いろんなところへ分散投資してリスク分散すればリスクが少なくなる

投資信託はリスク分散ができる

投資信託では、いろんな人から集めた多くの資金でたくさんの銘柄に分散して投資しています。このように多くの銘柄に投資することで総合的な損失を低く抑える事が出来ます。このようなたくさんのものに投資してリスク分散ができるのです。

投資信託はたくさんの投資対象へ投資するのでリスク分散になる!

例 : ライブドアの株

もしあなたが1億円を全て以前のライブドアに投資していてあの「ライブドア・ショック」が起きた時どうなると思いますか?大損してほとんど一文無しになってしまいますね。どんなにいい会社も今の時代ちょっとのことでガクンと落ちてしまいます。もしもいろんな銘柄に分散投資していれば、ライブドア株の損失は一部で済んだはずです。こういった大損を防ぐため投資信託はリスク回避のためにいろんな会社や債券などに分散投資を行ない大損の可能性を限りなく0に近くします。

卵は一つのカゴに盛らない

投資のことわざで最も有名といわれる 「卵をひとつのかごに盛らない」 これはリスク回避のためには分散して投資することをうながしています。卵をたくさん持っていてもそれが全部入っているかごを落としてしまえば全て割れてしまう。しかし、複数のかごに分けておけば例えひとつのかごを落としても、割れるのは一部で済む。このようにある最悪のケースが起こったときに、ダメージを減らすことをリスクの分散といいます。

卵を1つのかごに入れておくとリスクが高い       分散しておけば、もし落ちても被害は少なく済む

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!