新FX業者であるEMCOMTRADEの評判や情報を徹底評価

各コンテンツのショートカット

EMCOMTRADEの特徴            ▼EMCOMTRADEのサーバー

EMCOMTRADEの欠点            ▼EMCOMTRADEの安全性

EMCOMTRADEの評判            ▼EMCOMTRADEに適している人

EMCOMTRADEの評価            ▼EMCOMTRADEの口座開設

EMCOMTRADEの詳細データ

EMCOMTRADEの特徴・長所

【EMCOMTRADEとはどんな業者か】
EMCOMTRADEは名前に "EMCOM" の文字が入っていることからもわかるようにEMCOM証券(みんなのFX)と同じEMCOMグループのFX業者になります。近年、目まぐるしい勢いでFX業界に勢力を拡大しているEMCOMグループのFX会社の1つとして2009年に設立されたかなり新しい業者です。

【元々はカレンシートレード】
実はこのEMCOMTRADEは新しく作られたFX業者ではなく、前々からFXをやっていたカレンシートレードが改名した業者だということをご存知でしょうか?会社というのは一から作ると手間も時間もかかります。そのため一から会社を作り出すよりも、既存の会社を買収しその会社を自分色に染め上げたほうがはるかに手っ取り早いのです。だからEMCOMグループは、このカレンシートレードを買収して、新業者EMCOMTRADEとして再出発させたのです。

【魅力はEMCOM証券より狭い低スプレッド】
EMCOMTRADEはFX業界でも最後発の業者です。そのため新業者が競争に勝つためには、相手がビックリするぐらいのインパクトのあるセールスポイントが必要です。EMCOMTRADEの場合はそれが ”スプレッド” になっています。なんとEMCOMTRADEが提供する各通貨ペアのスプレッドは 0pips~という驚愕の数値を表しています。これは~がついていることからもわかるように、常にこの状態ではなく状況に応じてスプレッドが変化する変動スプレッドです。そのため経済指標など相場が激変する時にはさすがにやや広がるものの、通常の相場ではほとんどの場合、提示されたレートを維持しています。

  EMCOMTRADEの驚愕のスプレッド

【もちろん手数料無料】
言うまでもありませんが、もちろんEMCOMTRADEの手数料は完全無料になっています。もはや手数料を取る業者のほうが、FX業界では少数派になっています。

【レバレッジ400倍】
EMCOMTRADEは、そのスプレッドの狭さからもわかるように短期売買向けの業者です。そのため少ない資金で多くのポジションをもてるように、レバレッジも最大400倍に設定されています。もちろんリスクを抑えたい人にはレバレッジ1倍や5倍などのコースも用意されており、投資家のニーズに合わせて1倍,5倍,10倍,20倍,50倍,100倍,150倍,200倍,250倍,300倍,350倍,400倍のコースを自由に設定できます。

【想定外の損失を未然に防ぐリスクコントロール機能】
これまでおそまつなFX業者ではロスカットがきちんと発動せずに、いらぬ損失を被った方がいました。これからそういったことがないようにEMCOMTRADEには、想定外の損失を防ぐリスクコントロール機能というのは装備されています。これはポジション評価損益が指定の金額に達した場合全てのポジションを決済する機能です。ロスカットとは違い自分で最低限守りたい金額を指定できるので、自分が最低限残しておきたい金額を設定しておくことで、最低限の資金を守ることができるようになっています。

       EMCOMTRADEのリスクコントロール機能

【便利な証拠金シュミレーション】
FXをやっていると 「この通貨ペアはどれくらいの証拠金が必要だっけ?」 なんて思いをしたことはありませんか。EMCOMTRADEのようにレバレッジコースがたくさんあると、便利な反面計算がちょっと面倒に感じることがあります。そこでEMCOMTRADEは便利な証拠金計算シュミレーションを用意してくれました。これは通貨ペアのレートやレバレッジを入力すると、どれくらいの証拠金が必要か、どれくらいでロスカットになるかを瞬時に計算してくれます。

   便利な証拠金シュミレーション

【キャンペーンがすごく豪華】
何度も言いますが、EMCOMTRADEはFX業界でも最後発の新しい業者です。そのため既存の人気業者との競争に勝つには大きなウリが必要となります。大きなウリとして低スプレッドがありますが、その他で大きなウリになっているのが新規口座開設者への豪華なキャッシュバックキャンペーンです。EMCOMTRADEは新規に口座を作ってくれた人に5,000円をもれなくプレゼントしてくれます。さらに一定lot数を取引すれば、2万、3万、果ては10万以上に至るまでの高額なキャッシュバックです。デイトレやスキャルなど大量に取引する方にとっては取引ついでに相当額のキャッシュバックを受けることができます。

EMCOMTRADEの豪華なキャッシュバック

EMCOM TRADE はトレイダーズHDに吸収されました

EMCOMTRADEのシステム・サーバー

EMCOMTRADEのの多機能チャート【もちろん基盤はEMCOMシステム】
EMCOMTRADEはEMCOMグループであることからも予想できるように、この業者のシステムはEMCOMシステムを利用しています。余計なウィンドウを立ち上げないシンプルな作りになっており、初心者の方でも抵抗なく取引することができます。通貨ペアを一覧表示できるプライスボードや基本的なテクニカルを入れた多機能チャートなど基本的なものは揃っています。       

【約定力スピードはかなり早い】
以前のEMCOMシステムでは注文をしてもよくスリッページしたり約定が遅かったりと問題が多かったのですが、最近ではどんどんそれが改善されてきており、かなりスムーズにサクサク約定させることができるようになりました。まだ何回かはスリップすることがあるため、注文時は1pipsほどのスリッページを設定しなくてはいけないこともありますが、0.01単位の瞬間的な約定スピードによってかなりサクサク取引できるようになってきています。

【自由にカスタマイズ可能なレイアウト】
同じEMCOMシステムを使っているMJやEMCOM証券では、デフォルトでレイアウトが固定されており、良くも悪くもカスタマイズができない仕様になっていました。その改善の声を聞いたためか、EMCOMTRADEではレイアウトを自在にカスタマイズができるようになっています。画面いっぱいに、レート表示やポジション照会、注文照会などを表示させることもできますし、余計なものをいれたくなければレートだけを表示して、スッキリすることも自在に可能です。

     

EMCOM TRADE はトレイダーズHDに吸収されました

EMCOMTRADEの欠点・弱点

【情報サービスには期待できない】
多くの短期売買向けFX業者に共通することですが、EMCOMTRADEも情報サービスが非常に少ないです。おそらく余計なコストをかけないからこそ、あれほどの低スプレッドを実現できたのでしょう。セミナーや分析レポートは皆無であり情報配信サービスとしてGI24が1つあるだけです。情報配信や分析レポートには外為どっとコムFXプライム byGMOの併用をしたほうがいいです。

【スワップ金利が低い】
EMCOMTRADEもやはりEMCOMシステムを利用しているために、スワップ金利はかなり低い水準になります。ZAR関係もスワップが低いので、高金利通貨を長時間保有してスワップ金利を貯める長期投資には向きません。マイナススワップを増やしてプラススワップを多くしている外為オンラインとの差が出ます。長期投資には全くといっていいほど向いておらず、プラススワップとマイナススワップとの差がかなりあります。

【レバレッジ300倍、400倍は条件つき】
EMCOMTRADEもEMCOM証券と同じように300倍以上の高レバレッジには、最低取引量が設定されています。レバレッジ300倍、350倍、400倍は10万通貨以上のポジションからに限定されています。そのため10万通貨単位がデフォルトである大口トレーダーの方でないと、高いレバレッジを利用できないかもしれません。ちなみに250倍までは制限なしで取引できるので、その点では200倍までしか自由に取引できないほかのEMCOM業者より優れています。

【ZARは10万通貨単位から】
高金利でありボラティリティも高いZAR(南アフリカランド)は短期売買にもそこそこ適した通貨です。しかしEMCOMTRADEではZAR(南アフリカランド)の最低取引単位が10万通貨単位となっています。ZAR(南アフリカランド)取引量自体はGBPのように大きくは無いので、10万通貨単位はけっして大きな取引ではないのですが、その辺は統一してもらいたかったところです。

EMCOM TRADE はトレイダーズHDに吸収されました

EMCOMTRADEの安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。EMCOMTRADEの安全性をみてみましょう。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第298号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ なし
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 200%台とそこそこ安全圏
4. 信託保全の状況 ・・・ ドイツ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、イーバンク銀行、住信SBIネット銀行にて分別保管
5. 業者の株主・出資者 ・・・ JASDAQ上場企業EMCOMグループ(7954
6. 人気・評判 ・・・ 新規業者だがキャンペーンの豪華さが話題

このように上記6つのポイントを見てみると、EMCOMTRADEの安全性は微妙なところです。きちんと金融先物取引業者にも登録されていたカレンシトレード時代から主だった問題もなく、自己資本規制比率も問題ありません。親会社はある程度ゴタゴタしている感がありますが、幾度となく資本金を増資している資金力豊富なEMCOMグループです。ここまではいいのですが、問題は信託保全をしていないところです。問い合わせたところ導入をすすめているらしくもう少し待ては信託保全を完了するということですが、いつまでたっても完了しません。おかしいと思った頃にEMCOMTRADEはトレイダーズHDに吸収されることを発表しました。通りでいつまで経ってもやらないわけです。顧客が思ったほど増えなかったので、早々に撤退を決定したのでしょう。

EMCOM TRADE はトレイダーズHDに吸収されました

EMCOMTRADEの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋:EMCOM TRADEについて(FX)手数料無料スプレッド0.1銭からめっちゃ安い
Yahoo!知恵袋:最近のEMCOM TRADEは、スプレッド、使い勝手ともに満足してます
Yahoo!知恵袋:トレールが使えてスプレッドなどの条件も良いのは『EMCOM TRADE』
Yahoo!知恵袋:新しくオープンしたEMCOM TRADEはどうなのでしょうか?
>まずここの取引条件はNO1と言えると思いますよ。
教えて!goo:すべてスプレッドは狭いのですが、ほぼ毎回(10回中9回以上)成り行きで不利な方向へ滑ります。ただ、いずれも0.1PIPで
教えて!goo:操作性が良さそうなところにするのが良いと思います。僕は大手の業者大半に口座を開き、一度は操作してみました。
現在は、EMCOM TRADEが使いやすいので、そこを利用しています。
教えて!goo:僕も丁度一昨日こちらの手数料と入出金についてのページを見てEMCOM TRADEに口座開設しました。EMCOM TRADE、いいですね。
ブログ抜粋:画面も見やすく、注文も通りやすいので使い勝手がいいです
ブログ抜粋:信託保全になれば使ってみたい
ブログ抜粋:約定早いといいですね
ブログ抜粋:約定速度が早いのでスリッペゼロにしても平常時ならば結構約定が通る
ブログ抜粋:指標発表時はやっぱり約定力が落ちるのでトレードを避けた方が良い
ブログ抜粋:特にめぼしいサービスなども用意されていない
ブログ抜粋:スワップポイントも低めでもうちょっと魅力が欲しいところです
ブログ抜粋:やはりここはスベリます。
ブログ抜粋:あまり評判がよくないが正直自分は良いと思う、すごいさくさく約定する
ブログ抜粋:スプは0.9でしたがそれでもごサクサクサクサク約定します。

【EMCOMTRADEの評判まとめ】
EMCOMTRADEはやはり歴史が浅い(カレンシトレード時代は除外)業者なので、かなり評判や口コミは少ないです。全体的に見て、スプレッドの点、約定速度の点、そしてキャンペーンについて言及している声が多いです。スプレッドは業界でも最狭であると表現する人がいる一方で、スプレッドが広がるという人もいます。よくスリップするという声が多く約定力はそれほど強いとはいえません。ただし約定スピードに関しては絶賛する声が多く、多少スリップしてもサクサク約定することを好んでいる方が多いですね。雇用統計など相場が大きく動く時に使うのではなく、相場が落ち着いている平常時に低スプレッドと高速約定を使うべき業者ということができます。

EMCOM TRADE はトレイダーズHDに吸収されました

EMCOMTRADEに向いている人

・ 短期売買(主にスキャル)をする人
EMCOMTRADEは相場急変時にはあまり安定しないものの、相場が落ち着いている時には業界最狭といえる低スプレッドで取引することができます。約定スピードがとても早いので、デイトレよりも数秒から数分で取引を完了するスキャルに向いている業者です。相場が急変する時には、サーバーが安定して約定力が強いマネーパートナーズなどを使うとして、相場が落ち着いている平常時にスキャルをやりましょう。相場急変時には無理して使う必要はありません。ケースバイケースでFX口座を使い分ければいいのです。

・ 取引するだけの口座を使いたい人
EMCOMTRADEは低スプレッドをはじめ、取引環境がほとんど短期売買であるデイトレやスキャルのために設定されています。そのためコスト安いですが、情報サービスには全く期待できません。そのためサービスやセミナーなどは外為どっとコムFXプライム byGMOで受けるとして、それらの業者から得た情報をもとに、ここで取引をするという使い方がいいかもしれません。つまり取引するだけの口座として利用するってことです。

・ サブ口座として用意しておく人
デイトレやスキャルなどの短期売買をする際にはレートの誤差やサーバーダウンなどのリスクをできるだけ避けるためにも2社以上に口座を持っておくことが賢明です。トレード中にいきなりブラウザがクラッシュしたとか、サーバーダウンで注文ができなくなったらひとたまりもありません。そのためリスク分散の観点からサブ口座として用意しておくのもいいでしょう。

EMCOM TRADE はトレイダーズHDに吸収されました

総合評価 評価の理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
ややスリップすることがありますがコスト面では業界で最安を誇るスプレッドです。あえて相場急変時では使わず、相場が落ち着いているときに低スプレッドを利用したスキャルトレードに向いています。相場が激しく動く時はあまり使わないほうがいいです。 ★★★★
長期投資
スワップ派
EMCOMシステムの共通点でもあり、スワップ金利はかなり低い水準になっています。会社自体も別に絶対安全といえるレベルではないため、長期投資には向いていません
コスト面
スプレッド+手数料
手数料無料、スプレッドは変動ではありますが0pipsを示すなど業界最狭レベルです。 ★★★★
安全性
資産管理+信頼性
カレンシトレード時代から特別悪い点もありませんが、特別信頼できる点もあまりありません。信託保全が実行されればそこそこの安全性ですが、撤退をかなり前から検討していたのか結局信託保全をされることなく、撤退することになりました。 ★★★
サーバー 最近EMCOMシステム全体が大きく改善されておりサーバーは安定しています。会社としての歴史が浅いですが今のところ大きなサーバーダウンも起こしていません。ただし重要な経済指標時にはやや不安定になります。 ★★★
情報サービス あれほどの低コストを実現できるのはこういったサービスを削っているためであり、やはり情報サービスは少なく、GI24などのニュース配信とホームページ上で確認できる経済指標ぐらいです。
評判・人気 カレンシートレード時代の評判は皆無であり、EMCOMTRADEになってからも日は浅くそれほど評判も人気もありません。ただしスプレッドの狭さとサクサク取引できる約定スピードはけっこう好評であり、相場急変時以外でのスキャルではけっこう使えます ★★★
総合判断 このEMCOMTRADEも完全な短期売買向けの業者です。悪評が多いEMCOM証券よりはかなりマシであり、低スプレッドと高速の約定スピードにはそこそこの評価があります。しかしEMCOMの悪名はそんなに簡単に消えることもなく、経営が上手くいかなかったので撤退を決定しました。新規参入から1年経たずして消えた小粒業者で終わりました。 ★★★

 




EMCOMTRADEの詳細データ
会社名 EMCOM TRADE
URL http://www.trade.emcom.jp/
資本金 571,901,050円
株主・出資者
有限会社ジェイアンドアール
株式会社EMCOMホールディングス
自己資本規制比率 251.1%
口座数 非公開
預かり残高 非公開
デモ取引 ×
使用システム EMCOMシステム
システムの内容 ブラウザ上で動く
システムの重さ かなり軽快に動作する
資産管理方法 分別管理
保全先 ドイツ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、イーバンク銀行、住信SBIネット銀行
ロスカット 維持率が80%以下
携帯対応
Docomo、au、softbank 対応
サービス名 EMCOM TRADE
最低取引通貨単位 10,000通貨単位 (ZARのみ10万通貨)
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 0~0.8
スプレッド(EURUSD 0~1.2
スプレッド(EURJPY) 0~1.4
スプレッド(GBPJPY) 0~2.4
スプレッド(AUDJPY) 0~2.4
通貨ペア 16
ZAR
TRY ×
ISK ×
レバレッジ 1倍,5倍,10倍,20倍,50倍,100倍,150倍,200倍,250倍,300倍,350倍,400倍
初回入金 5万円
オンライン入出金 クイック入金可能
クイック入金対応銀行 三井住友銀行、みずほ銀行、イーバンク銀行、住信SBIネット銀行
両建て
スワップ金利の扱い 含み益
通知メール
情報サービス GI24
備考 レバレッジ300倍,350倍,400倍は10万通貨以上
セミナー なし
キャンペーン 新規口座開設で5,000円プレゼント、さらに取引量に応じて高額キャッシュバック

FX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

<入門編>祝入門♪FXのことをよく知ろう
FXとはなんぞや? 外国為替証拠金取引とはなんぞや?
FXで世界へ投資できるの? 日本の政治家に頼るのは無意味
FXって1万円からできるって言うけど? 高金利をもらえるってどういうこと?
FXって危険な取引じゃないの? FXってどうして円高でも儲かるの?
FXってライブドア株のように取引停止にならない?  
FX初心者のFX始め方手順
1 .初心者はセントラル短資FXに口座を開こう 口座開設キャンペーンで投資資金を作ろう 
2. 勝ち組になるため複数の口座を使い分けよう FXの本もキャンペーンでもらうことができる
3. 方法が確立するまで誰かのマネをすべし FX会社が現在やっているキャンペーンの詳細
4. 初心者がやっちゃいけないことを熟知せよ  
5. 投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
<初心者編>基礎を制するものがFXを制する!
円安と円高を理解していますか? レバレッジとは何か
毎日給料日になるスワップ金利とは ハイリターン・ローリスクにしてくれるロスカットとは
FXは24時間できてサラリーマンも問題なし FXはとても公平な取引である
FXのスプレッドとは何か 売買利益・スワップ金利でFXは2度おいしい
安全な管理方法:信託保全とは 危険な管理方法:分別管理とは
税制優遇:東証のくりっく365とは 税制優遇:大証の大証FXとは
FXの注文方法
成行(成り行き) 指値(リミット)
逆指値(ストップ) IFD注文
OCO注文 IFO注文
トレール注文 自動売買(システムトレード)
リピート・イフダン注文 トラップ・リピート・イフダン注文
絶対にすべらないギャランティーストップ注文  
<中級者編>FXで稼ぐために必要な知識
リスクを熟知する者がFXの勝ち組
リスクの意味を正しく理解する 為替変動リスク
ロスカットリスク 金利変動リスク
レバレッジリスク 流動性リスク
システムリスク カントリーリスク
FX会社の信用リスク FXにはリスク分散が欠かせない
FXのファンダメンタル分析関連
ファンダメンタル分析とは どんな経済指標に注意すべきか
経済指標:非農業部門雇用者数(雇用統計) 経済指標:政策金利発表
経済指標:失業率(雇用統計) 経済指標:GDP
経済指標:貿易収支 経済指標:消費者物価指数(CPI)
経済指標:小売売上高 経済指標:ISM製造業景況指数
経済指標:住宅着工件数 経済指標:新規失業保険申請件数
注目発言:要人の発言 中央銀行:日銀の介入
FXのテクニカル分析関連
テクニカル分析とは テクニカル指標:基本のローソク足
テクニカル指標:トレンドライン テクニカル指標:サポートとレジスタンス
テクニカル指標:レンジ相場とチャンネル テクニカル指標:移動平均線(MA)
テクニカル指標:RSI テクニカル指標:ストキャスティクス
テクニカル指標:フィボナッチ テクニカル指標:ボリンジャーバンド
テクニカル指標:パラボリック テクニカル指標:MACD
テクニカル指標:一目均衡表(雲) テクニカル指標:ピボット
重要パターン:ダブルトップ/ダブルボトム 重要パターン:三尊(ヘッドアンドショルダー)
重要パターン:三角持ち合い(トライアングル) 重要パターン:ギャップ(窓)
<上級者編>知る人ぞ知る勝つための情報
基本であるトレンドラインでの反発を狙う サポート・レジスタンスのブレイクを狙おう
ブレイクされたサポートラインは逆のレジスタンスになる 窓を開けた時の窓埋めを狙った取引
相関係数でリスクヘッジをしてリスクを減らす FXオプション取引でハイリターン・ローリスクにする
為替変動が少ないUSDHKDを長期投資 ドルペッグ切り上げ前に中東通貨を買うべき?
欧州の固定相場EURDKKを長期投資 逆指値のOCO注文で重要指標の急変を狙う
スイス中銀の介入で膠着するEURCHF取引 バルスの呪い?奇妙な 「ジブリの法則」
スイス中銀の手のひら返しによるEURCHFの決壊  
FX業者が搭載するシステムについて
FX業者が使っているシステムには同じものがある
海外 : SAXO 海外 : GFT
海外 : IFX(ActForex) 海外 : CMS
海外 : FXCM 海外 : MetaTrader
海外 : GAIN 海外 : IGグループ(PureDeal)
国内 : スリーエイ・システム 国内 : FXプラットフォーム
国内 : フラクタルシステム 国内 : SimplexTechnology
国内 : 外為どっとコム 国内 : セントラル短資FX
国内 : FXプライム byGMO 国内 : I&AS(外為オンライン)
国内 : GMOクリック証券 国内 : EMCOM(旧FONOX)
FX会社分析 (淘汰の時代を生き残った勝ち組はどこか?)

FX会社一覧(淘汰によりガンガン減少中)
(この表とそっくりな図を掲載しているサイトがあります。パクリは嫌ですね)
★ = 評価点:5段階評価
自動売買FX業者 (システムトレードができるところ)
★×5 マネースクウェアジャパン(トラリピ) マネースクウェアジャパンのトラリピ紹介ページ
★×5 インヴァスト証券(シストレ) トラリピはあのトランプショックでも成功していた
★×5 セントラル短資FX(ミラートレーダー)  
★×3 アイネット証券(ループイフダン)  
★×1 ひまわり証券(エコトレFX)  
長期投資FX業者 (安全性が高く、スワップ金利が高い)
★×5 セントラル短資FX 短資会社の信頼、人民元やトルコ取引
★×5 ライブスター証券 業界最高水準のスワップ
★×2 上田ハーローFX  
老舗FX業者 (歴史あるが新サービスに乏しい)
★×4 FXプライム byGMO  
★×3 外為どっとコム  
短期売買向けFX業者 (低コストで使いやすい)
人気のデイトレード向き業者
★×5 ヒロセ通商
2013年、2014年、2015年の
オリコン顧客満足度FX部門第1位
★×5 外為オンライン 大島優子PR、2008年取引高No.1
★×5 GMOクリック証券 2015年年間取引高世界No.1
★×4 DMMFX 国内人気No.1業者!50万口座突破
★×4 マネーパートナーズ 8年連続約定力No.1業者
低スプレッドで取引に有利
★×5 SBIFXトレード 1通貨から取引できるSBI資本
★×4 FXブロードネット 低スプレッド、自動売買ツールあり
★×4 YJFX! CNEXの大量トレード、
バイナリーオプションもできる業者
★×5 FXTF:バイトレ ★×5 IG証券
★×4 GMOクリック証券:外為オプション ★×4 YJFX!:オプトレ
キャンペーンで食料もらえます
★×5 ヒロセ通商 2014年のオリコン顧客満足度FX部門第1位はヒロセ通商
★×3 JFX  
スイス銀行グループ
★×4 デューカスコピージャパン  
デンマークSAXOBANKシステム導入
★×3 サクソバンク証券(SAXOBANK)  
大人気チャートソフトMT4を使える
★×5 FXTF:FXトレード・フィナンシャル  
★×5 フォレックスドットコム(Forex.com)  
他の業者とは違う独自サービスを行う業者
>> バイナリーオプション専門カテゴリへ
★×5 IG証券 IG証券だけの商品:バイナリーオプション
※ バイナリーオプションの戦略について IG証券だけの商品:6,500以上のCFD銘柄
証券会社のFXサービスで使える所
★×3 楽天証券(楽天FX)  
世界各国の通貨をよく知るべし
通貨記号一覧 (世界は広い・・・)
USD:アメリカドル(米ドル) USD(アメリカドル)は世界の基軸通貨 EUR:ユーロ EUR(ユーロ)はEU:欧州連合単一通貨
GBP:イギリスポンド GBP(イギリスポンド)は上級者専用通貨 AUD:豪ドル、オーストラリアドル AUD(豪ドル)は優秀な高金利通貨
NZD:ニュージーランドドル、キウイドル NZD(キウイドル)は流動性悪い高金利通貨 CAD:カナダドル、加ドル CAD(カナダドル)は安定優等生通貨
CHF:スイスフラン CHF(スイスフラン)は世界一の信用通貨 JPY:日本円 JPY(日本円)は魅力なきわが国の通貨
ZAR:高金利通貨の南アフリカランド ZAR(南アフリカランド)は高金利通貨 TRY:高金利通貨の新トルコリラ TRY(トルコリラ)は超高金利通貨
ISK だけじゃない!NOK、SEK、DKK などの北欧通貨
NOK:ノルウェークローネ NOK(ノルウェークローネ) SEK:スウェーデンクローナ SEK(スウェーデンクローナ)
DKK:デンマーククローネ DKK(デンマーククローネ) ISK:アイスランドクローナ ISK(アイスランドクローナ)15%の高金利
CZK、PLN、HUF、RUB、バルカン半島、バルト三国 などの東欧通貨
CZK:チェココルナ CZK(チェココルナ) PLN:高金利通貨のポーランドズロチ PLN(ポーランドズロチ)
HUF:高金利のハンガリーフォリント HUF(ハンガリーフォリント) RUB:ロシアルーブル RUB(ロシアルーブル)
エストニア ラトビア リトアニア バルト三国(EEK、LVL、LTL) ルーマニア ブルガリア ルーマニアとブルガリア(RON、BGN)
KRW、HKD、CNY、SGD、THB などのアジア諸国の通貨
韓国:ウォン KRW(韓国ウォン) 香港:香港ドル HKD(香港ドル)
CNY:中華人民共和国の人民元 CNY(人民元) SGD:シンガポールドル SGD(シンガポールドル)
THB:タイ王国のバーツ THB(タイバーツ)  
FXのQ&A
FX業者選びに関する質問
初心者なのでどこを選べばいいかわかりません 未成年はFXをやることできますか?
貧乏なので一番少ない金額でできるところは? サーバーが強いFX業者ってどこ?
悪い評判がない人気のいい業者ってどこなの? トラブルが多い危ない業者ってどこ?
安心してお金を預けられる信頼できる業者は? 結局どんな業者をもっていれば万全なの?
一番コストのかからない業者ってどこ?  
FXの取引に関する質問
外貨預金とFXってどっちがお得? プロと個人投資家どっちが強い?
GBPのほうがNZDよりスワップ高くない? NZとトルコに分けたからリスク分散は万全?
外貨預金や外貨MMFとFXってどれがお得なの? キャンペーンって儲かるの?
いくつもFX口座を持つと大変じゃない? FXに使えるお金が無い人はモニターで稼いでみよう
FX業者の審査に落ちてしまうともうダメ? ドル円の歴史とその相場の推移
ぼったくりFX業者 (言語道断のサギ会社)
(論外) 大手証券がやっているFXがダメな理由 (論外) 横領・夜逃げ・犯罪をした悪質FX業者
(論外) 行政処分されたことがある危険なFX業者 (論外) 競争から脱落した負け組のFX業者
(論外) トレイダーズ証券の悪行サービス くりっく365の異常レートに対する傲慢な対応
(論外) 内藤証券の悪行サービス
撤退したFX会社
(撤退) FXZERO (FXゼロ) (論外) トレイダーズFX (TRADERS FX)
(撤退) EMCOMTRADE (吸収) フォレックストレード
(撤退) NTTスマートトレード (撤退) アトランティックトレード
(吸収) 外為ジャパン(旧MJ) (撤退) MF Global FXA 証券
(撤退) DMM.com証券 (撤退) kakakuFX
(撤退) FXCMジャパン証券(旧ODLJapan) (撤退) 121証券 (危険)
(撤退) トレイダース証券(NFXプロ)
(吸収) Alparijapan(デューカスに買収)
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!