海外移住先でかかる生活費

各コンテンツのショートカット

海外移住先でかかる生活費

class

class

class

class

海外移住先でかかる生活費

海外移住では月5~10万円あれば豊かな生活がおくれるという情報があり、年金だけで優雅な生活ができるという情報があります。しかしそれは一定の条件を満たす必要性があります。月数万円で生活ができるというのは結局のところ ”生活はできる” だけです。その生活は後進国レベルのものであり、日本のような先進国の生活を送りたいとなれば多くの経費がかかります。移住先として人気のあるアメリカ、カナダ、オーストラリア、欧州などは先進国ですがその分物価は日本と変わりません。むしろ日本より高いところもあります。物価が安い東南アジアといっても、前述のとおり先進国並みの生活をするとなると月数万円では全然足りません。

ネパール:後進国、月3万円で生活はできる。それだけ。

フィリピン:発展途上国、現地人は月5万円で生活しているが、それは後進国の生活。先進国並みの生活をするとなると、いろいろな経費がかかる上に、防犯が必要なためセキュリティに資金がかかる。実際は月に15万円以上はかかる。人件費は安いので介護のために人を雇い、1日8時間働いてもらって月3万円。首都マニラには外国人の特区がある。将来的な物価上昇リスクあり。

マレーシア:発展途上国、物価は日本の3分の1。首都クアラルンプールは家賃4万~7万円でプール付きの家に住めます。豪邸とは行かなくても月15~20万円あれば十分な暮らしができます。政治は安定していて、治安も悪くありません。年間の平均気温は26度で日本の夏より過ごしやすい、ただし四季はない。医療現場の技術も高く、保険が使えて、日本語が使える病院もたくさんある。将来的な物価上昇リスクあり。

オーストラリア:先進国、もともとインフレしやすい国の上、物価は高い。シドニーは世界一物価の高い都市とも言われる。またオーストラリアは国自体は広いが、人口の大半は湾岸部の都市に集中している。よって世捨て人の覚悟をもって田舎に行く以外は、高い物価のところで暮らさざるを得ない。

ハワイ:先進国、島のため輸入に頼るため物価は高い

h3の内容がここに入ります

 

h3の内容がここに入ります

 

h3の内容がここに入ります

 

h3の内容がここに入ります

 

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!