業界No.1の低スプレッドならライブスター証券に口座を持とう

各コンテンツのショートカット

ライブスター証券に向いている人

ライブスター証券に向いている人

【取引コストがとても安いことで有名】
ライブスター証券は設立も古く知名度のわりには歴史がある証券会社です。取り扱い商品はFXだけでなく株式取引や日経先物を取り扱っています。特に株の売買手数料や日経先物の1枚の手数料などが非常に安く、大手のSBI証券楽天証券などの取引手数料よりも安くなっています。情報サービスが少ないことや証券会社のわりには取り扱い商品が少ないこともあって、コストがかかってないから手数料を安くできるのでしょう。株式取引手数料のやすさでは、2014年度オリコン顧客満足度ランキングの「【ネット部門】手数料・取引コストの満足度」で【第1位】を獲得しました。その取引手数料の安さはFXサービスのスプレッドの狭さにも現れています。

・ 短期売買(デイトレ)派
ライブスター証券は手数料無料かつ業界でも最高水準のスプレッドであるコスト面です。0.5pipsというのは為替のプロのディーラーと同じ取引環境なのです。個人投資家がプロの機関投資家と同じような環境で取引できるのは他の業者にはマネできません。メジャー通貨ペアはFXTSとさほど変わりませんが、マイナー通貨ペアのスプレッドも非常に狭くコスト面を意識する人にとっては最高でしょう。YouTubeにアップされているように、ここは米雇用統計の時もスプレッドを維持していますので短期売買するならここを外す理由はありません

・スワップ金利を貯める人
ライブスター証券はスワップ金利も非常に高くなっています。例えばトラリピで有名なマネースクウェアジャパンやスワップ金利は低いですが、そのマネースクウェアジャパンと比較すると30円ほどの差があります。例えばマネースクウェアジャパンの豪円スワップ金利が60円のとき、ライブスター証券は90円近いのです。なので倍率にしておよそ1.5倍の差がつきます。長期ホールドすると相当な差がつきます!

・ マイナー通貨ペアの取引
ライブスター証券は情報のサービスなどはほとんどなく、環境の面ではあまり期待できません。しかし余計なコストをかけていないためか取引のコストが非常に安くなっています。特にメジャー通貨ペアだけでなく、マイナーな通貨ペアのスプレッドも非常に狭くなっているのが魅力です。例えばメジャー通貨同士でありながらスプレッドがどこも広いEURGBPや、スイス中銀の介入で注目されるEURCHF、欧州通貨とオセアニア通貨の組み合わせであるEURAUD、などのスプレッドはどこのFX業者よりも安いでしょう。こういった通貨ペアを取引する人にとってはここは最高の環境です。ここ以外にマイナー通貨ペアのスプレッドが狭いところなどないのですから。

・ 取引メインの口座
ライブスター証券は、ひまわり証券やFXプライム byGMOのような情報を取得する業者とは違い、取引環境に重点をおいたFX業者です。そのためコストは安いのですが、情報サービスやセミナーに不満が残ります。サービスやセミナーはひまわり証券やFXプライム byGMOで受けるとして、ライブスター証券は取引するだけと割り切った使い方をすることがオススメです。

・ デイトレのメイン口座
デイトレなどの短期売買をする際にはレートの誤差やサーバーダウンなどのリスクをできるだけ避けるためにも2社以上に口座を持っておくことが賢明です。そしてこのライブスター証券は短期売買のFX会社なので、ここをメインの口座として他の業者でサブ口座を1~2つ持っていることが望ましいです。サブ口座の候補となる他の短期売買業者としては外為オンラインやMJなどの業者が候補になるでしょう。

>> ライブスター証券の口座開設はコチラから <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved