ベトナムへの投資方法(株,ADR,FX,投資信託,ETF)

ベトナムベトナムに投資する魅力

ベトナムといえば、あの泥沼のベトナム戦争の印象があり暗いイメージをもっている方も多いでしょう。事実、あの戦争によって国土も人もボロボロなりました。しかし、そんなドン底状態から這い上がった今のベトナムは「第2の中国」とも言われるほど発展して、中国から拠点を移す企業が後を絶たない、成長性豊かな国となりました。ベトナムの特徴は主に次のようになります。

【ベトナム経済の強み】
・ VISTAといわれるような高い経済成長
・ 第2の中国といわれる生産力
・ 中国よりさらに安い人件費
・ 中国よりも若年層が多く将来性が高い
・ 教育レベルが高く労働者の質が高い
・ 経済成長はアジア第2位
・ インフラ需要が活発
・ インフラの整備によって不動産も上昇
・ 政治はとても安定している
・ 実は産油国であるなど資源も豊か
・ カンボジア、タイにつながる高速道路が完成する
・ 政府による外貨投資政策がどんどん出ている
・ リゾード産業も活発

☆縦に細長いベトナムはインフラ整備が不可欠
地図を見るとベトナムとは、イタリアやチリのように縦に長い国であることがわかります。このような国では南北の都市との交流に時間がかかるので、南北都市を結ぶ交通などのインフラが不可欠な環境です。しかもベトナムは ”ベトナム戦争” のおかげで北(ハノイ)と南(ホーチミン)などに経済都市が分断されてしまっています。ベトナムがこれから成長するためにも南北交流を充実させるためのインフラ投資が不可欠なのです。よってインフラ投資はかなりの投資魅力があります。

ベトナムベトナムへの投資方法 : 個別株式

【ベトナム投資は難しい】
ベトナムが外資を受け入れて自由経済を導入したのは最近のことです。
そのためにベトナムではまだ投資環境があまり整っていません。

【ベトナム株を唯一買うことのできるニュース証券】
投資環境があまり整っていないベトナム株に投資することは非常に難しい状況です。そんな中でベトナム株への投資を扱っているのはニュース証券とSBI証券があります。どちらも取扱すうは100銘柄以上あり、数に関してはかなりのものがあります。他のアセアン株と比較しても非常に投資の選択肢が多いです。

ニュース証券の取扱銘柄
コード 企業名    
ABT ベンチェー水産株式会社 NTL トゥリム都市開発株式会社
ACL クーロンフィッシュ株式会社 PAC 南部バッテリー株式会社
AGF アンザン省水産輸出入株式会社 PET ペトロベトナム総合サービス株式総公社
ALP アルファナム株式会社 PGC ペトロリメックスガス株式会社
ALT タンビン文化株式会社 PIT ペトロリメックス通商株式会社
ANV ナムベト水産株式会社 PJT ペトロリメックス・タンカー株式会社
ASP アンファS.G石油株式会社 PMS 石油機械工業株式会社
BBC ビエンホア製菓株式会社 PNC フオンナム文化株式会社
BBT バク・トゥェト・コットン株式会社 PPC ファーライ火力発電株式会社
BHS ビエンホア製糖株式会社 PVD ペトロベトナム・ドリリング株式会社
BMC ビンディン鉱産株式会社 PVT ペトロベトナム運輸総公社
BMI バオミン保険 RAL ランドン電球・魔法瓶株式会社
BMP ビンミン・プラスチック株式会社 REE リー冷蔵電気工業株式会社
BPC ビムソン・パッキング株式会社 RHC 第2リニン水力発電株式会社
BT6 チャウトイ・コンクリート株式会社 RIC ロイヤル・インターナショナル株式会社
BTC ビンチェウ建設工業株式会社 SAF サフォコ食糧食品株式会社
CAN ハロン缶詰食品株式会社 SAM サコム通信ケーブル株式会社
CII ホーチミン市インフラ投資社 SAV サビメックス輸出入株式会社
CLC カットロイ株式会社 SBT タイニンブルボン製糖
CNT 建設資材販売株式会社 SC5 第5建設株式会社
COM 資材・石油株式会社 SCD チュオンズオン飲料株式会社
CYC チャンイー・セラミック株式会社 SDN ドンナイ塗料株式会社
DCC デスコン工業建設株式会社 SFC サイゴン燃料株式会社
DCL クーロン製薬(ファリメクスコ) SFI サフィ運輸代理株式会社
DCT ドンナイ屋根シート・建設資材株式会社 SFN サイゴンフィッシングネット株式会社
DDM ドンド海運株式会社 SGC サザン輸出入株式会社
DHA ホアアン株式会社 SGH サイゴンホテル株式会社
DHG ハウザン製薬株式会社 SGT サイゴン通信技術株式会社
DIC DIC投資貿易株式会社 SHC サイゴン・マリタイム株式会社
DMC ドメスコ医療輸出入株式会社 SJ1 第1水産株式会社
DNP ドンナイ・プラスチック建設株式会社 SJD カンドン水力発電株式会社
DPC ダナンプラスチック株式会社 SJS ソンダ工業団地・都市投資開発株式会社
DPM ベトロベトナム化学肥料社 SMC SMC投資貿易株式会社
DPR ドンフーゴム株式会社 SSC 南部種苗(サザンシード)株式会社
DQC ディエンクワン株式会社 SSI サイゴン証券株式会社
DRC ダナンゴム株式会社 ST8 シィウタイン株式会社
DTT ドタイン技術株式会社 STB サイゴン商信株式商業銀行(サコムバンク)
DXP ドアンサ・ポート株式会社 SZL ソナデジ・ロンタイン
DXV ダナンセメント物資建設 TAC トゥオンアン植物油株式会社
FBT ベンチェー林水産輸出入株式会社 TCM タインコン縫製株式会社
FMC サオタ食品株式会社 TCR タイセラ・タイル株式会社
FPC フルパワー株式会社 TCT バー山・タイニンロープウエー株式会社
FPT FPT株式会社 TDH トゥドゥック住宅開発株式会社
GIL ビンタイン輸出入貿易株式会社 TMC トゥドゥック輸出入株式会社
GMC サイゴン縫製貿易株式会社 TMS トランシメックス・サイゴン株式会社
GMD 総合フォワーディング株式会社 TNA ティエンナム貿易輸出入株式会社
GTA トゥアン・アン木材加工株式会社 TNC トンニャットゴム株式会社
HAP ハパコ株式会社 TPC タンダイフン・プラスチック株式会社
HAS ハノイ郵電設備建設株式会社 TRC タイニンゴム株式会社
HAX ハンサイン自動車サービス株式会社 TRI チベコ飲料株式会社
HBC ホアビンビル建設管理株式会社 TS4 第4水産株式会社
HBD PP・ビンズオンパッケージ株式会社 TSC カントー農業技術資材株式会社
HDC バリア・ブンタウ住宅開発株式会社 TTC タインタイン・セラミック株式会社
HMC ホーチミン市金属株式会社 TTF チュオンタイン木材加工株式会社
HPG ホアファットグループ株式会社 TTP タンティエン・プラスチックパッケージング株式会社
HRC ホアビンゴム株式会社 TYA ベトナム大亞(タヤ)電線株式会社
HSI 生物化学肥料総合物資株式会社 UIC イディコ都市住宅開発投資株式会社
HT1 第1ハティエンセメント株式会社 UNI ビエンリエン株式会社
HTV ハーティン運輸株式会社 VFC ビナフコ株式会社
ICF 水産投資株式会社 VGP ザウクア港株式会社
IFS インターフード(国際食品)株式会社 VHC ビンホアン株式会社
IMP イメックスファーム医薬品株式会社 VHG ベトハン生産投資株式会社
ITA タンタオ工業投資株式会社 VIC ビンコム株式会社
KDC キンド食品株式会社 VID ビエンドン紙業株式会社
KHA カインホイ株式会社 VIP ベトナム石油運輸株式会社
KHP カインホア電力株式会社 VIS ベトイ鉄鋼株式会社
L10 リラマ10株式会社 VKP タンホアプラスチック
LAF ロンアン食品加工輸出入株式会社 VNA ビナシップ
LBM ラムドン鉱産建設資材株式会社 VNE ベトナム電気建設株式会社
LGC ルーザー電機株式会社 VNM ベトナム乳業株式会社(ビナミルク)
LSS ラムソン製糖株式会社 VNS ビナサン株式会社
MCP ミィチャウ包装印刷株式会社 VPK 植物油容器株式会社
MCV カビコベトナム建設採鉱株式会社 VPL ビンパール通商旅行株式会社
MHC マリーナハノイ株式会社 VSC ベトナムコンテナ株式会社
MPC ミンフー水産株式会社 VSG 南部コンテナ
NAV ナムベト株式会社 VSH ヴィンソン-ソンヒン水力発電株式会社
NHC ニヒエップ・ブリック株式会社 VTA ビタリー株式会社
NKD ノースキンド食品株式会社 VTB タンビン電子株式会社
NSC 中央種苗株式会社 VTC VTC通信株式会社
    VTO ビタコ・タンカー株式会社

ベトナムベトナムへの投資方法 : FX (VND)

【VND はかなりヤバイ高金利】
ベトナムの通貨はベトナムドン(VND)といいます。ベトナムは非常にインフレが激しいために政策金利は10%近くになるなど高金利の状態が続いています。しかしとどまることを知らないインフレに対応しきれなくなり、日本の金利に詳しい専門家を呼び寄せるなど逼迫した事態にもなっています。

【VND はFXできない】
高金利であるベトナムドン(VND)ですが、残念ながら今のところFX取引ができる業者は日本にはありません。ベトナムドン(VND)は国際的にも流通量が非常に悪く、あのSAXOBANKですら取り扱いをしていないので、今後も日本で取引できる可能性は非常に低いといえます。

ベトナムベトナムへの投資方法 : 投資信託

ベトナム単独へ投資するベトナム投資信託はそんなに数は多くありません。主にASEAN諸国に投資するものの一部にベトナムが組み込まれていることが多いです。ただし、ベトナムのインフラ整備や不動産などに注目したやり手の方々ベトナム単独に投資する投資信託を作成するなどベトナム投資熱は年々高まっているので、今後も増えていくでしょう。

ベトナム投資信託 販売手数料 信託報酬 取扱証券
ベトナム株式プラス・オープン
(愛称:ベトナム・ドリーム)
3.15% 2.10% 多くのネット証券
ベトナム株式プラス・オープン
『愛称 : ベトナム・ドリーム』
3.24% 3.08% 多くのネット証券
CAM ベトナムファンド 3.24% 2.57% 多くのネット証券
ベトナム株式ファンド 3.24% 1.92% 多くのネット証券
ASEAN諸国へ投資する投資信託
SBIインド&ベトナム株ファンド 3.15% 2.10% SBI証券
ベトナム・ASEAN・バランスファンド 3.15% 1.89% コスモ証券、東海東京証券
CAりそな アセアン・ファンド(愛称:メコン) 3.15% 1.26% りそな関連企業
アジア短期債券ファンド(愛称:アジさい) 3.15% 1.3335% 楽天、SBI、ジェット、藍澤
三井住友・アジア4大成長国オープン 3.15% 2.478% 楽天証券
新生・フラトンVPICファンド 3.15% 3.0% 楽天、SBI
ベトナム・カンボジア・ラオス3国成長株F 3.15% 2.2% コスモ、岩井証券

【ベトナム投資信託は投資しにくい】
ほとんどのベトナム投資信託は、ある1社が期間限定で募集をかけた特別なクローズファンドであるものが多いです。これらは全て募集を締め切られているので投資できず、第2弾が出るのを祈るのみです。またこういったクローズファンドは解約も自由にできないことから非常に投資しにくいといえるでしょう。最近ではベトナムへの単独投資をするものも出てきており、多くはネット証券で買うことができるため手軽に投資できるようにはなりました。しかし手数料などのコストは非常に高いです。

【有名どこの投資信託のほうがよい】
”限定” という響きのあるベトナムへの単独投資ができるベトナム投資信託の多くは解約が自由にできないためにあまりオススメできません。それよりもネット証券で取り扱われているASEAN諸国への投資信託のほうが購入・解約がスムーズにできて管理が楽です。クローズファンドは絶対の信頼がおける業者でもない限り避けたほうがいいのです。

ベトナムベトナムへの投資方法 : ETF

【ベトナムへ投資できる海外ETF】
ベトナムにはETFで投資することができます。投資環境が劣っている日本の市場では対応していませんがアジアへの投資環境が整っている香港市場においてベトナムだけに投資できるETFが上場しています。db x トラッカーズFTSEベトナムETFというETFであり、FTSEがスポンサーになっているETFです。信託報酬も0.85%と1%を切る安さであり、投資信託とは大違いのコストです。このETFはFTSEベトナム指数に連動するようになっており、この指数は外国からの投資が十分可能である約20銘柄から組成されています。日本で言えば日経225に投資するようなものですね。もちろん取り扱いは海外投資に積極的な楽天証券SBI証券です。

ベトナム株式市場へ投資するETFの詳細
ティッカー ETF名 信託報酬 市場
03087
db x-トラッカーズ FTSEベトナム ETF
ベトナム FTSE ベトナム指数
0.85% 香港
買える証券会社 楽天証券SBI証券マネックス証券

 

ベトナムベトナムへの投資方法 : まとめ

【投資方法は限られている】
まとめるとベトナムへの投資方法には個別株式と一部の投資信託、ETFしかありません。

【ベトナム株はSBI証券!】
あまり投資方法が無いベトナム投資ですが、国内ではSBI証券、ニュース証券がベトナム株式を取り扱っています。SBI証券は他に投資信託も多数取り扱っているため、1社で便利な利用ができます。個別株は非常に取扱数が多いので選択肢は多いです。

【オススメは投資信託か香港ETF】
正直なところ、ベトナムの個別株は銘柄選択も企業分析もかなり難しく、ベトナム情報に非常に詳しい人でないとオススメできないでしょう。ベトナム株式投資は非常に上級者むけの投資になります。そのため投資信託やETFのほうが難しい銘柄選びもせずに全体の優良株へ投資できます。投資信託の方は新興国だけあって手数料3%、信託報酬2%とかなり高くなっていますが、ETFのほうは投資信託の半分以下の信託報酬に設定されておりコスト面で非常にお得になっています。

投資対象 その投資ができる証券会社 手軽度 オススメ度
ベトナム個別株式 SBI証券、ニュース証券
ベトナム株ADR なし × ×
ベトナムドンFX なし × ×
ベトナム投資信託 多くのネット証券
ベトナムETF なし × ×
ベトナム海外ETF 楽天証券SBI証券マネックス証券

ベトナム投資は
楽天証券などで香港ETFがオススメ!
上級者はSBI証券での個別株投資をしよう

>> 楽天証券の資料請求・口座開設はコチラ <<
★BNFさんのように勝ち組になれる人は ”今すぐ” 行動できる人です★

楽天FX

楽天証券は海外ETFに精通している万能業者
投資信託から株式取引、FX、先物、海外ETFまで最高峰の品揃え
楽天証券のURL : http://www.rakuten-sec.co.jp/

>> マネックス証券の資料請求はコチラから <<
※ 口座開設はもちろん無料で1円もかかりません
マネックス証券は数が少ないけど積立制度が充実!さらに独自ファンドや特殊ファンドにも力をいれていて魅力がある!
マネックス証券は、海外ETF、海外MMF、バラエティにとんだ品揃えがある万能業者です
マネックス証券のURL : http://www.monex.co.jp/

 

世界の有望国:VISTA

ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法
インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法
トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!