FXプライム byGMOはGMOグループの安心感と膨大な情報サービスがある!

各コンテンツのショートカット

FXプライム byGMOの長所はどんなところか?

FXプライム byGMOの特徴

【親会社が上場企業】
FXプライム byGMOは親会社がネット証券で躍進している上場企業グループのGMOグループです。そのGMOは上場企業なのです。上場に関しては厳しい財務への審査があります。それをクリアしていることからも財政状況が非常に健全であることの証明でもあるのです。大手企業のバックアップと親会社が上場していることの信頼と2重に信頼できる業者です!

【Klugクルーク調査で信頼性No.1に輝く】
FXプライム byGMOは高い信頼ポイントを備えています。さらに後述するスプレッドやサーバーの安定度もピカイチであり、2010年にはグローバル投資に関する情報を提供しているサイト「Klugクルーク」にて、信頼できるFX会社のアンケートで最も信頼性の高いFX会社に選ばれているのです。、こういった不特定多数の投資家の評価というものは、評判・口コミの一種でもあり、客観的視点から見たかなり信用できる評価です。そのなかでNo.1を取っているのですから、多くのFX投資家から信頼されている証拠です。

【情報サービスがとっても充実】
FXプライム byGMOは業界でも指折りの様々な情報サービスを提供しています。各国要人のインタビューや著名投資家のレポートなど多岐にわたり外為どっとコム以上でしょう。各国の要人発言をまとめた 「相場を動かす一言」 などは非常に便利です。個人的にオススメなのはプロのディーラーの方がコラムを書く 「井戸端会議」 です。ディーラーの相場観やポジションを知ることが出来るので非常に参考になります。ただし、ほとんどの情報は口座開設者だけしか見られない限定サービスになっています。10万円を入金しておくか、ポジションを1つだけもっていれば半永久的に見れますので、情報だけを目的に口座開設するのもアリです。

【システムが非常に強い】
FXをやるにあたってシステムの強さも重要なポイントです。なぜならシステムが脆弱だと、よくシステムダウンをおこして取引どころではなくなったり、スリップページが多くて話にならないからです。例えばくりっく365やEMCOM系システムなどは脆弱なシステムで不評です。しかしその点FXプライム byGMOのシステムは非常に強固です。24時間365日完全監視体制を行い、さらに電気・通信・空調などの二重・多重化の万全システムを備えています。メインシステムに何か問題があっても、多重システムのおかげで顧客が取引できなくなるようなことはないのです。

【取引単位は1,000通貨単位でリスクが少ない】
FXプライム byGMOの取引通貨単位は、1,000通貨となっています。普通多くの業者は通貨単位を10,000通貨に設定しています。これは1円動くと1万円の損益が出てしまうものであり、初心者にはちょっとリスクが大きいのです。そこでFXプライム byGMOの1,000通貨です。普通の10分の1単位なので、相場が1円動いても損益は1,000円ほどとなり、よくわからないうちに・取引ツールになれないうちに大損してしまった・・・なんてことが少なくなるのです。もちろん利益も10分の1になってしまいますが、初心者には1,000通貨単位が適しているのです。

【瞬時にパターンを認識できる:ぱっと見テクニカル】
FXプライム byGMOの中でオススメなツールが、このぱっと見テクニカルです。これは過去の通貨の動きをすべてパターン化して、現在の為替の動きと照らし合わせ、最もよく似たパターンを導き出してくれる画期的なパターン認識ツールです。相場というものは、長くやっていれば気づきますが、同じようなパターンを何度も繰り返すことがあります。そのためパターンさえわかれば、今後の動きも非常に予想しやすいのです。しかも操作方法もムチャクチャ簡単で、通貨ペアを選ぶだけです。それだけでその通貨の今後最も動く確率が高いパターンを算出してくれるのです。無論、100%当たるわけではありませんが。


>> GMOグループ:FXプライム byGMOの口座開設はコチラ <<

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved