチェコ共和国で使われている通貨です。チェコは英語名でCZechとなり、コルナはKorunaとなります。その頭文字をとってCZKと表記されるのです。隣国のスロバキアはSKKという同じスロバキアコルナという通貨を使っていましたが、2008年にEURを導入しました。略称はKc。紙幣は100Kc、200Kc、500Kc、1000Kc、2000Kc、5000Kc。硬貨は1Kc、2Kc、5Kc、10Kc、20Kc、50Kc。

チェコ共和国の国旗         チェコ共和国の地理情報

【分裂したチェコ共和国】
ご存知でしょうがチェコはソ連崩壊までは隣国スロバキアと一体となっていました。ソ連崩壊までは社会主義を強制的に導入させられ、共産圏解体の中で1993年にチェコスロバキアが2つに分裂したことにより、現在のチェコ共和国が誕生しました。なぜ2つに分裂したかというとチェコにはドイツ系の住民が、スロバキアにはハンガリー系の住民が住んでいてもともと別々の生活圏だったのを幾多の戦争で強制的に合併させられていたからです。ただしナチス侵略などでドイツは嫌いみたいです。

【チェコは東欧でも指折りの工業国】
通貨の分析する上ではその通貨を使う国の経済を分析することが大切です。そこでチェコの経済を分析することになるのですが、チェコはそれほど世界的に有名な企業などがあるわけではありません。しかしチェコに住む人々はドイツ系の人間であるせいか、工業が得意な民族です。そのためソ連という呪縛から解き放たれてから、チェコ共和国の工業は目まぐるしい発展を遂げています。チェコは東欧きっての工業国なのです。

【EU加盟の恩恵を受ける】
チェコ共和国は他の東欧諸国と同じく2004年にEUに加盟しました。EUに加盟することによってEU本部からの援助を受けることができたり、海外からの投資が整うことで経済成長がしやすくなるからです。このEU加盟によってチェコ共和国は確かに成長するのですが、インフラが整わないうちに大量の海外資本が流入したことで、一時経済的混乱を招きました。現在では安定的に経済成長するまでに回復しましたが、いまだチェコ共和国はそれほどのレベルでしかないということでもあります。

【EUR(ユーロ)はまだ導入せず】
チェコ共和国は新興国の分類に入り、経済成長をしやすくするためにもEUに加盟しました。もちろんEU加盟と同じくEUR(ユーロ)も導入したいのです。しかし、チェコ共和国はいまだにEUの共通通貨であるEUR(ユーロ)を導入できていません。これは失業率が高い状態で推移していることと財政赤字があるということが主な原因になります。これらの問題の改善されれば、EUR(ユーロ)を導入することになります。隣国のスロバキアはすでにEUR(ユーロ)を導入しました。

【チェコの政策金利は低め】
チェコはEUR(ユーロ)を拒否非されたように失業率は高い状態です。ただし、失業率に反して深刻なインフレは起こっていません。そのためインフレをおさえるための金利引き上げはの必要性がないので、政策金利はそれほど高くなっていません。スロバキアも同じような状況でした。21世紀の安定した経済成長の中で金利は2~4%ほどに抑えられています。将来的にEU加盟をすることを目標としているので、EUR(ユーロ)と同等の金利水準になっていくと考えていいでしょう。

【取引はSAXO業者でできる】
CZK(チェココルナ)は世界的にはあまり流通していないマイナー通貨の分類に入ります。そのため国内FX業者で取り扱っているところは存在せず、国際的なネットワークを有するSAXOシステム導入業者でしか取引はできません。しかし流動性が低く、取引はオススメできません。さらに隣国のスロバキアのようにEUR(ユーロ)導入にともなって通貨が廃止される可能性も高く、投資する魅力はほとんどないといってもいいでしょう。

チェコ共和国の政策金利動向

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved