マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

日本円だけではない KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨

KRW (韓国ウォン) とは大韓民国の通貨単位

【KRWとは大韓民国で使われる通貨である】
KRWとは韓国(大韓民国)で流通している通貨です。韓国の英語名はKoReanであり、ウォンもWonと表記することから、KRWとなるのです。同じ朝鮮半島にある北朝鮮の通貨もウォンですが、厳密には違う通貨です。ご存知用に韓国は1950年代の朝鮮戦争により、インフラが壊滅状態となったため大きく立ちおくれてた国です。朝鮮特需で成長した日本とは正反対ですね。しかし、漢江の奇跡と呼ばれる経済発展以降成長を続け、新興工業経済地域(NIEs)の一つとなりました。そして1996年にアジアで2番目のOECD(経済協力開発機構)加盟国ともなっています。

韓国の国旗         韓国の地理情報

【円の10分の1の価値】
KRWは日本円との固定相場を作ってはいませんが、実質的に日本円:JPYとの固定相場をとっているカタチになっています。だいたい日本円:JPYの価値の10分の1で推移しています。つまり100円が1000ウォン、1万円が100,000ウォンとなるので円換算の計算が非常に簡単だったのです。しかし2005年には急激なウォン高円安になったり、2008年には金融危機でウォン安円高になってしまうなど、最近は変動が非常に激しくなったので、この計算は当てにならなくなりました。

【アジア通貨危機で壊滅】
韓国ウォンを語る上で1997年のアジア通貨危機ははずすことができない事件です。1997年、タイの通貨危機を発端とするアジア全域での経済危機の影響を受けて韓国はIMFの支配下に入ってしまいました。そしてKRWの価値暴落して、その価値は地に堕ちました。韓国の経済自体が 「技術では日本に負け、人件費では中国に負ける」 といういい所のない状態でいつまでも景気後退を脱することができないことからも通貨価値は上昇しません。2009年頃にはサムスンの輸出産業を潤すために通貨安にしたところインフレが進行してサムスン以外の人の経済状況にダメージがいってどうにもならなくなるなど、阿呆なことをやっていて北の国と対して変わらないことがよくわかります。

【スワップ金利は取れない】
韓国の金利は日本と違ってインフレが進んでしまっているので高い状態です。おおむね4~5%の状態になっていますが、KRWの流動性が少なくほとんどのFX会社ではスワップ金利はマイナスになっています。 これはKRWの流動性が極めて少ないために、スワップ金利を払う以上に通貨の調達コストがかかってしまうためです。このコストが非常に高く、取引する人も少ないので扱っているFX業者もとても少ないのです。

【再び通貨危機の瀬戸際へ】
ご存知かもしれませんが、韓国経済は2008年からの金融危機で混迷を極めます。金融危機の影響下で、通貨KRW:ウォンは下落を続け、1997年のIMFの支援の一歩手前まで追い詰められます。しかし以前よりも外貨準備高を豊富に備え、韓国中銀が幾度と無く市場へ介入してドル売りウォン買いを行い、最悪の場合は日本と中国に救援を約束してもらうことでなんとか通貨危機の二の舞は防ぐことができました。しかし何時またこのような危機を迎えてもおかしくない不安定な通貨なのです。ハッキリ言って取引することはオススメできない通貨です。

【KRWの取り扱い会社は非常に少ない】
KRW(韓国ウォン)は流動性が非常に小さく、通貨危機を起こしているハイリスクな通貨です。そのため取り扱うことのメリットが少ないので多くのFX業者はKRW(韓国ウォン)を取り扱っていません。KRW(韓国ウォン)を取引できるのは、SBI証券やひまわり証券といったほんの一部の証券会社FXサービスだけになります。状況によっては取り扱いが中止されることも十分考えられるので、取引はオススメできないでしょう。 事実くりっく365で取り扱いされていましたが、数年で取り扱い中止になりました。もちろんポジションをもっていれば強制決済は免れなかったでしょう。

HKD (香港ドル) とは香港やマカオの通貨単位

【HKDとは香港で使われる通貨である】
HKDとは香港および、マカオで使われている通貨:香港ドルです。香港を英語名にするとHongKongになりますね。このHとKをとり、ドルの英語名であるDollarのDをとってHKDと表記するのです。香港には実質的な中央銀行が存在していないので、香港ドル(HKD)は香港金融監督局の監督の下、香港上海銀行、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行の三行が発行している通貨です。そして最大の特徴は香港ドル(HKD)はアメリカドル(USD)の裏づけをもって発行されているおり、そのためアメリカドル(USD)とのペッグ制をとっているところです。ペッグ制とは2つの通貨の為替変動をある一定に保つ制度のことであり、アメリカドル(USD)との為替差益が発生しないことになっているのです。 この制度があるために香港ドル(HKD)はFX投資家に非常に人気の高い通貨になっています。

香港の国旗          香港の地理情報

【ドルペッグ制】
HKD(香港ドル)はUSD(アメリカドル)とペッグ制をしています。これはHKDの価格をUSDに連動させるものです。香港ドル(HKD)はアメリカドル(USD)の裏づけをもって、香港上海銀行、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行の三行から発行されているので、アメリカドル(USD)と同じ価値が認められているのです。そのためHKD(香港ドル)はUSD(アメリカドル)の間では 1USD = 7.75~7.8HKD の範囲のみで変動することが認められています。したがってUSDが上がればHKDも上がり、下がれば一緒に下がります。このためUSDHKDという通貨ペアは、為替変動リスクが非常に少なくなっており米国と香港の金利差(スワップ)を安定して受け取れるためFX投資家には人気の通貨ペアになってます。

【米国の影響を受ける】
香港は中国の一部ですが、1997年までのイギリス領の関係がいまだにのこってます。イギリスは香港が天然の漁港であることに注目し、貿易で儲けられる公算があったから中国から割譲しました。その後、香港は中国および東南アジアにおける中継貿易拠点として発展し、アジアのみならず、やがてはアメリカにも影響を及ぼすほどのものとなったのです。そのためHKD(香港ドル)は他の国の影響を受けやすい通貨でもあり、ドルペッグ制をとっているせいで米国の影響をモロに受けるのです

【発行しているのは中央銀行ではない】
香港には実質的な中央銀行が存在していません。そのため香港ドルは、イギリス系の香港上海銀行(HSBC銀行)とスタンダード・チャータード銀行(香港渣打銀行)、中華人民共和国の中国銀行と香港金融管理局が発行しています。これらの三行は香港ドル(HKD)を発行する際には、同額のアメリカドル(USD)を預託しなければいけないことになっています。つまりこの三行は香港ドル(HKD)とアメリカドル(USD)の為替変動リスクを抱えることになっているのです。ゆえにこの三行が為替変動リスクをかかえないためにも香港ドル(HKD)とアメリカドル(USD)には為替変動が起こらない制度・・・つまりドルペッグ制をとることになっているのです。

【中国の通貨:人民元(CNY)にも影響を受ける】
香港ドル(HKD)にもっとも影響をあたえるのは、もちろんドルペッグ制をとっているアメリカなのですが、もちろん地理的に近い中国の影響を受けることもとても多いです。これは中国の通貨:人民元(CNY)が流動性が低くなかなか取引できないからという理由もあります。閉鎖的で独裁国家である中国は、自国の通貨をコントロールできるように通貨:人民元(CNY)を外国人が自由に取引できないようにしています。そのため中国で何か動きがあると、中国の通貨人民元(CNY)の代わりに香港ドル(HKD)が買われることがあります。香港は貿易都市というカタチであるために、どうしても他国の影響を受けやすいのです。

【かなり多くのFX業者がHKDを取り扱っている】
香港ドル(HKD)は流動性こそそれほどありませんが、香港という貿易都市の特徴を反映して多くのFX業者で取り扱われています。通貨ペアが多いGFT、SAXOはもちろんのこと、くりっく365でも取り扱われています。特にドルペッグ制で為替変動がないUSDHKDというペアが一番多く取り扱われているのです。USDHKDのスワップ金利が高いところは、SAXO業者やヒロセ通商などがあるでしょう。

香港の金利

CNY (人民元) とは中華人民共和国の通貨単位

【CNYとは中華人民共和国で使われる通貨である】
CNYとは中国人民共和国(中国)で使われている人民元という通貨です。中国元ともいわれることがありますね。ちなみになぜCNYとなっているかは英語名を見ればわかります。中国の英語名は誰もが知っているChiNaですし、元の正式な発音はYuanというんです。日本の円が ”エン” ではなく ”イェン” となっているようなものです。そのため、C、N、Y をとって人民元はCNYとなっているのです。中国の経済成長や国際的な影響力が高めるにつれて、人民元(CNY)の価値も急速に上昇しており、近い将来には日本の円に換わってアジアの主要通貨になるのではないかと予測されている将来性のある通貨です。

中国の国旗          中国の地理情報

【人民元は通貨バスケット制をとっている】
世界的に重要な通貨である人民元(CNY)ですが、その相場はJPYやUSDのような変動相場制ではなく、ある程度の固定相場になっています。それが通貨バスケット制という制度です。この通貨バスケット制とはペッグ制のような完全固定制度ではなく、いくつかの複数通貨のレートを参考にレートを算出する多通貨ペッグ制とでもいうシステムです。そのためバスケットの構成内容がわからない限りレートを算出することはできません。バスケットの構成内容は、JPY、USD、EUR、KRWなどが含まれていることだけが公開されていますが、厳密には非公開です。

【規制が多くて自由に取引できない通貨】
中国の人民元(CNY)は世界的にも非常に重要な通貨になりつつありますが、外国為替市場にはほとんど流通しない流動性の低い通貨になっています。これは、欧米からの投機筋に狙われないようにするためや、独裁政治をしたい中国共産党が通貨のコントロールをするために規制を強めているからです。そのため人民元(CNY)は非常に取引がしづらい通貨になっており、調達コストもかかるため、取り扱っているFX業者は非常に少なくなっています。

【人民元(CNY)が切り上げになると円(JPY)が買われる】
人民元(CNY)は通貨バスケット制により、ある程度固定された相場になっています。しかしこのように強制的に通貨の価値をとどめておくことは、以前の日本とアメリカのように貿易摩擦を起こします。そのため中国の人民元(CNY)は通貨の切り上げが行われます。日本のプラザ合意をみてみればわかりやすいでしょう。ただし、本来はその情報で人民元(CNY)が買われるのですが、人民元(CNY)は流動性が極めて少なく取引も自由にできないため、代わりに日本円JPYが買われることになります。これには深い理由はありません、欧米の人は日本も中国も ”同じアジアの国” としか認識していないのです。

【通貨操作で不当に安かった人民元(CNY)は上がる可能性が高い】
人民元(CNY)は通貨バスケット制、及び中国当局の為替介入によってある程度固定された相場になっています。これは人民元を不当に通貨安にすることで国内の輸出企業に恩恵を与えるためです。日本の輸出企業が円安で助かるのと同じ原理です。しかしこのように強制的に通貨の価値をとどめておくことは、以前の日本とアメリカのように貿易摩擦を起こします。そのため中国の人民元(CNY)は通貨の切り上げが行われます。日本のプラザ合意をみてみればわかりやすいでしょう。そのため今後、そういった通貨の操作が是正されていけば人民元は本来の価値まで通貨高になることが予想されます。もちろん中国ですから、何があるかはわかりませんが。

【セントラル短資FXで取引できるCNH:オフショア人民元】
上述のようrに人民元そのものは取引することが著しく規制されています。しかし一部のFX業者では取引することができます。IG証券セントラル短資FXで取引することができます。最近ではサイバーエージェントFXでも取引できます。特にセントラル短資FXでは日本で初めて対円での人民元通貨ペアであるオフショア人民元が取引できるようになっています。オフショア人民元(CNH)は本来の人民元(CNY)とは違って中国本土外で取引できる人民元でカバー取引を行うために使われている通貨のことです。人民元には、中国本土でのみ取引可能なオンショア人民元(CNY)と、中国本土外で取引されるオフショア人民元があり、中でも香港市場で取引されるCNHは最も取引量が多く、人民元の国際化に大きな役割を果たしています。本土の人民元(CNY)とは違い、香港で取引できるため非常に流動性もよくなっています。

>> セントラル短資FXの口座開設はこちらから <<
流動性のよいオフショア人民元(CNH)が取引できるのはセントラル短資FXだけ!

SGD (シンガポールドル) とはシンガポールの通貨単位

【SGDとはシンガポールで使われる通貨】
SGDとはシンガポールで使われているシンガポールドルという通貨です。シンガポールの英語名であるSinGaporeと、ドルの英語であるDollarのDをとってSGDと表記します。シンガポールはわずか東京の半分の大きさしかありませんが、金融都市国家として香港と同じようにアジア圏で大きな存在を誇っています。成長が止まり、さらに閉鎖的な日本からどんどん金持ちが移っている国としても有名ですね。あの村上ファンドの村上さんも、稼げるだけ稼いだらシンガポールに移住してしまいました。

シンガポールの国旗          シンガポールの地理情報

【SGDは通貨バスケット制をとっている】
シンガポールは経済規模が小さいので通貨投機などに狙われないように通貨バスケット制を取って毎日金利が変動しています。通貨バスケット制とはペッグ制のような完全固定ではなく、いくつかの複数通貨のレートを参考にレートを算出する多通貨ペッグ制とでもいうシステムです。バスケットの構成通貨は、JPY、USD、EUR、などがあります。同じように通貨バスケット制をとっている人民元のバスケット内容は公開されていませんが、シンガポールドルのバスケットの構成内容は公開されています。

【SGDには中央銀行がない】
シンガポールには中央銀行は存在しません。ではどうやって金利を決めるのかというと、通貨バスケット制もありますがシンガポール通貨金融庁が広範囲な通貨・金融政策、造幣業務を行なっています。香港上海銀行、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行の三行が通貨を発行している香港ドル(HKD)と同じようなカタチですね。

【シンガポールはアジア屈指の経済大国】
シンガポールは古くから金融都市として栄え、アジアの中では日本に次ぐ経済大国でもあります。そして海外からの移住や投資を歓迎しているために、投資環境が整っており、いろんな面で税金が優遇されています。もちろん所得税、法人税は日本より安いですし、相続税などはまったくありません。そのため村上ファンドの村上さんのように世界中からお金持ちが移住してきます。衰退していくだけの日本とは違って、未来がある国なのです。

【SGDは非常に低金利の通貨である】
SGDは通貨バスケット制度によって毎日金利が変動します。そのため他国の金利情勢が影響されることが多いのですが、最近はかなりの低金利の状態が続いています。これは通貨バスケットの大半を占める日本円(JPY)やアメリカドル(USD)が非常に低金利になっているからです。そのため2007年ごろから1%を切る超低金利状態が続いています。そのために日本円(JPY)のようにキャリートレード通貨として使われることもあります。また、SGDの現在の金利はシンガポール通貨金融庁のページで確認することができます。

【かなり多くのFX業者がSGDを取り扱っている】
SGD(シンガポールドル)は流動性こそそれほどありませんが、シンガポールという貿易都市の特徴を反映して多くのFX業者で取り扱われています。通貨ペアが多いGFT、SAXOはもちろん取り扱っています。特にオススメなのが、SAXO業者です。SGD(シンガポールドル)はかなりの低金利通貨なので、このSGD(シンガポールドル)を使ったキャリートレードをすることができるからです。具体的にはオセアニア通貨とのペアであるAUDSGDやNZDSGDがスワップ金利が高いです。

シンガポールのバスケット金利

THB (タイバーツ) とはタイ王国の通貨単位

【THBとはタイで使われる通貨である】
THBとはタイ王国で使われている通貨:タイバーツです。経済に詳しい人なら ”アジア通貨危機” の発端となった通貨としてご存知の方もいるでしょう。またタイの通貨ではありますが、隣国のラオスやカンボジアでも公式な通貨ではないもののかなり流通しています。ちなみに補助通貨はサタンといいます。サタンといっても魔王ではありませんよ。

タイ王国の国旗          タイ王国の地理情報

【アジア通貨危機の発端】
バーツを語る上でアジア通貨危機を外すことはできません。1997年当時、東南アジア諸国の多くはアメリカドルとのペッグ制をとっていました。しかしアメリカの経済力と東南アジアには大きな差があるために、東南アジア諸国の通貨は不当に高く評価されていました。そこに目をつけたジョージソロスらヘッジファンドが過大評価されたタイバーツを徹底的に売り浴びせました。この空売り攻撃によってタイ政府はペッグ制をやめ変動相場制に移行し、必死にタイバーツを買い支えようとしましたがヘッジファンドの売りに対抗できずに敗北。タイバーツは最盛期の10分の1の価値まで暴落しタイ経済は崩壊しました。その影響は東南アジア各国に波及し韓国はIMFの介入を受け、ロシアは国家破産まで起こしました。

【地獄からの不死鳥のごとき復活】
タイ経済は通貨バーツが10分の1の価値まで暴落したこともあって、壊滅的なダメージを受けました。しかしタイはアジア通貨危機で破壊された経済を立て直すべく、財閥の同族支配廃止や、外国資本を歓迎し、輸出を積極的に行いました。これによってタイ経済は回復し、好景気に逆転しました。東南アジアの成長株として有名になり、現在は東南アジアのリーダーとしてかなりの成長を遂げています。

【タイの金利は非常に低くなっている】
タイバーツ(THB)の政策金利はタイ国立銀行によって決定されます。このタイ銀行のデータによるとタイバーツ(THB)の政策金利はかなりの高水準で推移していましたが、景気が再び回復したのを契機にインフレも落ちついたために政策金利も低めの水準で推移しています。東南アジアの積極的な成長が続いているためにタイの政策金利も低金利のまま推移していくでしょう

【取引はSAXO業者でできる】
タイバーツ(THB)は世界的にはあまり流通していないマイナー通貨の分類に入ります。そのため国内FX業者で取り扱っているところはほとんど存在せず、国際的なネットワークを有するSAXOシステム導入業者でも扱っていません。ただし同じ国際的なネットワークをもつGFTシステム導入業者で取り扱っているところがあります。しかし流動性が低く、取引が停止されたこともあります。さらにいつまた通貨危機を起こさないとも限らず、投資する魅力はほとんどないといってもいいでしょう。

タイ王国の政策金利

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved