「シストレi-NET」のプログラムの特徴

「シストレi-NET」のプログラムの特徴

「シストレi-NET」 にはいくつかのプログラムの種類があります。ループイフダン型、短期運用型、中期運用型、長期運用型です。ループイフダン型は非常に単純なプログラムで、一定pipsごとに買い注文、売り注文をし、一定pipsで利食い、損切りをするものです。素人でも作れそうな簡単なしくみですね。例えば 「ループ・イフダンB15_15」 であれば15pipsごとにB(買い注文)をして、15pipsで利食いをするものです。

「短期運用型」は主にデイトレ、スキャルピングの要領です。午前0時を過ぎた時間帯での市場参加者の細かい心理状態を見る独自の指標で売買するものや、臨機応変にスイングトレードとスキャルピングを行っていく売買システムがあります。売買回数が多いので大きく資産を増やせる可能性がありますが、逆に減らす可能性もあります。

中期運用型、長期運用型は基本的に売買回数が少なくじっくり攻めるものです。平均線、ボリンジャーバンド、モメンタムの指標である一定の指標が出ないと動かないものや、過去数日間の値動きをメインに据えながら時間単位で機械的に売買するもの、トレンドが発生すれば急に動き出すものや、時間軸や波動論をもとに動くものもあります。資産増加率は少なく、じっくり増やす人向きです。ほったらかし投資をしたい人にはお勧めですね。

プログラムの利益率や人気度合いはその日々によって変わります。下のランキングではいろんなプログラムがまざっており、皆さんがいくつものプログラムを組み合わせてポートフォリオを組んでいることもわかります。自動売買に唯一無二の正解はありませんので、自分の資産状況や、手間の度合い、好みなども考えて、自分だけのポートフォリオをじっくり組んでみましょう。

シストレiNET
>>アイネットと当サイトはタイアップ!限定プレゼントあります!<<

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!