証券口座で自動的に買われているMRF

各コンテンツのショートカット

MRFとは

MRFの特徴

MRFへの投資はどうやるの?

MRFとは

MRFとは正式名称をマネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)といい、1997年から運用が始められた追加型の公社債投資信託の一種になります。公社債投資信託の中でも極めて安全性が高く元本保証はされていませんが、信用度の高い短期債券やCP(コマーシャルペーパー)など安全性が極めて高い商品で運用しているために元本割れの可能性はまず無いと言える最も安全な投資信託です。

MRFの特徴

MRFは主に、私たち顧客が直接指定して売買するものではなく、証券会社の口座資金が自動的に投資されるしくみになっています。証券会社に口座を開くときに 「通常口座」 と 「MRF口座」 を選んだ人も多いでしょう。MRFは、MRF口座を選んだ人の資金が自動的に投資されるしくみになっています。

MRF口座に振り込まれた資金は、自動的にMRFを買い付けています。そして証券などを買い付ける時になるとMRFを一旦現金化し、証券を買い付けます。そして証券を売るときは、売った現金分をまたMRF買い付けを行っていることになります。つまりMRF口座を選んだ人は知らずしてMRFを買い付けていることになります。当然、流動性が高くなくてはいけないMRFは購入・解約時の手数料が一切不要で1円以上1円単位で購入及び解約が可能、更には購入当日から解約が可能になっています。いわばMRFとは ”証券会社の預金” のようなものと捉えてください。銀行預金と主な違いは、元本保証が無いことと、利回りが若干高いということです。

【MRFの特徴】
・ 証券会社のMRF口座が自動投資
・ 安全性が極めて高い商品で運用
・ 元本保証は無い
・ 購入、解約手数料無料
・ 1円以上1円単位で購入及び解約が可能
・ 購入当日の解約が可能 (MMFとの大きな違い)

MRFは証券会社の預金のようなもの
金利は楽天証券が一番高い

MRFへの投資はどうやるの?

基本的にMRFは証券会社のMRF口座での自動買い付けが一般的になります。よってこちらから自発的に投資する機会はあまりありません。もし安全性を求めてMRFに投資したいのなら銀行などの預金のほうがいいです。MRFは利回りがあるといっても運用しているのは利息1%を切る公社債です。よって安全性を重視するMRFの利回りは高くなく1%を切るほどになります。よって安全性を重視したい投資をするなら、 「銀行預金」 もしくは 「MMF」 に投資することを考えましょう。

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!