FXブロードネットはデイトレで勝負したい人に絶対欠かせない!

各コンテンツのショートカット

FXブロードネットに適しているタイプ

FXブロードネットに適している人

・ 短期売買(デイトレ)派
FXブロードネットはコスト面では最高の水準です。0.5pipsというのは為替のプロのディーラーと同じ取引環境なのです。個人投資家がプロの機関投資家と同じような環境で取引できるのは他の業者にはマネできません。短期売買業者にありがちなサーバーダウンも見られないことから短期売買するならここを外す理由はありません

・ ライトコースの1,000通貨
FXブロードネットの取引環境は非常にに拡張性があり、1,000通貨の取引ができます。法人口座のレバレッジ400倍を使えばUSDJPYなどはわずか300円の証拠金しか必要ありません。証拠金に乏しい人や、取引単位を小さくしたい人に最適です。悪い言い方をすれば、貧乏人に一番適しているのです。

・ 取引メインの口座
FXブロードネットは、ひまわり証券やFXプライム byGMOのような情報を取得する業者とは違い、取引環境に重点をおいたFX業者です。そのためコストは安いのですが、情報サービスやセミナーに不満が残ります。サービスやセミナーはひまわり証券やFXプライム byGMOで受けるとして、FXブロードネットは取引するだけと割り切った使い方をすることがオススメです。

・ デイトレのメイン口座
デイトレなどの短期売買をする際にはレートの誤差やサーバーダウンなどのリスクをできるだけ避けるためにも2社以上に口座を持っておくことが賢明です。そしてこのFXブロードネットは短期売買のFX会社なので、ここをメインの口座として他の業者でサブ口座を1~2つ持っていることが望ましいです。サブ口座の候補となる他の短期売買業者としては外為オンラインやMJなどの業者が候補になるでしょう。

>> FXブロードネットの口座開設はこちら <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved