マネースクエア
>>現在「トラリピ」の手数料無料キャンペーンを実施中!

 

アトランティックトレードはサーバー障害で裁判になり、事業譲渡した

アトランティックトレードとはどのような業者か?

【海外システム業者以外で唯一のTRY取引業者】
会社自体は前々からFXをやっていたのですが、2007年から取引システムを一新し独自システムに移行しました。その中でもトルコリラ(TRY)が取引できるのはとても話題になり一気にTRY取引業者として人気業者の仲間入りを果たしました後発組のFX業者です。ホームページには貴重なトルコリラ専門分析レポートがあるなど、トルコリラが主力になっています。

【TRYが取引できる】
最大の特徴は高金利通貨であるトルコリラ(TRY)を取引できる点になります。手数料無料でスプレッド20pips(TRYJPY)はコスト面では他のSAXO業者と遜色ないレベルにあります。そしてレバレッジ100倍で取引できるのも魅力的です。他のSAXO業者はトルコリラ(TRY)に対してレバレッジを12~25倍ほどしかかけられないためレバレッジ100倍でトルコリラ(TRY)を取引できるのは魅力的です。取り扱いTRYペアは3つ、TRYJPYとUSDTRYとEURTRYです。

【豊富な通貨ペア】
また通貨ペアはトルコリラ(TRY)のようなマイナー通貨に限らずUSDHKDなど46種類もそろっています。新しい取引システムはとても軽いため扱いやすいのも利点の1つでしょう。

【USDHKDがある】
アトランティックトレードにはドルペッグ制度をとっており為替変動リスクが極めて少ない通貨ペアであるUSDHKDが取引できます。このためUSDHKDの投資に非常にに使える業者なのです。ただしのレバレッジは100倍ですから最大レバレッジが700倍にも高くすることが出来るFXonlineJapanのほうがいいでしょう。

【人気が出なくて事業譲渡された】
アトランティックトレードは2007年頃に高金利のトルコリラを取り扱ったことで有名になりましたが、その後他の業者が相次いでトルコリラを取り扱ったりしライバルが増えて、経営が思わしくありませんでした。さらに顧客に損失が出るなどシステムがお粗末なこともあって、訴訟沙汰が起こり人気は急速に落ちていきました。今やほとんど利用している人がいなくなってしまい、結果的に買収という形でアトランティックは吸収されてしまいました。

フィリップキャピタルHP : アトランティックトレード買収について(PDF)

アトランティックトレードのシステム・サーバー

【使いやすくわかりやすい独自システム】
アトランティックトレードのシステムは、この業者の独自システムになっています。さすがに初心者向けの業者といわれるだけあってシステムはとても使いやすく、またわかりやすいものになっています。複雑な設定などはないので、初めて使う人でもなんなく利用することができるでしょう。その分ひねりがなく、中級者以上の人にとっては満足できないかもしれません。

【システムは不安定】
アトランティックトレードの非常に不満が多いシステムみたいです。たまにログイン出来ないときがあったり、相場が激変する雇用統計の時などは完全にサーバーダウンするということもありました。そのサーバーダウン時にロスカットが執行されなかった人は、ロスカットができなかったために資産がマイナスになってしまったこともあるのです。とある情報では、ロスカットが作動せずに2,000万円もの借金を抱えてしまった人もいるらしくアトランティックトレードと裁判を行っているのです。正直言って全く信用できないシステムです。

【人気が出なくて事業譲渡された】
アトランティックトレードは2007年頃に高金利のトルコリラを取り扱ったことで有名になりましたが、その後他の業者が相次いでトルコリラを取り扱ったりしライバルが増えて、経営が思わしくありませんでした。さらに顧客に損失が出るなどシステムがお粗末なこともあって、訴訟沙汰が起こり人気は急速に落ちていきました。今やほとんど利用している人がいなくなってしまい、結果的に買収という形でアトランティックは吸収されてしまいました。

フィリップキャピタルHP : アトランティックトレード買収について(PDF)

アトランティックトレードの欠点

【TRYのスワップが低い】
アトランティックトレードの利点であるトルコリラ(TRY)ですが、スワップ金利がやや低めに設定されています。この業者ではスワップ金利を月1回ほどしか変更しないため金利が上がっても低いままの時が少しあります。下の図がアトランティックトレードのTRYスワップ金利、さらに下の図がSAXO業者のkakakuFXのTRYスワップです。これは2008年7月11日の同じ日に撮ったものですが、実に50円もの差がついてしまってます。

アトランティックトレードのTRYスワップkakakuFXのTRYスワップ金利

【金利反映が遅い】
アトランティックトレードでは月に1回~3回ほどしかスワップ金利を変えないことがあります。これは政策金利が下がったときは多めのスワップを受けられるのですが、金利が上がったときは低いままのスワップを受け取り続けることになりますのでけっこう不便ですね。いずれ改善されていくはずですが、あまりいいシステムとはいえません。

【サーバーが弱い】
灰色になっているところは約定できないシステム自体は軽くて使いやすいのですが、サーバー自体が非常に弱い水準にあり、あまり強くなくトルコリラ(TRY)関係は値段が消えて取引できない時間がかなり長いです。スリップページが多く成行注文が約定しにくいことも多いので一瞬が勝負をわける短期売買には向いていません。図で色の濃いレートのところは流動性がなく成行注文ができないところです。そのためロスカットが作動せず、顧客の中には損害を出して裁判沙汰になったこともあります。サーバーは相当に弱いもので、全く信用できません。

【人気が出なくて事業譲渡された】
アトランティックトレードは2007年頃に高金利のトルコリラを取り扱ったことで有名になりましたが、その後他の業者が相次いでトルコリラを取り扱ったりしライバルが増えて、経営が思わしくありませんでした。さらに顧客に損失が出るなどシステムがお粗末なこともあって、訴訟沙汰が起こり人気は急速に落ちていきました。今やほとんど利用している人がいなくなってしまい、結果的に買収という形でアトランティックは吸収されてしまいました。

フィリップキャピタルHP : アトランティックトレード買収について(PDF)

アトランティックトレードの安全性・信頼性

【FX業者の安全性を図るポイント】
FX業者というのは、いくつかの点をみることによりその安全性を図ることが出来ます。主に次のような点を検証することでかなりの確率で安全性を図れます。プロじゃなきゃわからないなんてことはありません。個人投資家が入手できるような情報でも十分安全性を図ることが出来るものです。主なポイントは以下の点です。

1. 金融先物取引業者への登録 ・・・ 関東財務局長(金商)第243号に登録済
2. 行政処分の前科 ・・・ 処分こそありませんが、顧客と裁判になりました
3. 自己資本規制比率の数値 ・・・ 100%~200%と低迷しています
4. 信託保全の状況 ・・・ 長らく新銀行東京でやっており、ようやく日証金信託銀行になりました
5. 業者の株主・出資者 ・・・ なんと非公開です
6. 人気・評判 ・・・ 口座数は少なく、知名度も低いです

このように上記6つのポイントを見てみると、アトランティックトレードはかなり信頼性に疑問が残る業者といえます。重要である自己資本規制比率はずっと100%台で低迷しており危険水域です。また行政処分こそありませんが、ロスカットが作動しなかったために顧客と裁判になり、誠意ある対応をしていないなど信頼できない行為が多いです。問題の多い新銀行東京でずっと信託保全していたり、株主を非公開にしているなど顧客に対する誠意が感じられません。その影響か、よい評判をあまり聞くこともなく1年で口座数が500も増えないなど業者として低迷しています。安全性は5段階評価の最低となるでしょう。せいぜいキャンペーンをGETするぐらいでしか使う価値はありませんね。

【人気が出なくて事業譲渡された】
アトランティックトレードは2007年頃に高金利のトルコリラを取り扱ったことで有名になりましたが、その後他の業者が相次いでトルコリラを取り扱ったりしライバルが増えて、経営が思わしくありませんでした。さらに顧客に損失が出るなどシステムがお粗末なこともあって、訴訟沙汰が起こり人気は急速に落ちていきました。今やほとんど利用している人がいなくなってしまい、結果的に買収という形でアトランティックは吸収されてしまいました。

フィリップキャピタルHP : アトランティックトレード買収について(PDF)

アトランティックトレードの評判・口コミ

はてなQ&A:手数料が無料でスプレットが非常に小さいです。
Yahoo!知恵袋:私はトルコ・円がしたくてアトランティックで取引しています。
Yahoo!知恵袋:FXでトルコ・リラをレバレッジをかけられて扱っている・・・アトランティック
Yahoo!知恵袋:アトランティックトレードは顧客に提供する通信回線の契約容量が10メガ
Yahoo!知恵袋:アトランティックは手数料無料でドル円のスプレッドが安いが、ツールが使い物にならない
Yahoo!知恵袋:一体誰が設立した会社なのかなど基本的な情報が全くありません。私なら絶対に取引したくないです
教えて!goo:トルコリラを扱っているをアトランティックトレード
教えて!gooアトランティック AUD/JPY6 NZD/JPY7 手数料無料
教えて!goo:数料なし、スプレッド3銭の会社です
教えて!goo:アトランティックトレードは、TRYのサーバーが非常に弱いために、TRYのポジションを持っていてロスカットの水準になっても取引が成立せずにロスカットが作動しなかったことがありました

【アトランティックトレード評判のまとめ】
全体的にみてアトランティックトレードの評判はトルコリラ関係のものが多いといえます。アトランティックトレードは早い段階でトルコリラを取り扱い始めたので話題性がすごかったのです。ただし、今や多くの業者でトルコリラが取引できるのでその優位性は薄れつつあります。また、サーバーが非常に弱いということがちらほら聞かれます。トルコリラ以外での評判をほとんど聞かないためにかなり知名度も低い状態が続いているみたいです。評判はよくないといえるでしょう。

【人気が出なくて事業譲渡された】
アトランティックトレードは2007年頃に高金利のトルコリラを取り扱ったことで有名になりましたが、その後他の業者が相次いでトルコリラを取り扱ったりしライバルが増えて、経営が思わしくありませんでした。さらに顧客に損失が出るなどシステムがお粗末なこともあって、訴訟沙汰が起こり人気は急速に落ちていきました。今やほとんど利用している人がいなくなってしまい、結果的に買収という形でアトランティックは吸収されてしまいました。

アトランティックトレードに適している人

・ TRY(トルコリラ)を取引したい人
アトランティックトレードの最大の魅力がトルコリラ(TRY)です。これを取引するためだけに口座をもつ人が多いです。他のSAXO業者などはミニマムチャージといった手数料をとられるためコストの面でもここが一番安いので何回も取引する人にはオススメです。ホームページには貴重なトルコリラ専門分析レポートがあるなど、力をいれているようです。ただしレバレッジが高いのはリスクも高いのでそれをコントロールできる中級者むけのトルコリラ(TRY)取引業者といったところでしょうか。

・ USDHKDを取引したい人
通貨ペアが豊富でUSDHKDもあります。このペアは長期投資向けなのでサーバーの弱さもあまり関係ないためレバレッジ100倍というレベルで取引でき、安定したスワップを享受できるでしょう。

・ いろんな通貨ペアを取引したい人
46種類の通貨ペアはトルコリラ(TRY)以外にはあまりマイナー通貨がありません。つまりほとんどがメジャー通貨の組み合わせなので、AUD/CADやAUD/NZDといった珍しいメジャー通貨ペアを高いレバレッジで取引したい人には向いています。

【人気が出なくて事業譲渡された】
アトランティックトレードは2007年頃に高金利のトルコリラを取り扱ったことで有名になりましたが、その後他の業者が相次いでトルコリラを取り扱ったりしライバルが増えて、経営が思わしくありませんでした。さらに顧客に損失が出るなどシステムがお粗末なこともあって、訴訟沙汰が起こり人気は急速に落ちていきました。今やほとんど利用している人がいなくなってしまい、結果的に買収という形でアトランティックは吸収されてしまいました。

フィリップキャピタルHP : アトランティックトレード買収について(PDF)

総合評価 理由 5段階評価
短期売買
デイトレ派
手数料は無料ですが、スプレッドが全然狭くありません。そして非常にサーバーが弱く成行注文が通らないこともかなりあります。デイトレには向いていないというよりも使ってはいけない水準です。
長期投資
スワップ派
トルコリラがこの業者の主力ですが、肝心のスワップ金利は他の業者よりも低い水準です。また会社の信頼性に不安なところが非常に多いので安心してお金を預けられません。 ★★
コスト面
スプレッド+手数料
手数料は無料ですが、スプレッドは狭くありません。 ★★★  
安全性
資産管理+信頼性
自己資本規制比率は低迷、ロスカットが作動しなかったために顧客と裁判になり誠意ある対応をしていないなど信頼できない行為が多いです。株主も不透明であり評判もあまりよくないことから安全性が低い業者といえるでしょう。
サーバー システム自体はわかりやすいカンタンな作りになっています。しかし非常に脆弱なサーバーなので問題だらけです。またサーバーダウンが起きてロスカットが作動しないとか起こりかねません。
情報のサービス 金融業界のプロが結構いるので通貨の分析レポートやテクニカル分析レポートなどは結構備えられています。ただし専門用語もけっこう多い中級者向けのものばかりです。 ★★★★
評判・人気 トルコリラを扱っている業者ということで一時期非常に人気が高くなったことがありますが、その後サーバーが非常に弱いことや裁判になったことが災いして一気に冷めています。口座数を見れば、ほとんど増えていませんので人気が頭打ちになっていることがわかります。 ★★
総合判断 トルコリラ専門分析レポートを用意しているなどトルコリラがセールスポイントです。しかし肝心のスワップ金利は他の業者よりも低く、会社の信頼性も低いことから実際に取引するには躊躇します。結果的にフィリップファイナンシャルス株式会社に買収されてしまい、FX業務は事業譲渡されてしまいました。不人気ゆえの必然の撤退だったといえます。



フィリップキャピタルHP : アトランティックトレード買収について(PDF)

 




アトランティックトレードの詳細データ
会社名 アトランティックトレード
URL http://www.afco.co.jp/
上場 未上場
資本金 2億6000万円
株主・出資者 非公開
自己資本規制比率 170.0%
口座数 10138
預かり残高 21億3200万円
デモ取引 ×
使用システム 独自システム
システムの内容 ウェブ上のシステム(IEなどのブラウザ上で動作)
システムの重さ 全く気にならない
資産管理方法 信託保全
保全先 日証金信託銀行
ロスカット 50%
携帯対応
サービス名 アトランティックトレード
最低取引通貨単位 10,000
手数料 無料
スプレッド(USDJPY) 3pips
通貨ペア 46
ZAR
TRY
ISK ×
レバレッジ 100倍
初回入金 5万円
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い 日々反映
通知メール
情報サービス MarketWin24
週間展望
吉田レポート
マーケット・アウトルック
マーケットアイ
千里眼のFX入門講座
市場情報(時事通信社)
坂本軍治今週のStrategy
為替市場
各国の政策金利一覧
各国の政策金利会合予定
為替カレンダー
備考 海外サーバーGFTとSAXO業者を使ってなくてTRYを取引できるのはここだけである
セミナー 半年に1回ぐらい・・・
キャンペーン 海産物などの現物が多かったが、
今回は10,000円のキャッシュバックをしてくれるキャンペーン中
>> アトランティックトレードの口座開設はコチラ <<

長期投資向けのFX業者

★×5 セントラル短資FX
★×4 フォーランドフォレックス
★×3 上田ハーローFX
★×3 NTTスマートトレード
★×2 ヒロセ通商(Hirose-FX2、LIONFX)
★×2 サイバーエージェントFX
★×1 アトランティックトレード

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved