新FX業者であるフォレックストレードの評判や情報を徹底評価

フォレックストレードの特徴・長所

【親会社はクリック証券】
フォレックストレードは新規参入してきた新しい業者です。その親会社はクリック証券であり、フォレックストレードはクリック証券の完全な子会社なのです。なぜFXサービスがあるクリック証券がわざわざ子会社を作ってFX業界に進出してきたのかの理由は、後述のエキサイトFXの買収の点が挙げられます。

【フォレックストレードとは最後発のFX業者】
フォレックストレードはEMCOMTRADEよりも遅くFX業界に参入してきた最後発のFX業者です。本来なら最後発はデメリットとして受け取られがちですが、フォレックストレードはそれを逆手にとって最後発であるからこそ、他の業者のサービスを十分に吟味し、顧客が求めているものを十分に分析できた上でサービスを用意するという方針をとっています。そのためフォレックストレードのサービスにはほとんどムダがなく、FX投資家が求めている商品性、利便性、安全性をかなり追求できているものに仕上がっています。

【元々はエキサイトFX】
実はこのフォレックストレードは新しく作られたFX業者ではなく、前々からFXをやっていたエキサイトFXが改名した業者だということをご存知でしょうか?会社というのは一から作ると手間も時間もかかります。そのため一から会社を作り出すよりも既存の会社を買収し、その会社を自分色に染め上げたほうがはるかに手っ取り早いのです。だからクリック証券はエキサイトFXを買収して新業者フォレックストレードとして再出発させたのです。

【投資家が求めているもの:固定スプレッド】
フォレックトレードは業界最後発の立場を利用し、他のFX業者を分析して顧客が一番求めているサービスを提供しています。それが業界最狭のスプレッドです。やはり手数料無料が当然になった今では、スプレッドの狭い業者が人気を集めています。フォレックストレードはそれを十分熟知しており、ドル円0.8pips、ユーロ円1.8pips、ポンド円2.8pipsという驚愕のスプレッドを提供しました。しかも固定スプレッドとして提供しているのです。他業者にはこれより低スプレッドを提供しているところがありますが、変動スプレッドのためにすぐに広がりがちです。しかしフォレックストレードは固定スプレッドのため、スプレッド幅が広がることがないのです。

      フォレックトレードの固定スプレッド

【投資家が求めているもの:高速取引ツール】
フォレックトレードは業界最後発の立場を利用し、短期売買トレーダーが求めている高速取引ができるツールを用意してくれました。このトレードリズムという取引ツールは新規・決済・ドテン注文、さらに同一通貨ペアの全決済をも1クリックで注文可能とした超高速取引機能を搭載しています。約定時期が古いポジションから順に決済したり、Ctrl+→などで買いや売りなどを発注できるショートカットなど、利便性を極限まで追及したツールです。特にドテン1クリック注文は、現在のポジションの決済と逆方向への新規注文をたった1クリックでできるとあって、短期売買には非常に使えるツールになっています。この取引ツールは利便性がかなり追及されています。

            

【投資家が求めているもの:PCなみの携帯取引ツール】
フォレックトレードは業界最後発の立場を利用し、モバイルトレードの環境もかなり整備してきました。フォレックストレードはモバイルトレードに一番向いている業者ともいわれるほど、携帯端末用のトレードツールに力を入れています。主要キャリアであるNTTドコモ、KDDI、SoftBankで利用できる 「Palmo」 、機種を選ぶがPC並みの機能が搭載されている 「Palmo rich」 、そして通なら誰もが利用しているiPhoneに対応した 「iPalmo」 と多種多様なツールが揃っています。ほとんどのFX業者では取引できるだけの簡素なツールしか用意していませんので、フォレックストレードのモバイルツールは業界No.1ということができます。

     主要キャリアであるNTTドコモ、KDDI、SoftBankで利用できる 「Palmo」 、機種を選ぶがPC並みの機能が搭載されている 「Palmo rich」 、そして通なら誰もが利用しているiPhoneに対応した 「iPalmo」

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

フォレックストレードのシステム・サーバー

【システムはクリック証券】
フォレックストレードはクリック証券の完全子会社です。そのためシステム自体はクリック証券とさほど変わりません。ウェブ上で利用できるツールはクリック証券と同じ。フォレックストレードの取引ツールはクリック証券の 「はっちゅう君FX」 と瓜二つであり特徴もほとんど同じです。約定力もほとんどクリック証券と同じです。顧客が少ない分クリック証券よりはサクサク約定します。トレードリズムに搭載されたポジションの一括決済注文や、1クリックでドテン注文ができる機能など、注文機能においては最高レベルです。

【ウィンドウを一番前における便利設定】
フォレックストレードの取引では、レートをクリックすると別ウィンドウのポップアップ画面が表示されます。この画面はデフォルトで一番前の固定表示に設定されていますので、他のFX会社のチャートをみながら同時利用が可能になっています。フォレックストレードのチャート機能に満足できないけど、取引だけはしたい人にとってはかなり便利な機能です。

  常に前面表示可能

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

フォレックストレードの欠点・弱点

【情報サービスには期待できない】
多くの短期売買向けFX業者に共通することですが、フォレックストレードも情報サービスが非常に少ないです。おそらく余計なコストをかけないからこそ、あれほどの低スプレッドを実現できたのでしょう。セミナーや分析レポートは皆無であり情報配信サービスとしてロイターニュースがあるだけです。情報配信や分析レポートには外為どっとコムFXプライム byGMOの併用をしたほうがいいです。

【スワップ金利が低い】
フォレックストレードの元となったクリック証券のスワップ金利はかなり低い水準になります。同じシステムのためフォレックストレードのスワップ金利もかなり低くなっています。ZAR関係もスワップが低いので、高金利通貨を長時間保有してスワップ金利を貯める長期投資には向きません。業界ダントツNo.1のスワップ金利を提供しているDMMFXとはかなりの差がつきます。長期投資には向いていません。

【最大注文数量が100lotまで】
フォレックストレードは完全に短期売買トレーダーを狙っている業者です。そのため顧客の多くはデイトレーダーやスキャルトレーダーになるのですが、実はフォレックストレードの1度の最大注文数量は100lotまでに限定されているのです。初心者や中級者あたりなら問題ありませんが、スキャル取引のヘビーユーザーにもなると一度に200lot、300lotも注文することも多いでしょう。ちょっと最大注文数量が低いのではないでしょうか。

【ZARは10万通貨単位から】
高金利でありボラティリティも高いZAR(南アフリカランド)は短期売買にもそこそこ適した通貨です。しかしEMCOMTRADEではZAR(南アフリカランド)の最低取引単位が10万通貨単位となっています。ZAR(南アフリカランド)取引量自体はGBPのように大きくは無いので、10万通貨単位はけっして大きな取引ではないのですが、その辺は統一してもらいたかったところです。

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

フォレックストレードの安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るのです。主なポイントは以下の点です。フォレックストレードの安全性をみてみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第1808号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ なし
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 700%台と超安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ 三井住友銀行で100%信託保全
5. 業者の株主・出資者 ・・・ クリック証券の完全子会社
6. 人気・評判 ・・・ 新規業者のため知名度はあまりない

このように上記6つのポイントを見てみると、フォレックストレードは重要な安全ポイントをすべて満たしています。きちんと金融先物取引業者に登録されており、行政処分などの前科もありません。なにより自己資本規制比率が700%以上と相当高い水準をキープしていることが安全性を示しています。親会社も中堅総合証券会社のクリック証券であり、資本力にもかなりのものがあります。EMCOMTRADEと違って最初からきちんとメガバンクでの信託保全もしており大きな問題はありません。経営がなりたたなくて早々に撤退してしまったEMCOMTRADEとは違ってしっかりと準備していますね。ただしセントラル短資FXの短資会社の信頼性やといった大きくインパクトのあるものがないので、安全性は5段階評価の4番目といったところです。

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

フォレックストレードの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:親会社が 評判の悪いクリック証券で、みんな警戒してますよ
Yahoo!知恵袋:フォレックストレードは電話での確認は無いですよ。
Yahoo!知恵袋:フォレックストレードのチャートが40pipsも下落しているのにMT4は固まってしまって動きませんでした
Yahoo!知恵袋:為替手数料(=スプレッド)面で見ると、フォレックストレードが断然お得ですね。
Yahoo!知恵袋:フォレックストレードはポジションごとにロスカットレートが設定されるタイプの業者
Yahoo!知恵袋:フォレックストレードは(iPhoneに)完全に対応しています。ジャパンネット銀行と外為どっとコムは注文決済は指値しか出来ませんが入出金等は普通にできます。相場の動きはJAVAが見られませんがHTMLで見られます。
Yahoo!知恵袋:フォレックストレードは高いレバレッジですね。
Yahoo!知恵袋:当方、iphoneで現在取引してます。オススメはフォレックストレード!ケイタイでココまでのチャート、テクニカル分析は秀逸!!他の業者のチャートは子どもの落書きにしか見えません。
Yahoo!知恵袋:フォレックストレードの使い勝手の良さなど取引された方の感想を教えていただきたいです→FTは約定能力と特殊なレバレッジに注意した方がいいです。
Yahoo!知恵袋:ポジション毎にレバレッジを設定できるシステムと、そうでないシステム→FOREX TRADE(フォレックストレード)「アプローズFX」のセーフティバルブシステム(S.V.S)などが、それにあたります。
Yahoo!知恵袋:ポンド/円で,スプレッドが狭くて、滑りにくいお勧めの口座を教えて下さい!→少数枚指値なら、外為オンラインやフォレックストレードでも何とかなると思います。
教えて!goo:慣れてきてご希望のデイトレをするなら完全信託保全の上、これからサービスをスタートするフォレックストレードがいいと思いますよ。
ブログ抜粋:驚いたのが Palmo rich というモバイルトレードツールの性能です。モバイルで1秒毎にチャートがリアルタイムで更新されていくのは初めての経験です。
ブログ抜粋:スピード注文は頻繁に取引をするスキャルパー仲間の間でも結構評判が良いみたいです。
ブログ抜粋:フォレックストレードは注文がサクサク出来るので頻繁に取引したり全決済とかを良く使う人にはかなり便利
ブログ抜粋:スプレッドが固定ってのが凄く楽です
ブログ抜粋:確かにスプレッド狭いのはいいのですが注文するのに手間がかかり約定するのに時間が1秒ぐらいかかっているような気がします。 もっとスムーズな発注ができれば完璧なのですが。

【フォレックストレードの評判まとめ】
フォレックストレードはやはり歴史が浅い(エキサイトFX時代は除外)業者なので、かなり評判や口コミは少ないです。確認できる評判の声を見てみると、やはり最大の特徴である最狭スプレッドが固定で提供されている点やポジションごとにレバレッジを設定できる点を絶賛するものが多かったです。そして携帯・モバイル取引が優れていると言う意見も多くなってきました。携帯専用のFXアプリやiPhone対応の仕様をいち早く導入した業者として評価も高いです。しかし一方で、悪評が多いクリック証券の子会社ということで警戒している方も結構多く、悪評の中には約定が遅いという声がありました。ただし約定が遅いと非難しているのは一部の人だけでもあり、他の人ではそこまでひどくないという声もあり、顧客によって使い心地がけっこう異なるみたいです。

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

フォレックストレードの向いている人

・ 短期売買をする人
フォレックストレードの取引環境は低スプレッドやスピード注文など完全に短期売買向けの仕様になっています。特にトレードリズムという取引ツールには、全ポジションの一括決済機能や、成行注文と同時にレートから離れた値に逆指値注文が出せる機能、1クリックで既存ポジションの決済と逆方向への新規注文がだせるドテン注文など業界最高レベルの注文機能が揃っています。そのためデイトレやスキャルなどの短期売買に向いている業者です。

・ 携帯(モバイル)トレードをしたい人
フォレックストレードの最大の特徴の1つに最高峰の機能を搭載したモバイル取引ツール 「Palmo」 があります。特に上位ツールである 「Palmo rich」 では、なんと携帯電話の環境でも1秒単位でレートが更新できるとあって携帯電話からもPCのようなトレードが可能になっています。また話題のiphone対応ツールも用意されており、モバイルトレードにおいては他の追随を許さない環境です。

・ 取引するだけの口座を使いたい人
フォレックストレードは低スプレッドや多彩な注文機能など、取引環境がほとんど短期売買であるデイトレやスキャルのために設定されています。そのためコスト安いですが情報サービスはほとんどありません。そのためサービスやセミナーなどは外為どっとコムFXプライム byGMOで受けるとして、それらの業者から得た情報をもとに、ここで取引をするという使い方がいいかもしれません。つまり取引するだけの口座として利用するということです。

・ サブ口座として用意しておく人
デイトレやスキャルなどの短期売買をする際にはレートの誤差やサーバーダウンなどのリスクをできるだけ避けるためにも2社以上に口座を持っておくことが賢明です。トレード中にいきなりブラウザがクラッシュしたとか、サーバーダウンで注文ができなくなったらひとたまりもありません。そのためリスク分散の観点からサブ口座として用意しておくのもいいでしょう。ただし同じシステムのクリック証券とは併用しないほうがいいでしょう。この2社は同じシステム故に、以前同時にダウンしたことがあります。この2社を同時に使ってもシステムヘッジにはなりません。

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ取引
約定スピードにやや不安が残るものの、スプレッドは固定ながら業界最狭レベルです。また全ポジションの一括決済機能や、成行注文と同時に逆指値注文が出せる機能、1クリックでのドテン注文機能など多彩な注文機能を使いこなせればかなり短期売買に有利になります。デイトレやスキャルにはかなり向いている業者です。 ★★★★★
長期投資
スワップ取引
クリック証券のシステムの共通点でもあり、スワップ金利はかなり低い水準になっています。会社自体も別に絶対安全といえるレベルではないため、長期投資には向いていません
コスト面
スプレッド+手数料
固定スプレッドながらドル円が0.8pips、ユーロ円が1.8pips、ポンド円が2.8pipsとコスト面においては最安水準を誇ります。固定スプレッド業者の中では一番狭いスプレッドです。 ★★★★★
安全性
資産管理+信頼性
親会社はクリック証券であり資本面で問題なし。行政処分もなく三井住友銀行といういメガバンクでの信託保全がなされています。自己資本規制比率も700%という高水準を推移しており、安全性において問題はありません。しいて言えば業者としての歴史が浅いところです。 ★★★★
サーバーの強さ クリック証券の子会社なのでシステムはクリック証券の完全コピーです。スプレッドはかなり狭いですが約定スピードが遅いことが不満です。ただしトレードリズムには全ポジション一括決済や成行と逆指値同時注文、1クリックドテン注文などの多彩な機能をそろえている分、本家のクリック証券よりはかなり使えるものになっています。 ★★★
情報のサービス あれほどの低コストを実現できるのは情報サービスを削っているためであり、情報サービスはほとんどありません。ニュース配信にロイター通信がある程度です。
人気 エキサイトFX時代の評判は皆無であり、フォレックストレードになってからも日は浅くそれほど評判も人気もありません。ただし、多彩な注文機能が揃っている点が一部で好評です。 ★★
※補足 主NTTドコモ、KDDI、SoftBankで利用できるPalmo、機種を選ぶがPC並みの機能が搭載されているPalmorich、そしてiPhoneに対応したiPalmoなどとモバイルトレードの環境は業界でもピカイチです。 ★★★★★
総合判断 ここは親会社クリック証券と全く同じ短期売買向けのFX業者です。システムは同じですが多彩な注文機能や充実のモバイル取引ツールなど短期トレーダーの痒いとこに手が届く機能をかなりそろえており、かなり取引を有利に運ぶことができます。少々クセがあるもののこういった便利機能を使いこなせばかなり短期売買に有利です。また業界でNo.1の充実を誇るモバイルトレードには絶対に向いています ★★★

>> フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました <<




フォレックストレードの詳細データ
会社名 フォレックストレード
URL http://www.forextrade.jp/
資本金 7億2,000万円
株主・出資者 クリック証券株式会社(100%)
自己資本規制比率 734.0%
口座数 非公開
預かり残高 非公開
デモ取引
使用システム クリック証券系
システムの内容 ウェブ上取引ツール、
PCへインストールする 「トレードリズム」
モバイル対応 「palmo」
システムの重さ 軽快に動く
資産管理方法 信託保全
保全先 三井住友銀行
ロスカット 顧客側で設定可能
携帯対応 Docomo、au、softbank、iPhone 対応
サービス名
アプローズFX
最低取引通貨単位 10,000
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 0.8 固定
スプレッド(EURJPY) 1.8 固定
スプレッド(GBPJPY) 2.8 固定
通貨ペア 14
ZAR
TRY ×
ISK ×
レバレッジ 最大400倍
初回入金 制限なし
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い 含み益
通知メール
情報サービス ロイター
セミナー なし
キャンペーン 現金よりPCや携帯端末などのプレゼントが多い
フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 インヴァスト証券(シストレ)  
★×4 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
  トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×4 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン
大島優子PR、2008年取引高No.1
外為オンラインの口座開設手順とその心構え
外為オンラインの情報収集方法
外為オンラインなら初心者でも安心のサポート体制
外為オンラインのトレード方法「デモトレード」
外為オンラインのサービスを紹介
外為オンラインのiサイクルの魅力
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!