マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

外為ジャパン(旧MJ)の評判や人気からその実力を徹底評価

MJとはどのような業者か?

【GFT業者からFONOXへ】
MJはもともと1971年にミッドジャパンとして設立された貿易商社だったのですが、2003年にAFT-FX、サザインベストメントと同じように海外系のGFTシステムを導入したIB業者としてFXサービスをおこなっていました。しかし2007年にIB業務を廃止して、FONOX(EMCOM)系のシステムを導入し短期売買向けのサービス「Spot Board」へ一新しました。

【スプレッド1pipsの元祖】
スプレッド1pipsの元祖現在のFX業界では標準のスプレッドが1pipsですが、FX業界で最初にドル円のスプレッドを1pipsにしたのはこのMJだったのです。MJがいなかったら、ここまでスプレッド競争は過熱しなかったでしょう。それだけ当時(2007)はスプレッド1pipsはインパクトがあったのです。そのスプレッドの狭さはとても話題になり2ヶ月で口座数が10,000件を超えるなどの快挙を達成したところでもあります。2007年には、FX取引調査においてMJは2007年度下半期の取引高No.1を達成しています。

【レバレッジが最高400倍】
最大レバレッジ400倍も業界で最初短期売買に徹底的に特化しているのでためレバレッジが最高400倍にも上げられます。短期売買では少ない証拠金でより大きなポジションを取れたほうがチャンスが広がるのでハイリスクですが短期売買にかなり有利です。当時はデイトレーダー、スキャルトレーダーなどの短期投資家はほとんどこのMJへ口座をもったといわれるほどでした。

【固定スプレッドを実現!】
MJは一時期顧客が離れてしまってかなり苦労した業者ですが、その逆境があったからこそシステムやサービスの改善に努めることができたみたいです。再びデイトレ業者としての地位を固めるべく、何度となくスプレッドを狭くしていきました。そして原則的にスプレッドが広がらない固定スプレッドを、下記の超狭いスプレッドで実現したのです。最近では少しサーバーも安定しています。

固定スプレッドを実現!

【クロスZAR取引に最適】
外為オンラインよりも通貨ペアが豊富でZAR関係も充実しています。 ZARJPYではスプレッドがたったの2銭になります。この水準ならZARJPYのデイトレが十分可能です。ボラティリティの高いZARJPYをショート(売り)するには最適の業者といえます。また取引画面には ”ワンクリック注文” があり、画面の価格をワンクリック(1click)するだけで成行注文ができるのは手間いらずでデイトレに適しています。4種類のZARペアがあります。

【取引するほど儲かるキャンペーン】
MJは親会社の潤沢な資金を使って新規顧客へのさまざまな魅力的キャンペーンを行っています。またある一定lot数を取引した既存の顧客に対してもキャッシュバックをしてくれます。MJは短期売買向けの業者の上に取引すればするほど儲かるので、FXデイトレやスキャルなどの短期売買で10億円を稼ぎ始めるために適した業者です。

>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<

MJのシステム・サーバー

【システムはEMCOM(FONOX)系】
MJのシステムはEMCOM系のシステムになっています。EMCOM証券(旧パンタ・レイ証券)を使ったことがある人はわかるでしょうが、EMCOM証券(旧パンタ・レイ証券)のシステムと瓜二つです。しかし肝心のEMCOM系のシステムはあまり強くなく、むしろ弱いと言われています。正直なところ、評判は悪いといえるでしょう。最近では改善の効果がでてきたみたいで、比較的安定しています。

【サーバーダウンを繰り返した2008年】
元々システムが強くなかった上に、史上初めてスプレッド1pipsを実現した業者ということで注目を集めた2008年1~3月頃は、顧客が集まりすぎたために幾度となくサーバーメンテナンスやサーバー増強工事が相次ぎました。これにより多少はサーバーが改善されたのですが、時期が悪かったためにMJに集まった投資家の熱を一気に冷ましてしまい、その後MJの勢いは下がっていってしまいました。最近は第三者機関にシステム診断を依頼するなど企業努力をして顧客の呼び戻しを行っています

>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<

MJの欠点

【スプレッド詐欺?】
MJのクロス円のスプレッドは他のデイトレ業者に比べると多少見劣りします。会社のホームページにはEURJPYが2pipsとなっていますが、これはほとんどなく4~5pipsが普通です。ユーロドル(EURUSD)も3~4pipsになっているのでクロス円のスプレッドに関してはあまりコストが安くないでしょう。

【スワップが低い】
短期売買に特化しているだけあってスワップ金利はかなり低い水準になります。ZAR関係もスワップが低いので長期投資には向きません。マイナススワップを増やしてプラススワップを多くしている外為オンラインとの差が出ます。長期投資には全くといっていいほど向いておらず、プラススワップとマイナススワップとの差がかなりあります。

【レバレッジ300倍、400倍は条件つき】
ハイレバレッジを謡っているMJですが、レバレッジ300倍は10万通貨以上のポジションから、400倍は100万通貨以上のポジションからというように条件つきです。つまり大口取引でないと300倍、400倍はできないのです。さらに高金利の南アフリカランドは取引単位に限らず最高が200倍に制限されており、レバレッジ400倍が堪能できるのは、ほんの一部の人に限られます。

【サーバーが弱い】
かなり評判がよくないシステムです。ログインに時間がかかる上に約定するのがとても遅いため指標発表時には使えないでしょう。話題性があり、一度にたくさんの人が口座を開いたためにシステム処理が追いつかずかなりシステムダウンを繰り返し、2008年2月、3月と大幅なサーバー増強を行いましたが、時期が悪かったためにMJに集まった投資家の熱が冷めています。その後、大幅な改善が行われたので、現在は比較的安定しています。

【OCO決済にトレール注文ができない】
MJは取引システムを完全にEMCOMからレンタルしているらしくOCO注文にトレールが使えないのが仕様になっています。約定能力に今ひとつ感が残るこのシステムで、トレールによるストップ注文ができないのは正直不満が残ります。

【サーバー関係・補填関係で行政処分】
MJは2007年10月ごろにドル円スプレッド1pipsを打ち出し顧客が殺到しまいた。そのときMJは2ヶ月で新規顧客10,000という快挙をなしとげましたが、予想をはるかに上回る顧客にサーバーが耐え切れずに2007年~2008年前半は何度となくシステムダウンを繰り返しました。そのときのシステムダウンを防げなかったことや十分な対策をしていなかったことで行政処分を受けてしまいました。またその際に損失を出した顧客への損失補てんをしたということも処分になり、業務停止処分をくらっています。現在は改善されているとはいえ、過去に行政処分があったことはマイナスです。

>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<

MJという会社の安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。MJの安全性を見てみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 東海財務局長(金商)第24号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ サーバーダウンが多く、行政処分されました(東海財務局
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 200%台とそこそこの安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ DB信託銀行で信託保全だが、一部のみ
5. 業者の株主・出資者 ・・・ JASDAQ上場企業のプラネックスグループ(6784
6. 人気・評判 ・・・ 一時期投資家が離れてしまって人気は冷めている

このように上記6つのポイントを見てみると、信託保全が一部分だけであることや自己資本規制比率が低めで停滞していること、親会社はそれほど信頼性がない、とあまりよくない情報もあるためにMJの信頼性はそれほど高くありません。2009年には行政処分も受けているので、ますます信用できません。一応顧客もある程度ついていて信託保全もされているので、MJの安全性は5段階評価の2ぐらいといったところでしょう。メイン口座として利用するには信用が低いので、サブ口座扱いが望ましいです。

>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<

MJの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:MJのスプレッドは概ね1pips前後ですよ
Yahoo!知恵袋:最近指標発表時に逆指値が10Pips以上スリッページが発生します。
Yahoo!知恵袋:主な指数発表時や金曜の夜など時々かなり重い時があり思うように取引ができません
Yahoo!知恵袋:FXトレードの仲介をしている株式会社MJの取引手数料は無料
Yahoo!知恵袋:それにしてもMJのスプレッドが大股開き状態が続いてます
Yahoo!知恵袋:無職でも全く何の問題無く口座開設できます
Yahoo!知恵袋:ドル/円だけなら、MJがいいと思う
Yahoo!知恵袋:ドル円でデイトレをするのであれば外為オンライン、パンタレイ証券、MJが無難です
Yahoo!知恵袋:いろいろな会社でデモを試しましたがMJが良いかと思われます
Yahoo!知恵袋:MJが初回入金5万円ですね
Yahoo!知恵袋:MJはそれ以外にもいろんな便利な機能があります。おすすめです
Yahoo!知恵袋:レバレッジ400倍ならMJと言う業者があります
Yahoo!知恵袋:親会社のプラネックス社は安定した経営状態の会社とは到底言えないようである
Yahoo!知恵袋:ちなみにドル円だけの取引高に絞ると、MJという会社がNo.1です。
Yahoo!知恵袋:みんなのFXやMJであればドル円スプレッド0.8銭固定で頻繁に取引してもコスト面で優れてます。
Yahoo!知恵袋:MJは以前営業が停止したことがある。これは行政処分によるものではなく、自己資本の不足で処分が出る前に自主的に営業を自粛したという形。しかし当然ながらこの営業停止により顧客が逃げ出し、口座数は激減している。 2007年4月に9324あった口座数は翌5月にはおよそ4分の1の2340まで急減している
教えて!goo:サブ口座としてMJを使っていますが、てきぱきと気持ちの良い音を立てながら約定していきますよ
教えて!goo:トレールできる会社:MJ
教えて!goo:スプレット1pipのMJというFX会社で現在はやっています
教えて!goo:ソフトはどちらかというとMJの方が使いやすいような気がします
教えて!goo:両社共に自己アフィリエイト可能で口座開設→入金で15000円以上の報酬です。
教えて!goo:おすすめはパンタ・レイ証券かMJですね
教えて!goo:手数料無料の会社ではMJ
教えて!goo:MJとかドル円で1pips~です
教えて!goo:平日の真昼間に取引するのには問題ないですが指数発表時とかにはログインすらできないこともありました
教えて!goo:2007年の秋頃アフィ広告の報酬をぶち上げてから口座が激増したみたいです。その状況にサーバーの強化が全く追いついてないみたいで不安定な状況です
OKWave:MJは2007年5月にGFTと袂を分かつて独立しましたがそのときにかなりの顧客を失いました

【MJの評判のまとめ】
MJの評判には、低スプレッドやクイック入金サーバー増強などの企業努力に好評判が多かったですが、新サービス開始時点で顧客が増えすぎたためにサーバーダウンやスリップしまくったことに悪評判が集中しています。このことで大量の顧客が離れてしまったようで、その後の評判や意見はほとんどなくなっています。ですが、最近はサーバーが改善されていたり第三者機関にシステム診断を依頼するなど努力している点を評価している点も見受けられます。

>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<

MJに向いている人

・ 短期売買(デイトレ)派
多少外為オンラインにコストで劣るもののデイトレ口座としては十分な評価です。特に画面上の”ワンクリック注文”は1秒を争うデイトレには最適の方法であり、私もデイトレには主にそれを使っています。ユーロ関係のスプレッドが多少広いのでそれを避け、ドル円(USDJPY)やZAR関係の短期売買には最適です。というか、短期売買以外には向いていないともいえます。

・ クロスZARの短期売買
MJと外為オンラインの最大の利用方法の違いはZARのコストです。MJはZARJPYのコストが2銭とはるかに安くデイトレに使うことができます。ZARJPYはリスク回避が主体になる日には2%ほど、つまり数値にして30銭ほどの変化になるのでMJではデイトレが十分可能です。他の業者では20銭以上コストがかかるためかなり厳しい取引になってしまいます。

>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ取引

手数料無料かつ業界最狭のスプレッドの強さはとてもいいですが、サーバーが多少弱いのがマイナスになります。レバレッジ400倍を生かせる大口取引の人向けです。最近では固定スプレッドがかなり評判を呼んで、昔のような人気を取り戻しています。

★★★★★
長期投資
スワップ取引
短期売買に特化しているのでスワップはかなり低い状態です。買いスワップと売りスワップの差がかなりあるためぼったくりともいわれるレベル。会社の信頼性もイマイチなので、全く長期投資には向いていないといえます。
コスト面
スプレッド+手数料
元祖スプレッド1pips業者ということでコストは安いです。固定スプレッドでポンド円ですら2pipsを切るほどの狭い数値を示しており、コストはとても安い状態です。 ★★★★★
安全性
資産管理+信頼性
信託保全が一部分だけであることや自己資本規制比率が低めで停滞していること、親会社はそれほど信頼性がない、とあまりよくない情報もあるため安全性は低めです。2009年には行政処分を受けてしまい、安全性に疑問が残ります。 ★★
サーバーの強さ ログインが長く安定感はイチマチ。取引画面が固定されていて使いにくく、重要指標発表時にはスプレッドが10銭以上になるなどサーバーは弱いです。しかし何度かサーバーの増強が行われて、かなり改善されました。ここ最近ではサクサク動きます。 ★★★
情報のサービス コストが安いのはここを削っているため。セミナーや通貨のテクニカルレポートといった情報サービスがなどは全く存在せず、マーケット情報配信がいくつかある程度。
人気 サービス開始直後はスプレッド1pipsとレバレッジ400倍というのも魅力のため、相当な人気を誇りました。しかし、その後のサーバーの弱さからほとんどの顧客が離れてしまい、現在はそれほど人気があるとはいえません。行政処分で顧客離れが心配です。 ★★
総合判断 長期投資には全く向いていない完全な短期売買に特化したFX業者です。コストは安いですが、特別秀でているわけでもありません。レバレッジ400倍の利点を生かせる大口取引ができる人には使えますが、それほどお薦めできないでしょう。メイン口座の予備のためのサブ口座として用意しておく程度です。

この予想が的中して外為ジャパンは吸収されてしまいました。
★★




MJの詳細データ
会社名 MJ
URL http://www.mj-net.jp/
上場 親会社がJASDAQ上場(6784
資本金 7億6500万円
株主・出資者 プラネックスコミュニケーションズの連結子会社
自己資本規制比率 275.7%
口座数 48,597 (一ヶ月で10,000口座いったが、その後は停滞)
預かり残高 56億円
デモ取引 ×
使用システム EMCOM(FONOX)系
システムの内容 ウェブ上のシステム(IEなどのブラウザ上で動作)
システムの重さ ログインが少々長い、取引システムは軽い
資産管理方法 信託保全
保全先 DB信託銀行
ロスカット 20%
携帯対応
サービス名 SpotBoard
最低取引通貨単位 10,000
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 1pips
通貨ペア 32 (EMCOM証券の2倍以上)
ZAR ○ 
TRY ×
ISK ×
レバレッジ 200倍、300倍(条件つき)、400倍(条件つき)
初回入金 5万円
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い 含み益
通知メール
情報サービス ダウジョーンズ
FXWAVE
為替情報配信サービス
経済指標カレンダー
セミナー情報
備考 レバレッジ300倍は10万通貨以上、400倍は100万通貨以上と条件つき。しかしZAR関連はレバレッジ200倍まで
セミナー 山中康司先生のサポートセミナー
キャンペーン 新規口座開設者は、取引高が多いほどキャッシュバック
>> 外為ジャパン(旧MJ)はDMM.com証券に吸収されました <<
Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved