GMOクリック証券の携帯・モバイル取引環境(iClick,FXroid)

各コンテンツのショートカット

GMOクリック証券の携帯・モバイル対応

GMOクリック証券の携帯・モバイル対応

【GMOクリック証券のモバイルサイト】
モバイルサイトは 「モバトレ君」 という名称であり、株や先物、FXなど複数の商品を扱うことができます。対応機種はもちろんDocomo、Au、SoftBankの3大機種に対応しています。しかしその分ひとつひとつのサービスは簡単なものになっているので最低限のものです。このモバイルサイトの扱いは他のFX業者と同じです。レートは手動更新であり、チャートも貧弱です。時間足こそ多いもののテクニカル指標など全くありません。
GMOクリック証券のモバイルサイト

【GMOクリック証券のFX専用アプリ】
GMOクリック証券の携帯アプリは 「モバトレ君アプリFX」 というアプリです。対応機種はDocomoとSoftBankの上位機種だけです。レート配信、チャートがリアルタイム更新に対応しています。テクニカルは移動平均線だけなのが残念です。また、待ち受け画面にレートを貼り付けることができるので、いちいち毎回HPにアクセスしてレートのページを開かなくても済むのです。これはかなり便利な機能といっていいでしょう。GMOクリック証券のFX専用アプリ

【GMOクリック証券のiPhoneアプリ】
GMOクリック証券のiPhone対応アプリは 「iClickFX」 というアプリです。リアルタイムの為替レート、FXニュース(MarketWin24、日本証券新聞、ダウジョーンズ、トムソンロイター)、チャートやロイターニュースヘッドライン、経済カレンダーを見ることができます。また 「スピード注文」 機能も搭載されており、ほとんどPCと同じ環境で取引することができるのです。今までデイトレはともかくスキャルは携帯ではムリだと思われていましたが、スピード注文のおかげで電波次第ではありますが携帯でもスキャルができる環境になってきたのです。一度ログインすれば再ログインする必要もない便利な機能もなかなか使えます。iPhone対応のFXアプリの中では1、2を争う高機能と使いやすさでしょう。
GMOクリック証券のiPhoneアプリ

【GMOクリック証券のAndroidアプリ】
Android対応アプリにはFXネオ対応と、なんとくりっく365にも対応するアプリが出てきたのです。これでくりっく365も店頭FXも同じようにはっちゅう君やAndroidアプリで取引することができます。チャート機能は一目均衡表、ボリンジャーバンド、単純移動平均、指数平滑移動平均、平均足、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI があります。そして1タップで新規・決済・ドテン・同一通貨の全決済注文が行えるスピード注文機能も搭載されています。かなりの高機能です。スマートフォンの大きさとスピード注文のパネルの大きさがきっちりとマッチしていて使いやすいですね。
GMOクリック証券のAndroidアプリ

>> GMOクリック証券の口座開設はコチラから <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved