NTTスマートトレードの弱点・欠点はお役所で小回りがきかない体質

各コンテンツのショートカット

NTTスマートトレードの弱点・欠点

NTTスマートトレードの弱点・欠点

【小回りがきかなく新サービスが少ない】
NTTという巨大なバックスポンサーをもっているNTTスマートトレードは、なにか新しいサービスを行うたびに出資者であるNTTの上部と相談するなど手間がかかってしまい、何をするにも遅い傾向があります。要するに小回りが利かないために新サービスの導入が遅いのです。日々業界が進歩しているFX業界では、足が遅いとサービスの充実性があっという間に過去のものになってしまいます。信頼性と引き換えにNTTスマートトレードは新サービスなどの導入が比較的遅いのです。

【手数料がかかってしまう】
手数料無料が標準のFX業界ですが、NTTスマートトレードは10,000通貨以下の取引では1,000通貨あたり50円の手数料、10,000通貨以上の取引では1,000通貨あたり30円の手数料がかかってしまうのです。優良会員であるadvancePRO会員になったりレバレッジが100倍のコースを使えば無料することもできますが、低レバレッジのコースには手数料が取られます。

【スプレッドがかなり広い】
今やFX業界ではFXトレーディングシステムズなどスプレッドが1pipsを切る業者も存在していますが、NTTスマートトレードのスプレッドはかなり広いままです。コストと信頼性は反比例するといいますからある程度は仕方ないとはいっても、かなり広いです。ドル円やユーロ円のスプレッドは5pipsにもなっており、5年前の水準です。同じシステムのセントラル短資FXですら2pipsなのですから、このスプレッドは広すぎると言っていいでしょう。

【困った困ったお役所体質】
NTTスマートトレードは口座開設基準が厳しいと不評です。なんと審査基準はFXの投資歴が2年以上でないとダメというのです。NTTスマートトレードは初心者にもわかりやすいFXを提供すると謡っているのに、FXの投資歴が2年以上じゃないとダメというのは矛盾しています。しかもお役所体質のため、このような小さな不評を改善する可能性は低そうです。お役所というのは困ったもんですね

>> NTTスマートトレードの口座開設はコチラ <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved