高額な公共料金や税金はクレジットカード払いにすべき

公共料金はクレジットカード払いにできる

みなさんの生活にかかせない電気や水道、通信費などの公共インフラ料金。節約を心がけた人にとっては、その料金はいかに削ることができず、いかにたくさんのお金を費やしていることに気づくことでしょう。この高額な料金・・・せっかく払うのだから、何かお得な方法はないかな~と考えてしまいませんか?それがあるんです。そう、クレジットカード払いにすると普通に現金払いや口座振替にするよりも非常にお得な支払いをすることができるんです!

【こんなにかかってる公共料金】
一口に公共料金といってもその種類は様々ですが、クレジットカード払いできる料金で挙げるとすると電気、ガス、水道、はもちろんのこと電話やインターネット料金、携帯電話料金、NHK、などがあります。この公共料金の1年の総額を計算したことがありますか?各家庭によって千差万別ですが、相当な金額になっています。例えば電気代は、エアコンの使用量によって相当高くなります。毎年猛暑ですので電気代が跳ね上がっていますよね。1人暮らしならともかく家族がいる世帯なら月1万円は軽く超えます。ガスや水道なども月5,000円ぐらいになりますし、NHKや新聞、インターネットプロバイダや電話料金で2万ぐらい、携帯電話なんか1人1台もっていれば月1万円が人数分かかってきますよ。少なめに見積もって月5万円ぐらいに抑えたとしても、年間でなんと60万円も超える金額になっています。家族が多い家庭などでは100万円ぐらいいっているところだってあります。

※家族4人での支払総額仮計算
電気料金 10,000
ガス料金 5,000
水道料金 5,000
電話料金 3,000
携帯電話 10,000×4
新聞代 3,500
プロバイダ 6,000
NHK受信料 月単位1,345

合計 73,845 × 12 = 886,140

クレジットカード払いにするメリット

【支払った額の何%がポイントで戻ってくる】
なんといってもクレジットカード払いにするメリットはポイント制度です。クレジットカードというのは使った料金に対して、0.5~2.0%ぐらいがポイントとして戻ってくるのです。そのパーセンテージは還元率と言われています。例えば上記の年間60万円の支払いをクレジットカード払いにして還元率が1.0%であったら、なんと6,000円ものポイントです。2.0%なら1万2,000円ですよ!これが現金払いやただの口座振替だったら1銭も得をしません。クレジットカード払いにするだけでこんなにお得なんです!

【手間がかからない】
これは口座振替にも言えることですが、カード払いにすることによってわざわざ銀行や郵便局に出向いて支払う手間がなくなります。特に平日しかやってない銀行や郵便局に行くのは、仕事をしている方にとっては面倒なことですね。さらに自動で支払うシステムなので、万一払い忘れていた時でも全然大丈夫です。口座残高さえ気をつけておけば支払い忘れがなくなります。

【手元に現金がなくても払える】
クレジットカードは後払い式の支払いです。毎月の支払い総額が、だいたい月末のある日にまとめて口座から引き落とされます。そのため、もし手元に現金がなくてもカード上では支払ったことにできるのです。毎日、毎週お金を用意するより、まとめてやってくれたほうが都合もつきやすいですね。どうしても金の都合がつかなかった時なども便利です。お金がないのに支払うなんて・・・と躊躇する人もいるかもしれませんが、引き落とし日にさえお金を用意できていればよいのです。さらにカードにはリボ払いといって、毎月一定額を分割支払いすることもできます。要は使いようです。

クレジットカード払いにするデメリット

【口座振替割引が使えない】
クレジットカード払いにすると、当然ですが口座振替割引制度があるところではそれが適用されません。数少ないデメリットの1つです。しかし口座振替割引額はせいぜい数百円程度です。クレジットカード払いのポイントなら年間数千円はお得になりますので、結局両者を比較すればクレジットカード払いの総勝ちになります。もともと口座振替割引も結局はとりっぱぐれがないように囲い込みをするために作ったものであり、クレジットカードで同じく囲い込みができるなら、あちらも歓迎してくれます。

【還元率の低いクレジットカードだと意味ない】
当然ですが、クレジットカード払いの最大のメリットは支払った金額の数%がポイントなどで戻ってくるところです。その還元率が低いクレジットカードだと戻ってくるポイントも微々たるものになってしまうので、下手をすると口座振替割引のほうが得だったということになりかねません。まぁめったにありませんが、クレジットカードの中にはそういった還元率が非常に低いものもあるのでカード選びには慎重にならないといけません。そんなわけで還元率が最もいいのが漢方スタイルカードですね。還元率はなんと2%に肉薄する豪華さ、ボーナスも多いです。楽天市場を使っているなら安定してキャンペーンがむちゃくちゃ多い楽天カードもオススメです。

還元率で選ぶならこのカード!漢方スタイルクラブカードの還元率は1.75%!
さらに獲得ポイントに応じて豪華なボーナスポイントも追加プレゼントされる!

>> 還元率業界ダントツ1.75%の漢方スタイルクラブカードへ <<

楽天カードはキャンペーン豪華。カード作るだけで2,000~5,000ポイントもらえる
楽天カード
>> キャンペーンでポイントが2倍、3倍になる 楽天カード <<
 

税金や保険料だってクレジットカード払いにできる

上記まで公共料金に的をしぼってきましたが、なにもクレジットカード払いにできるのは公共料金だけではありません。今や店頭はもとよりネットショッピングでもほぼ100%でクレジットカード払いに対応しています。よっぽど古いお店や田舎、時代遅れのところ以外ではクレジットカードが使えます。空港や電車だってクレジットカード払いにできるのです。そういった日々の消費金額をもクレジットカード払いにまとめていったら、支払総額にちょっとびっくりするのと同時に大量のポイントも戻ってきてさらにビックリするでしょう。

そしてクレジットカード払いの極めつけが税金支払です。人の一生で一番大きな出費は車でも家でも子育てでもありません。税金です。特に金持ちになればなるほど税金の支払総額は増えていきます。そんな税金ですが最近は動きの遅いお上も動き出していて、なんと税金もクレジットカード払いにすることができるようになってきているのです。向こうにとっても手間もかからず、徴収率もいいのでカード払いに積極的なのです。金持ちの人には年間の税金が100万円とか、1,000万円とかになります。利用するとしないでは雲泥の差になってしまいますね。

ただし気を付けなければいけないのは、クレジットカード会社によって税金の扱いが変わっており、税金の支払はポイント対象外になっているところがあるのです。実は結構税金のクレジットカード払いにはポイントをつけないというところが多いのです。せっかく大量の支払いをクレジットカード払いにしてもポイントがつかなければあんまり意味がありませんね。そこで一押しなのが、ファミマやTSUTAYAで使えるTポイントカードです。なんとこのTカードは税金や保険料の支払いに幅広く対応しているのです。自動車税や固定資産税、住民税、さらには国民年金保険料や国民健康保険料などにもポイントがつくのです。税金の支払いにポイントがつくのは実はここのカードぐらいしかありません。是非もっておくべき、税金の支払いに頭を悩ませている人は絶対にもっておくべきカードなのです!


>>TUTAYAを使う人ならツタヤのTカードプラス(無料)<<



>>ファミマ使うならファミマTカード(無料)<<

Tポイント対象になる各種代金
【電気料金】
東京電力,関西電力,中部電力,九州電力,中国電力,北陸電力,沖縄電力,東北電力,四国電力,北海道電力  
【ガス料金】
東京ガス,大阪ガス,東邦ガス,千葉ガス,レモンガス・プロパンガス,西部ガス,広島ガス,大多喜ガス,仙台市ガス局,静岡ガス,京葉ガス,若松ガス,日本海ガス,中部ガス,四国ガス など  
【電話料金】
NTT,KDDI, ソフトバンクテレコム, NTTコミュニケーションズ,NTTドコモ,au,ソフトバンクモバイル,ウィルコム,ブラステル国際電話  
【水道料金】
尼崎市水道局,さいたま市水道局,大阪市水道局,神戸市水道局,横浜市水道局,川崎市水道局,桐生市水道局,川西市水道局,守口市水道局,西宮市水道局,神奈川県企業庁水道局,伊丹市水道局,明石市水道局,福岡市水道局,三鷹市水道局,高崎市水道局,四日市市水道局,東京都水道局,八尾市水道局,大東市水道局,長崎市水道局,多摩都営水道局,千葉県水道局,京都市水道局,北九州市水道局,四條畷市水道局,いわき市水道局,名古屋水道局,福島市水道局,前橋市水道局,広島水道局  
【税金】
自動車税,軽自動車税,固定資産税(都市計画税),住民税,国民年金保険料,国民健康保険料(税)  
【通信販売】
千趣会,ムトウカタログ,ニッセン,イマージュ,ファンケル,セシール,ベルーナ,ワコール,オルビス,エイボン,カタログハウス,オットー・ジャパン  
【クレジット】
ジャックス,オリコ,アプラス,ライフ,セディナ,クレディセゾン,九州日本信販,ファインクレジット,山陰信販,トヨタファイナンス,JCB,ファミマクレジット,全日本信販,イオンクレジット,三菱UFJニコス,楽天KC
【その他】
みずほファクター,リコーリース,SMBCファイナンス,デジタルチェック,電算システム,三菱UFJファクター,りそな決済サービス,損保ジャパン,ウェルネット,NHK放送受信料,地銀ネットワークサービス,スマートピット収納,ヤマトフィナンシャルサービス,NTTデータ,ヤマト開発システム,クリアパス など
詳細(ファミマHP)

 

同ジャンルのリンク

このキャンペーンを利用すれば無料で現金500000円GETできます
現金をプレゼントしてくれる業者がたくさんあること知ってますか?

カードサイトマップ

祝♪カード社会入門
クレジットカードとはどういうものか? 時代は現金よりクレジットカード払いへ
クレジットカード所持のメリット クレジットカード所持のデメリット
現金よりカード払いがお得な「ポイント制度」 デビットカードなら借金と無縁
カード大国アイスランドはすごい  
カードには盗難補償があり安心して使える カード地獄に陥るのはバカだけ
<クレジットカードの賢い利用法>
Edyでチャージと利用でポイントを2重取り 国民年金クレジットカード払いで得する方法とは
公共料金のクレジットカード払いはお得だよ 三井住友VISAカードの顧客保証神対応
初心者のクレジットカード始め方手順♪
1. カードを作ってみよう! 初心者がやっちゃいけないこと
2 .ネット申し込みがお得 学生の特権:学生カード
3. 審査するのはあなたを守るため 高校生ok:無審査のカード
last. さあ電子マネーの世界へ! ★裏ワザ:カード作って確実に10万円
<各クレジットカード分析>
ライフカード:誕生月がボーナスいっぱい 楽天カード:楽天利用者には最適
   
   
   
クレジットカードのQ&A
クレジットカードの審査はどこを見られるか 法人カードの名義人は一体誰になるのか
空港で使えるプライオリティパスとは  
クレジットカードの情報
限度額無制限、選ばれし者だけのブラックカード  
<電子マネー>
コンビニや電車では電子マネーの時代 電子マネー支払いのほうがお得
携帯電話のモバイル電子マネー  
<電子マネーの種類>
各電子マネーの比較
セブングループ : nanaco イオンで使える : waon
前払い式電子マネー : iD 使用範囲が多岐 : Edy
JRにタッチだけで使える : Suica  
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!