リスク分散、リバランス手間いらず、セゾン投信はほったらし投資が可能な便利業者

セゾン投信はどんな業者か?

【扱っている数はたった2つ】
セゾン投信の投資信託はたった2つしかありません。数にいたってはゆうちょ銀行や信用金庫よりも劣ってしまいます。しかしその2つの投資信託というのがとてつもなく優秀な投資信託なのです。他のオンライン証券は、とにかくいろんな運用会社をまわって、いろんな投資信託を取り扱っています。そう、いくつも集めて売り出し、数打ちゃあたるの経営をやっているのですが、ここだけはそれとは全く逆の発想でやっています。たった2つ・・・だけ、この2つの少数精鋭で勝負している会社なのです。

1 : セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
2 : セゾン資産形成の達人ファンド


【販売と運用が同じ会社】
たった2つしか投資信託を扱っていないセゾン投信ですが、実は投資信託の販売と運用を自社一括で行っているのです。そう、販売会社であって運用会社でもあるのです。普通の投資信託は 「販売会社 ⇔ 運用会社 ⇔ 信託銀行 → 市場」 と3つの機関が関わるカタチをとっています。しかしセゾン投信は販売会社に投資信託を卸さず運用会社が直接販売をしているのです。カリスマ農家が卸売市場を通さずに、直接消費者にネット販売するカタチと似ていますね。そのため販売会社へのコスト負担が全くありません。だから、2つの投資信託のコストを非常に安くでき、少数精鋭のものが販売できるのです。ただし、自社で販売と運用をやっている分、手間がかかるために扱える投資信託が少なくなってしまうともいえるのです。

セゾン投信は販売会社に卸さず、販売と運用を自社でやっている、そのためファンドの質が高く数が少ない

【銀行口座から積立しながらの長期運用に長けている】
セゾン投信の2つの投資信託は銀行口座から直接引き落としで投資できる上に、投資金額はたった5,000円から積立が可能になっています。また2つの投資信託ともマネックス証券のマネックス資産設計ファンドのように、世界レベルでの分散投資ができるために、非常に楽で、リスク分散効果が高い優秀なファンドになっています。リスク分散をしながらほったらかしで積立をし続ける・・・長期運用専用に作られた会社といってもいいでしょう。

【10代の方に朗報!未成年でもOKだよ】
セゾン投信の投資信託は、どちらも長期運用に長けた優秀なファンドになっています。じっくりと何年も何十年もかけて育て上げていく植物のようなものなのです。それには投資期間が長い人、若い人のほうが有利ですね。そのためセゾン投信は、時間がたくさんある未成年の方でも口座を開設・取引ができるようにしてくれています。未成年に許された数少ない投資ができる会社なのです。将来お金に困らないように子供にも投資をさせてあげることができる理解のある会社です。ただし、当然、親権者の許可は必要ですよ。

セゾン投信の投資信託の説明

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
このファンドの最大の特徴は、(FOF)ファンドオブファンズの形で、とにかく世界中の株式や債券へ分散投資ができることです。その選んだ投資信託は世界有数の規模を誇るインデックス投信のリーダーである米国のバンガード社のものです。セゾン投信のしくみとバンガード社のファンドが元々とても安いコストのため、FOFの形になっても非常にコストが安くなっています。バンガート社の有名なものにトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドがありますね。このようにFOFでありながらも非常にコストが安い状態で、世界中への分散投資が可能である非常に便利でラクちんなファンドに仕上がっているのです!その優秀さが評価されて2007年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞にも選ばれています。優秀さは折り紙つきというわけですね。

特徴 : FOFの形で世界中へ分散投資できる
特徴 : 非常にコストが安くなっている
特徴 : リスク分散・リバランスをファンドでやってくれて、とても楽チン
コスト : 販売手数料 0.00% (ノーロード)
コスト : 信託報酬 0.77%
コスト : 信託財産留保額 0.1%

 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは2007年日経優秀製品・サービス賞:最優秀賞を受賞している!

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはバンガード社のFOFの形で世界中へ分散投資ができる


セゾン資産形成の達人ファンド
このファンド運用会社でもあるセゾン投信が劇選した世界中の優秀なファンドへ投資するアクティブ運用の(FOF)ファンドオブファンズですです。例えば、日本で有名な大人気の 「さわかみファンド」 やバンガード社の 「日本株インデックスファンド」 を組み入れる構成となっています。これはアクティブ投資なのでどれだけの運用成績が出せるか将来が楽しみですね。こちらも上記と同じく販売・運用をセゾン投信が行ってコストが削減されていますので、非常にコストが安くなっています。

組み入れたファンド 運用会社
バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド バンガード社
バンガード 米国オポチュニティファンド
バンガード・ジャパン・エンハンスト・エクイティ・ファンド
さわかみファンド さわかみ投信
TMA長期投資ファンド<適格機関投資家限定> 東京海上アセットマネジメント投信
ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA
<適格機関投資家限定>
日本コムジェスト
ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA
<適格機関投資家限定>
T.ロウ・プライス・ファンズSICAV・グローバル・
アグリゲート・ボンド・ファンド
T.ロウ・プライス

セゾン投信の欠点

【分配金は出ないよ】
セゾン投信の投資信託は、長期運用を前提とした作りになっています。じっくりと何年も何十年もかけて育て上げていく植物のようなものなのです。そのため分配金は全て自動的に再投資する形になっています。長期投資をする人のためだけの作りになっているのです。そのため、毎月分配金を年金のようにもらいたい高齢者の方やミドル世代の方にはあまり向いていません。

【他の取扱は無し】
先に説明したように、セゾン投信は、本来証券会社や銀行がやってくれる販売を自社で行っています。販売・運用を一緒に行うという仕組みになっているのです。これによって大幅なコスト削減やしくみの簡潔化に成功し、低コストの優秀なファンを作ることができました。しかし、自社で販売と運用をやっている代わりに、手間がかかるために扱える投資信託が少なくなってしまうのです。よってセゾン投信の投資信託数はこれからも増えることはあまり無いでしょう。

【海外投資の比率が高い】
セゾン投信が扱っているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンドは、どちらも世界全般へ分散投資を行うものです。そのため、どうしても日本国内への投資比率が小さくなってしまいます。これの何が問題かというと、海外投資が多いために外貨と円の為替変動リスクを大きく受けてしまうのです。例えば、2007年にサブプライムローン問題が勃発し、急激な円高が起こりました。その時海外比率が高いセゾンの投資信託は、かなり値を下げてしまいました。円高をモロに食らってしまったのです。ですが、急激な下落をしたときは絶好の買いチャンスともいえ、円高時には購入者が続出しているので、みなさんあんまり気にせず長期的な視野をもって投資しているようです。

【現金のままおいて置けない】
セゾン投信は、証券会社ではなくほとんど運用会社です。そのため証券会社や銀行などがやってくれる資金管理などはやっていませんので、買い付けに必要な金額のみしか口座には入金できません。正確に言うと、入金はできますが、そのお金は守ってあげません。どうなろうとわが社の責任外です・・・といったところです。ただし、銀行口座から直接積立ができるのですから、余計なお金を入れる必要はありませんので心配する必要はありません。

セゾン投信の総合評価
内容 理由 点数
投資信託の数 2つのみです
ノーロードの数 どちらともノーロードです ★★★★★
積立制度 どちらとも積立が可能で、銀行口座から積立ができます。しかも、たった5,000円から積立ができるのです。長期投資に特化したセゾン投信ならではのサービスです ★★★★★
独自ファンド どちらとも独自ファンドです ★★★★★
特殊なファンド どちらとも、かなり特殊といっていいファンドです ★★★★★
外貨MMF 外貨MMFはありません
海外ETF 海外ETFはありません
ボーナス関係 ボーナスははありません
総合評価 セゾン投信は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを利用した完全に長期運用専用会社です。そのため他の商品は一切取り扱わず長期投資に適したファンドが2つだけあります。よって長期ほったらかし投資をしたい人にとっては最適であり、したくない人には一切向いていない極端な会社です ★★★★

セゾン投信はどんな人に向いているか?

・ 給料が振り込まれる銀行口座から積立をしたい人
セゾン投信の最大の魅力でもある積立制度は、3大メガバンクや郵貯銀行などの銀行口座に対応しています。ですから給料が振り込まれるそれらの銀行口座から、直接セゾン投信へ投資信託の積立を自動ですることができます。

・ ほったらかし投資をしたい人
世界中のあらゆる資産へ分散投資できる 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」 は、このファンドだけでリスク分散もバランス投資もできるので私たちがわざわざポートフォリオを考える必要がありません。ファンドがリスク分散やリバランスをしてくれるので、こちらがやることは全くありません。まさしく ”ほったらかし投資” です。こちらがやる事といえば、一年に数回チェックすることや銀行口座にきちんとお金を入れておくことぐらいです。

・ まだ若く、長期運用を考えている人
セゾン投信はほとんど、完全にともいっていいほど若い人のための投資信託会社です。取り扱っている投資信託は世界全般に分散投資し、リスク分散もバランス投資できる優秀なファンドです。適度にセミナーも開催されているので、これから投資について勉強していきながら長期投資を考えている若い世代にとってはこれ以上最適な会社はないのです。特にセゾン投信の顧客分布では30代以下の投資家が非常に多いということです。ある程度頭が切れる若い方は懸命な選択をしているのです。

・ 未成年の方
セゾン投信は未成年でも投資ができる数少ない業者です。投資信託を買って資産形成をしたい未成年のかたには数くない選択肢の1つであり、実際利用している方は多いです。セゾン投信の発表によれば、未成年の方は全体における割合は低いものの、月額平均1万6千円を積立投資しています。頭が切れる若い方は懸命な選択をしているのです。

>> セゾン投信の資料請求はこちら <<
※ 口座開設はもちろん無料で1円もかかりません


セゾン投信はたった1つで世界分散投資が可能な万能投資信託!


セゾン投信の投資信託は、分散投資、リスク分散、リバランスを
全てやってくれる便利なものこれに積立しておけば、こちらがやることは何もない
セゾン投信のURL : http://www.saison-am.co.jp/




セゾン投信の詳細データ
会社名 セゾン投信
URL http://www.saison-am.co.jp/
設立 2006年6月12日
資本金 5億6000万円
株主・出資 クレディセゾン
投資信託の取扱数

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」

「セゾン資産形成の達人ファンド」

ノーロードの取扱数 2
積立制度
積立できる投資信託 2
積立の引き落とし日 毎月4日(買い付けは19日)
銀行口座からの積立
積立の形式 再投資のみ
独自ファンド 2つのファンド自体が独自的で特殊なもの
特殊ファンド 2つのファンド自体が独自的で特殊なもの
外貨MMF ×
海外ETF ×
ボーナス制度 特になし
セミナー 定期的セミナー、オンラインセミナーなど充実している
キャンペーン 特になし

投資信託サイトマップ

祝♪投資信託入門
勝ち組への頼もしいパートナー 定期預金から投資信託へ(貯蓄から投資の時代)
投資のプロが代わりに資産運用します プロがやってくれるのでとっても楽!
プロへ頼むことで世界へ投資できる! たった一万円からできる!
いろんなところへ分散投資してリスク分散! 儲けは2つあるのでダブルでお得!
例:運用に自信がない主婦 例:自分年金を作りたい年金生活者
例:国民年金より投資信託を選ぶ若者 例:忙しく時間のとれないサラリーマン
初心者の投資信託始め方手順♪
1. 投資信託が買える所を知ろう 初心者がやっちゃいけないこと
2 .初心者はまずココに口座を開くべし 郵便局で買うのはオススメできない
3 .自分の年代に合う投資信託を買うべし  
投資資金が無い人はモニターで稼いでみよう  
投資資金が無い人はFXのキャンペーンで稼ごう  
初心者にもおすすめな自動運用サービス
マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」
・ マネックス・セゾン・バンガードの 「MSV LIFE」 とはどんなサービスか?
・ 他のラップ口座サービスとの手数料比較
・ 「MSV LIFE」 でシュミレーションしてみた
・ 「MSV LIFE」 の感想と注意点
<経験者向き>ウェルスナビ「Wealth Navi ロボアドバイザー」
・ ノーベル賞アルゴリズムを使った世界分散投資
・ 業界初の自動積立リバランス、自動節税DeTAX
・ 30~50代の将来に不安のある世代におすすめ
<番外編>完全委託サービス
富裕層向け:ラップ口座 中流層向け:ミニラップ口座
<初心者編>覚えよう投資信託について
投資信託の種類と分類 まとめ!
投資信託を売っている4つの場所 3つの機関がある投資信託のしくみ
投資するのは日本にする?海外にする? アクティブ運用とインデックス運用
分配金をもらうか、再投資するか? 募集方法は2つある
投資信託のコスト(手数料) 投資信託のリスクとは
初心者向け:株式投資信託 初心者向け:債券投資信託
初心者向け:バランス型投資信託 初心者向け:公社債投資信託
初心者向け:MRF 初心者向け:MMF
初心者向け:ETF  
<中級者編>いろいろな種類があるよ
中級者向け:海外ETF 中級者向け:外貨MMF
中級者向け:REIT (不動産) 中級者向け:コモディティファンド
中級者向け:ファンドオブファンズ  
<上級者編>きわどい種類
上級者向け:新人アイドルファンド 上級者向け:音楽ファンド
上級者向け:ゲームファンド 上級者向け:オルタナティブファンド
上級者向け:ヘッジファンド 注目! 上級者向け:ワインファンド
上級者向け:ホテルファンド 上級者向け:BST(ボンドセレクトトラスト)
上級者向け:SRIファンド 上級者向け:グリーンファンド
投資信託会社徹底分析(会社選びで差がついてしまう!)
投資信託販売会社一覧
<万能型>楽天証券 <万能型>SBI証券
<銀行型>楽天銀行(イーバンク銀行) <数量型>投信スーパーセンター
<積立型>カブドットコム証券 <積立型>マネックス証券
<ぼったくり型>ゆうちょ銀行  
投資信託の直販会社
セゾン投資、ひふみ投信、コモンズ投信、どれを選べばいいか?ざっくり判別!
海外投資して日本リスク軽減、為替差益リターン → セゾン投信
やっぱり日本株、低コスト、積極的で新興市場リターン → ひふみ投信
少ない日本企業でなが~く低リスクで行きたい → コモンズ投信
<海外型>セゾン投信 Global!
セゾン資産形成の達人ファンドがR&Iファンド大賞  
<優秀型>ひふみ投信 Hot! <長期型>コモンズ投信 New!
ひふみ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
ひふみ投信とはどんな会社か
『ひふみ投信』 の投資信託の分析・解説
ひふみ投信の 『くるみ口座』 とはどんなサービスか
ひふみ投信の注意点とは
ひふみ投信にオススメの人
ひふみ投信の総合評価
コモンズ投信の会社からファンドまで全てを評価、解説
コモンズ投信とはどんな会社か
コモンズ投信の 『コモンズ30』 とはどんな投資信託か
コモンズ投信の 『こどもトラスト』 とはどんなサービスか
コモンズ投信の注意点とは
コモンズ投信にオススメの人
コモンズ投信の総合評価
【特集】 セゾン投信様との対談取材を行いました!
セゾン投信対談その1 : 日本の将来は悲観的 セゾン投信対談その4 : ファンドに対する疑問について
セゾン投信対談その2 : 投資必要性とリスク セゾン投信対談その5 : どんな世代がいくら投資してる?
セゾン投信対談その3 : セゾン投信の魅力  
選ぶのに迷ったらこんな選択をオススメします
投資信託を選ぶときの鉄則
低資金からの自分年金作り
月1万円からの自分年金 月3万円からの自分年金
世代別からの自分年金作り
<未成年>10代からの自分年金プラン <若者層>20~30代からの自分年金プラン
<中高年>40~50代からの自分年金プラン <シニア>60代以降からの自分年金プラン
ここがヘンだよぼったくり投資信託!
ゆうちょ銀行は宝の持ち腐れ 定期預金と投資信託のセット
同じ投資信託でも手数料が違う理由 ファンドオブファンドオブファンズ(FOFOF)
超ぼったくりの外貨預金 店頭証券は貧乏人からぼったくるのがお仕事
世界にはこんな有望国がある!
BRICs (21世紀の超大国)
ブラジル Brazil : ブラジルへの投資方法 ロシア Russia : ロシアへの投資方法
インド India : インドへの投資方法 中国 China : 中国への投資方法
VISTA (成長著しい)
ベトナム Vietnam : ベトナムへの投資方法 インドネシア Indonesia : インドネシアへの投資方法
南アフリカ SouthAfrica : 南アフリカへの投資方法 トルコ Turkey : トルコへの投資方法
アルゼンチン Argentina : アルゼンチンへの投資方法  
MENA、MEDUSA(オイルマネーで潤う)
マレーシア Malaysia : マレーシアへの投資方法 エジプト Egypt : エジプトへの投資方法
UAEのドバイ首長国 DUbai : ドバイ(UAE)への投資方法 サウジアラビア SAudiarabia : サウジアラビアへの投資方法
NEXT11 (ちょっと微妙・・)
投資信託のQ&A
個人向け国債、日本国債ファンドどれがお得? ETF と ファンド はどっちがお得?
外貨預金、外貨MMF、BST、FX、結局どれがいいの? 72のプリンシプル(72の法則)って何? 
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!