投資信託を売っている4つの場所

投資信託はいろんな金融機関で買える

以前の日本は規制がいろいろと多く、証券会社でなければ投資信託を買うことができませんでした。しかし1998年の金融ビックバンにより、投資信託はいろんな金融機関で販売がされるようになりました。このころにFX(外国為替証拠金取引)もスタートしましたね。現在では様々なところで投資信託を購入することができるようになりましたが、主に投資信託を販売している身近な場所は4つになります。

郵便局 (ゆうちょ銀行)

銀行 (信用金庫)

証券会社 (ネット証券)

保険会社

販売会社 : 郵便局(ゆうちょ銀行)

郵便局(ゆうちょ銀行)では2005年から投資信託を販売し力を入れ始めました。私たちの生活に最も身近な金融機関で、親しみのある方も多いでしょう。しかしお世辞にも郵便局(ゆうちょ銀行)で投資信託を買うことはオススメできません。なぜなら投資に関するプロがいないからです。外部から呼び込んでいることもありますが、元々郵便局(ゆうちょ銀行)は郵便と資金の預かりをやってきたので投資信託のような ”資産運用” に関する知識やノウハウが乏しいのです。また、取り扱っている投資信託の数も少なく、手数料も高めに設定されています。さらには郵政民営化のゴタゴタもあり、お客のことをどこまで考えてくれるのか怪しいです。実際に投資信託をよく理解していない高齢者にリスクの高いものを売りつけて訴訟を起こされた事例もあるのです。郵便局(ゆうちょ銀行)では買わないほうが賢明でしょう。

【メリット】
・ 身近な存在
・ 親しみやすい

【デメリット】
・ ”資産運用” に関する知識やノウハウが乏しい
・ 種類が少ない
・ 手数料が高い
・ そもそも投資信託を理解していない職員もいる

販売会社 : 「銀行(信用金庫)」

銀行や信用金庫などの銀行系の金融機関は投資信託の購入に向いているといえます。もともとお金の保全のほかに ”資産運用” を長年やってきた知識やノウハウがありますからゆうちょ銀行などよりもよっぽど信用できることは確かです。

最近の銀行の窓口には 「資産運用コーナー」 という相談サービスがあります。どのような資金でどのくらいの期間を運用するのかを専門的なプロが相談にのってくれますので知識の乏しい人には向いています。しかし逆にこういったサービスが高くつくことがあります。元々こういった相談は富裕層のみを対象に行ってきたので相談をすると投資信託の手数料に ”相談料” などが上乗せされてしまうことがあります。また、最近めっきり減りましたが、ノルマを達成するために強引な勧誘行為をしてくることもあります。銀行では、取り扱っている投資信託に偏りがあり、銀行が儲かる投資信託しかありません。また一部の銀行では投資信託で扱ったお金を分別管理していないために、倒産した場合にお金が戻ってこない可能性があります。うまく使いこなす必要のある金融機関ですね。

手数料の上乗せや勧誘があるかもしれないが、銀行は投資信託の購入に向いている【メリット】
・”資産運用” の知識やノウハウ
・ その道のプロの相談

【デメリット】
・ 相談料などの上乗せ
・ 強引な勧誘
・ (銀行に都合のいい)投信しかない
・ 投資信託の資金が保護されないことがある
・ 相談は富裕層向けが多い

販売会社 : 「証券会社」

証券会社ですが、ここが一番投資信託の購入に向いているといえます。理由はもちろん金融ビッグバン以前から ”資産運用” を長年やってきた知識やノウハウがあることもそうですが、投資信託の種類が多く融通が利くので投資知識があれば銀行のように余計なコストをかけなくて済むからです。

もちろん銀行のように窓口には 「資産運用コーナー」 という相談サービスがあり、資産運用の相談にも乗ってくれますが最大の特徴はネット取引です。会社のテナント料や人件費がかからないネット取引はコスト削減ができるので、その分投資信託の手数料が安めになり多彩な種類から選ぶことができます。特に楽天証券などはコストがとても安く、海外ETFや外貨MMFなどの多彩な商品を取り扱っていることからも、優良な業者であることがわかります。

会社のテナント料や人件費がかからないネット取引はコスト削減ができるので、その分投資信託の手数料が安めになり多彩な種類から選ぶことができる

【メリット】
・ ”資産運用” を長年やってきた知識やノウハウ
・ ネット取引の利便性
・ 手数料が安い
・ 多彩な種類がある

【デメリット】
・ 身近に証券会社がないと相談できない
・ ネットに繋がってないといけない

>> 投資信託を買うならコストの安い楽天証券で <<

販売会社 : 「保険会社」

保険会社ですが、ここはそれほど投資信託を購入するのには向いていません。それほど ”資産運用” の知識やノウハウが少ないわけではありませんが、基本的に守りの方針での事業を行っているのでお金を増やす投資信託にはむいていません。扱っている投資信託の数も少なく、もしろ保険のほうを薦めてくるかもしれません。

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!