自分のお金が下ろせない?政府による強制徴収、預金封鎖とは一体

預金封鎖は起こってほしくない出来事

あなたは預金封鎖を知っていますか?

おそらく預金封鎖を知っている方は多くないでしょう。できれば知らずして人生を過ごせればそれに越したことはないのですが、今の時代にはいつ何が起こるかわかりません。この預金封鎖は、できれば起こってほしくない出来事ですが、将来の日本に無関係とはいえないのです。では預金封鎖とは何か?文字の通りがそのままの意味になっています。そう、預金が封鎖されるのです!

預金封鎖とは自分の預金が突如封鎖されて、引き出せなくなること

ウィキペディアによると預金封鎖はこのように説明されています。

預金封鎖・・・預金封鎖とは銀行預金などの金融資産が凍結されることを指す

政府による預金封鎖・・・政府において、財政が破綻寸前になった場合、銀行預金などの国民の資産を把握して、資産に対して税金を掛けて政府収入にあてることで、破綻から免れようとすることがある。また市場に出回った通貨の流通量を制限し、インフレを金融政策で押さえる方法として実施される場合がある。その際通貨切替をして旧通貨を無効にし、市場通貨を金融機関に回収させる方法がとられることがある。この場合にも預金封鎖が行われる。

日本で行われた預金封鎖・・・日本では1946年戦後のインフレの中、新円切替が施行されると同時にこの方法が実施された。この封鎖は封鎖預金と呼ばれ、第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けられ、引き出しが完全にできなくなるのではなく、預金者による引き出し通貨量の制限や給与の一部が強制的に預金させられるなど、利用条件が設けられた。封鎖預金からの新円での引き出し可能な月額は、世帯主で300円、世帯員は1人各100円であった。1946年の国家公務員大卒初任給が540円であり、それを元に現在の貨幣価値に換算すると、世帯主が約12万〜15万、世帯員が1人各4万弱まで引き出せる。学校の授業料は旧円での支払いが認められていたが、生活費には新円を使うこととなった[1]。最終的に第二封鎖預金は切り捨てられる形となった。

そう、預金封鎖とは自分の銀行預金が突如封鎖されて、引き出すことができなくなってしまうのです。主に政府が国民の資産を強制的に徴収する方法として用いられます。上記のように日本も1946年の戦後直後に預金封鎖を行った前科があります。一体なぜ預金封鎖を行ったのか?そのとき国民のお金はどうなったのか?預金封鎖への対策はどうすればいいのか?次ページの 「日本は戦後直後に預金封鎖をした前科がある!」 を観てみましょう!

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!