日本の国家破綻、財政危機のTOPページへ戻る

ショートカット 今の日本は誰の目にも明らかな財政問題を抱えています。国地方合わせた借金の総額は1,000兆円という天文学的な数値を超えてまだ上昇中です。こんな借金返せるはずがなく、新たな借金で借金を返す自転車操業の状態です。しかしそんな状態がいつまでも続くはずもなく、いつかは終焉を迎えます。その時なにが起こるのか?

考えられるのは国家が破産して債務不履行:デフォルトする事態や、通貨の信用がなくなり物価が急上昇するハイパーインフレの状態、さらに天文学的な借金を国民の金で帳消しにする預金封鎖:預金税といった信じられないようなことが起こりかねません。

かつて第二次世界大戦が終了し、敗戦した日本はハイパーインフレに襲われ国家も破綻し預金封鎖によって国民の財産を没収しました。このような ”前例” もあり、これからの日本は財政危機に陥った時、再びこのような悪行を行う可能性があるのです。預金封鎖など、起きてしまってからでは手遅れになるため、普段からしっかりと対策をしておかなければいざというときに泣くことになります。

<国家破産>

└ 国家破産、デフォルトに関して

<ハイパーインフレ>

└ ハイパーインフレに関して

<預金封鎖>

└ 預金封鎖、財産没収に関して

<危機への対策>

└ 国家破産、ハイパーインフレ、
└ 預金封鎖、日本の危機への対策







財政危機、国家破綻(デフォルト)
国家破産:デフォルトとは何か 世界のデフォルト(債務不履行)国一覧表
日本の破綻は既定路線?ネバダ・レポートとは? アルゼンチンの国家破産の事例
物価破壊のハイパーインフレ
ジンバブエの超ハイパーインフレ  
財産強制没収の預金封鎖
自分のお金が下ろせない?預金封鎖とは? 預金封鎖を回避し世界1位の資産家になった森泰吉郎
日本は戦後直後に預金封鎖をした前科がある!
預金封鎖の事例 (過去の話ではない!現代でも起こりうる!)
過去に預金封鎖や預金税を検討したケース
イタリア王国時代60年国債の強制購入
チェコスロバキアの最大30%財産税徴収
 
アイスランドの預金封鎖と国家破産の事例 キプロスの金融危機と預金封鎖とビットコイン
日本破綻危機(クライシス)への対策
日本円だけで資産をもたず外貨を持つべし、外貨取引を始めよう
月1万円からでもいい、全世界に分散投資して日本リスクを下げよう
インフレに備えて実物資産を持つべし、永久不滅の 「金:GOLD」 を買おう
日本の政府のコントロールが及ばない海外口座で増やしてみよう
これからは人間よりもロボット!ロボットに資産を運用してもらおう
政府の管理が及ばないビットコインに資産を逃避させてみよう
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!