フォレックストレードの長所は最後発を生かした顧客の要望を満たすツール

各コンテンツのショートカット

フォレックストレードの長所はどんなところか?

フォレックストレードの特徴・長所

【親会社はクリック証券】
フォレックストレードは新規参入してきた新しい業者です。その親会社はクリック証券であり、フォレックストレードはクリック証券の完全な子会社なのです。なぜFXサービスがあるクリック証券がわざわざ子会社を作ってFX業界に進出してきたのかの理由は、後述のエキサイトFXの買収の点が挙げられます。

【フォレックストレードとは最後発のFX業者】
フォレックストレードはEMCOMTRADEよりも遅くFX業界に参入してきた最後発のFX業者です。本来なら最後発はデメリットとして受け取られがちですが、フォレックストレードはそれを逆手にとって最後発であるからこそ、他の業者のサービスを十分に吟味し、顧客が求めているものを十分に分析できた上でサービスを用意するという方針をとっています。そのためフォレックストレードのサービスにはほとんどムダがなく、FX投資家が求めている商品性、利便性、安全性をかなり追求できているものに仕上がっています。

【元々はエキサイトFX】
実はこのフォレックストレードは新しく作られたFX業者ではなく、前々からFXをやっていたエキサイトFXが改名した業者だということをご存知でしょうか?会社というのは一から作ると手間も時間もかかります。そのため一から会社を作り出すよりも既存の会社を買収し、その会社を自分色に染め上げたほうがはるかに手っ取り早いのです。だからクリック証券はエキサイトFXを買収して新業者フォレックストレードとして再出発させたのです。

【投資家が求めているもの:固定スプレッド】
フォレックトレードは業界最後発の立場を利用し、他のFX業者を分析して顧客が一番求めているサービスを提供しています。それが業界最狭のスプレッドです。やはり手数料無料が当然になった今では、スプレッドの狭い業者が人気を集めています。フォレックストレードはそれを十分熟知しており、ドル円0.8pips、ユーロ円1.8pips、ポンド円2.8pipsという驚愕のスプレッドを提供しました。しかも固定スプレッドとして提供しているのです。他業者にはこれより低スプレッドを提供しているところがありますが、変動スプレッドのためにすぐに広がりがちです。しかしフォレックストレードは固定スプレッドのため、スプレッド幅が広がることがないのです。

フォレックトレードの固定スプレッド

【投資家が求めているもの:高速取引ツール】
フォレックトレードは業界最後発の立場を利用し、短期売買トレーダーが求めている高速取引ができるツールを用意してくれました。このトレードリズムという取引ツールは新規・決済・ドテン注文、さらに同一通貨ペアの全決済をも1クリックで注文可能とした超高速取引機能を搭載しています。約定時期が古いポジションから順に決済したり、Ctrl+→などで買いや売りなどを発注できるショートカットなど、利便性を極限まで追及したツールです。特にドテン1クリック注文は、現在のポジションの決済と逆方向への新規注文をたった1クリックでできるとあって、短期売買には非常に使えるツールになっています。この取引ツールは利便性がかなり追及されています。

【投資家が求めているもの:PCなみの携帯取引ツール】
フォレックトレードは業界最後発の立場を利用し、モバイルトレードの環境もかなり整備してきました。フォレックストレードはモバイルトレードに一番向いている業者ともいわれるほど、携帯端末用のトレードツールに力を入れています。主要キャリアであるNTTドコモ、KDDI、SoftBankで利用できる 「Palmo」 、機種を選ぶがPC並みの機能が搭載されている 「Palmo rich」 、そして通なら誰もが利用しているiPhoneに対応した 「iPalmo」 と多種多様なツールが揃っています。ほとんどのFX業者では取引できるだけの簡素なツールしか用意していませんので、フォレックストレードのモバイルツールは業界No.1ということができます。

主要キャリアであるNTTドコモ、KDDI、SoftBankで利用できる 「Palmo」 、機種を選ぶがPC並みの機能が搭載されている 「Palmo rich」 、そして通なら誰もが利用しているiPhoneに対応した 「iPalmo」

フォレックス・トレードは親会社GMOクリック証券に吸収されました

FX会社の徹底比較 ~FX会社の勝ち組と負け組~

Copyright© 2018 格差脱出研究所 All rights reserved