DMM.com証券の最大のメリットはFXオプションでリスクヘッジができること

各コンテンツのショートカット

DMM.com証券とはどのような業者か?

DMM.com証券(元SVC證券)とはどのような業者か?

【新鋭のSAXO業者】
DMM.com証券は証券会社とような感じですが、株取引ではなくFX専門の業者です。SAXO業者のなかでもかなり新しい後発組の中の後発組に入ります。会社の安定度にはまだ不透明なところが残りますが、SAXOツールを生かしたFXのオプション取引やポストFXといわれるCFD取引をできることが魅力的です。

【世界最高峰のSAXOシステム導入】
DMM.com証券が導入しているシステムは、世界最高ともいわれるSAXOシステムです。SAXOとはデンマークにある世界的な有力銀行SAXO銀行のことであり、その取引ツールSaxoTraderは世界120カ国以上で使われています。SAXOのシステムが世界100カ国以上で使われているのは150種類以上ある豊富な通貨ペア数と世界最強と名高いサーバー・約定力にあります。またカスタマイズ性にも優れており、世界100カ国以上で使われているのが納得できます。

【高金利通貨を含む160もの通貨ペア
DMM.com証券が導入しているシステムは世界最高峰のSAXOシステムの取引環境を導入しており、なんとその通貨ペアは160種類を越えるのです。その中にはFX投資家に人気の高金利通貨もたくさんあります。オセアニア通貨はもちろん、南アフリカランド、トルコリラ(TRY)やアイスランドクローナ(ISK)、ハンガリーフォリント(HUF)、中東諸国通貨を取引できるのです。

【サーバーの安定・約定力が最強
DMM.com証券が導入しているSAXOシステムは非常に優秀なシステムとして知られています。そのサーバーの安定性は業界で一番であり、強力なシステム構築により急激な相場変動時にも安定した約定力を誇ります。 約定の早さは瞬間的で、スリップなどはほとんどありません。まさにFX業界で最強のシステムといえるでしょう。そしてパソコン一台一台に認証キーを発行してログインにも厳重なセキュリティをかけるため盗難の心配もありません。

【革新的!FXのオプション取引】
FXオプションといっても、日経平均などのオプションと仕組みは同じです。詳しい説明は会社のホームページをご覧になってもらうほうがわかりやすいでしょう。例えばドル円の上昇を見込んでドル円のスポット買いを持ちつつ、プットオプションを買っておけばドル円が上がれば、スポットの利益を享受でき、下がった場合はスポットの損失をプットオプションで相殺できるのです。このようにオプションでリスクヘッジができればローリスクで高金利を享受できるという非常に有効な活用することができるのです!言うまでも無く理屈を理解できている上級者向きです。

【CFD取引も可能】
CFDとは、証拠金を使って株価や株価指数などを売買する取引です。信用取引や先物取引と同じようですが、CFDには期限がありません。 信用取引や先物取引のように期限までに反対売買をする必要は無く、CFDはポジションを持ち続けることができます。もちろん手数料無料でSAXOツールを使って取引することができます。

【戦略の問い合わせ】
スポットの戦略、オプションの戦略ともメールで問い合わせればTokyoFox(本名:荒井昇一)さんが直接丁寧に質問に答えてくれるのでオプション取引が初めての人にも入りやすい環境が作られています。

>> オプションができるDMM.com証券の口座開設はコチラから <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved