レバレッジがあるからFXは10億円儲けられる取引

レバレッジとは

レバレッジレバレッジとは学校の理科で習った ”てこの原理” を使って小さなお金で大金を動かすことができるしくみです。このレバレッジを知っているかどうかでFXの儲けが100倍も変わる重大なことです。てこの原理とは、小さな力で大きな物を動かす原理ですね、 これをお金に置き換えると ”少ないお金で大金を動かせるということ”になります。FXではだいたい1万円を預けることで100万円の取引ができるのです。 1万円  で 100万円 を動かせるので最初のお金の100倍を動かせることをレバレッジ100倍といいます。

またレバレッジには 『最少の時間と労力で最大の成果を出すしくみ』 というとってもおいしい仕組みでもあります。お金持ちというのはとても要領がいいもので自分がせこせこ働くのではなく、仕組みを作りお金に稼いでもらう方法を使って収入を得ます。こういった要領の良さも勝ち組の秘訣のひとつですね、『最少の時間と労力で最大の成果』 というのは日々の生活やビジネスにおいても効果を発揮します。

ハイリスク・ハイリターン

例えば100万円すべてでトヨタ株を買ったとします、そのトヨタ株が10%上がれば10万円の儲けになりますね!最初はたった1万円なのにレバレッジをかけることで大きく儲けることができました。しかしその逆を考えてみましょう。トヨタ株が10%下がったら10万円の損になりますね。あれ?でも100万円は借りているだけで自分のお金ではなく最初の1万円しかないよ?ということは9万円の赤字になってしまいます!このようにレバレッジをかけることは儲けも大きくなりますが、大損することもあるのです。つまりハイリスク・ハイリターンになるんです。レバレッジ100倍では儲けも100倍・損も100倍ですからレバレッジの倍数=リターン・リスクの倍数ですね。

FX会社のすごいレバレッジ

さて、FXのレバレッジですが、仕組みとしては株式投資の信用取引や商品の先物取引と同じですね。最初に一定の証拠金を預けることでその証拠金の10倍、100倍の取引ができるのです。ですが、信用取引は3倍が限界、商品先物はちょっとあがって数十倍になります。しかしFXではそれよりも高いレバレッジを掛けることができます。なんと400倍!500倍!ものレバレッジを掛けることができます。

レバレッジの差

金融庁の天下りのためにレバレッジ規制

レバレッジ規制

このようにレバレッジがかけられるからこそ、ハイリスクハイリターンの取引ができて個人でも1億、10億円も儲けることができるのです。そのためここ最近個人投資家のNo.1の投資方法として確立したFX(外国為替証拠金取引)ですが、相次ぐ悪質FX業者の犯罪や、行き過ぎたハイレバレッジ競争の過熱感によってFXを管轄する金融庁が、なんとレバレッジを25倍までに規制することを発表してしまったのです。金融庁は、2010年まで猶予期間をおいてから、まず50倍までに、そして2011年には全てのFX業者のレバレッジを25倍までに引き下げることが決定しました。ただしこの規制は自分たちの利権と天下りしか考えない売国奴とも言える欲望まるだしの下劣な官僚たちが、大人気であるFX業者をつぶして、くりっく365などの公設取引所へ顧客を呼びこむためだけのものです。格差拡大の記事でもご紹介したとおり、官僚というのはとことん庶民を奴隷にして、金儲けをさせない努力ばかりしているのです。

このため日本ではハイレバレッジが利用できなくなってしまい、なかなか1億、10億円も儲けることが難しくなってきてしまいました。そのためハイレバレッジを利用するには海外のFX業者を利用しなければなりません。ただし今ではグローバル経済の時代であり、海外のFX業者に口座開設することも非常に簡単になっています。クレジットカードと身分証明ができるものがあれば簡単に口座開設し、レバレッジ400倍、500倍を利用できます。腐りきった日本から出るいい機会かもしれませんね。

海外のFX会社は日本がどれだけサービスが悪くてスペックが低いかよくわかるほどのサービスとスペックを備えています。例えば海外FX会社として日本でも有名なXMを見てみましょう。なんとレバレッジは888倍!1000倍に近い超ハイレバレッジを備えています。スプレッドも0.5~2.0pipsと日本とあまり変わりありません。そしてなんといってもボーナス制度があるのです。これは入金した金額の30~100%を口座にボーナスとして振り込んでくれるのです。仮に10万円入金して30%ボーナスの時なら、13万円に口座が増えるのです。取引もせずに口座資産が増えるなんてすごいですね。これが海外FX会社の魅力です。

ITのおかげで損は少なく済む!

しかしそれだけ高いレバレッジを掛けられるということはそれだけハイリスク・ハイリターンになるという諸刃の剣ということでもあります。さきほどトヨタ株投資が10%下がったら最初の預け入れ金額より値下がりしてしまい9万円の赤字になってしまいました。このとき最初の1万円の損だけで止めていれば赤字にはならなかったのに・・・と後悔するでしょう。しかしIT化のおかげで損失を最小限に抑えることができるようになっているのです。それがロスカットというしくみです。

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved