投資信託は勝ち組への頼もしいパートナーである

投資を (プロに) 信じて (運用を) 託す

投資信託とは漢字ばっかりで難しいイメージですが実はとてもカンタンなものです。

投資信託とは
投資 を (プロに)じて(運用を)託すものです。

投資信託という漢字のそのままの意味ですね。
あなたのお金を運用の信じられるプロに託して代わりに増やしてもらう投資ということです。

投資信託のしくみ

投資信託とは、ある投資対象に投資するための資金を投資家から集められたます。そうして1つにまとまった資金はとても大きなものになります。その大金を運用のプロ(ファンドマネージャー)が債券や株式などで運用するのです。

投資信託はその大きな資金が集まるというのが強みになります。たくさん資金が集まれば、敷居が高い投資対象にも投資できるのです。例えば、大手企業の株というのは最低投資金額が100万円以上にもなり、1万円しか持っていない人にとってはとても敷居が高いですね。しかし1万円しか持っていない人も100人、1,000人集まればその資金は100万円、1,000万円にもなるのです。その大金を使えば敷居の高い投資対象にも投資できる。これが投資信託のしくみであり、強みにもなります。

投資信託のしくみ

勝ち組の心強いパートナー

一口に投資といったも 何の株買おう?売ろう?債券はどうしよう・・・円高は・・・?ああ~わからない!自分で投資しようとするとそういった様々な不安が起こりますね。しかし投資信託でお金をプロに預ければプロが代わりに全部やってくれます。後はどのプロが優秀か?という選別だけなんですね。自分でやるのがめんどくさい人や自分で運用するのに自信がない人にはうってつけですね。

上流階級の御用達のヘッジファンドも投資信託に代わりはありません。ただしヘッジファンドのようなところは最低投資金額が1億円以上のような金持ち限定になっています。しかし勝ち組の人ほどそういったプロに任せてお金を増やしてもらってます。まさに>勝ち組には必須の心強いパートナーなんです。

>> 投資信託を買うなら商品取り扱い数No.1の楽天証券へ <<

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!