空港で使えるプライオリティパスは楽天プレミアムカードでの取得がお得

VIPラウンジが使えるプライオリティパス

クレジットカードの上位ランクにはプレミアムカードやブラックカードといったものがあり、それらには空港で使えるプライオリティパスを利用できるサービスが付属しているものがあります。このプライオリティパスというのは一言で言えば、空港に有る豪華なVIPラウンジを使えるサービスってことです。空港では乗り継ぎなどがある国際線などでは待ち時間が普通に何時間とあります。そこでこういったラウンジを使うことで、バイキング形式の食事ができたり、ソファーに座りパソコンで仕事したり一息ついたり、場所によってはシャワーなどもあるので本当に休憩することができます。

・700ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用世界120ヵ国400以上の都市で利用可能。

・ほとんどのラウンジには、電話、ファックス、電子メール、インターネット接続の設備が整っており、会議室を備えたラウンジもございます。 

プライオリティパスの通常利用料金

そのプライオリティパスですが普通に会員になると結構なお値段がかかります。

・ スタンダード:年会費99米ドル。利用毎に27米ドルが必要。
・ スタンダードプラス:年会費249米ドル。年10回まで無料で利用可能。
・ プレステージ:年会費399米ドル。利用料金無しで無制限に利用可能。  

上記のように料金設定されており、一番高いプレステージでは利用毎ごとに料金はかかりませんが、年会費として400ドルほどがかかってしまいます。円安の今では5万円近くにもあり、決して安い会費ではありません。その利用券をクレジットカードを持っているだけで持つことができるというのでお得なのです。特に楽天プレミアムカードでは年会費が1万円程度なのにプライオリティパスのプレステージ会員になることができます。つまり1万円の年会費コストで、5万円相当の会員サービスを受けられるというわけなのでこれだけを見ると非常にコストパフォーマンスがよいカードとなっています。

プライオリティパスと国内空港ラウンジ

楽天プレミアムカードでは世界各国のプライオリティパスが使える上に、国内の空港ラウンジも使うことができます。ただし国内の空港ラウンジはプライオリティパスと比較するとサービスや設備の質が圧倒的に違いますので、両方を選ぶところではわざわざ国内空港ラウンジを使うことはないでしょう。

おすすめが楽天プレミアムカード

年会費1万円で5万円以上の価値のあるプライオリティパスが使える楽天プレミアムカードですが、それなりに年会費はかかりますしポイント還元率が高いのは楽天グループでのショッピングだけというイメージが強いです。さらにプライオリティパス自体も自動で付属するわけではなく、こちらから能動的に申し込みを行わないと発行はされません。もちろん申し込みをしたからといって5万円かかるわけではなく、プレミアムカードを保有していればプライオリティパスの発行は無料になっています。

基本的にプライオリティパスは楽天プレミアムカードとは別カードとして発行されます。ラウンジを利用するときはプレミアムカードとは別にプライオリティパスカードを持って提示しなければなりません。またプライオリティパスの有効期限は2年間であり、期限が切れるとそのカードでの利用はできなくなります。もちろん再申し込みをすれば再発行されるので楽天プレミアムカードを保有している限りは利用し続けることができます。

注意点としてはVIPラウンジを利用することができる権利をもっているのは本人だけということです。同伴者や家族などは有料となり1人あたり27USDがかかります。プレミアムカードの家族カード(年会費5,400円)を申し込んでも、 プライオリティパスは貰えませんので注意。 家族でプライオリティパス狙いなら、別途楽天プレミアムカードを申し込みましょう。 ちなみに上位カードである楽天ブラックカードであれば同伴者や家族2名までならプライオリティパスを利用することができます。ただこのブラックカードはこちらから申し込みできるものではなく、カード会社からのインビテーションのみで取得できるため、容易に取得できるものではありません。条件も楽天カードにて年間400~500万円の利用を継続的に行っているVIPな方が対象となっているので、狙って取るのは難しいでしょう。

楽天プレミアムカードのデメリット

プライオリティパスを利用する上ではメリットが多い楽天プレミアムカードですが、もちろんデメリットもあります。第一にプライオリティパスは空港をよく使う人でないとそれを享受できませんので、空港を利用することが殆ど無い方にとっては取得する意味がうすくなってしまいます。

他にはコールセンターの質が悪いという話もよく聞きます。利用者が多いため回線がしょっちゅうパンクして全然つながらないとか、一度つながっても別部門にまわされてからもっと待たされたとか、利用者が多いところは必然的に悪い話の絶対数も多くなりやすくはなりますが、繋がりにくいことは確かです。

またサービスの内容がしょっちゅう変わることもあります。いろいろメリットが多いカードですが、以前は楽天トラベルの利用にて国内宿泊の優待サービスがあったり、1500円の割引サービスなどがありました。しかし急にサービスを改悪するなど突拍子にコロコロ内容が変わって行くのでコールセンターの方も全部認識していないことはざらです。

また家族カードの利用にもあまりメリットがありません。5,400円という家族カードの割に高い年会費がかかりながら、プライオリティパスは利用できません。他のサービスも本人限定の物が多いため、家族持ちが利用するよりも一人の方やビジネス利用で使うのに特化したカードと言えるのかも知れません。

楽天プレミアムカード
>> 楽天プレミアムカードの申し込み <<

楽天プレミアムカード

同ジャンルのリンク

カードサイトマップ

祝♪カード社会入門
クレジットカードとはどういうものか? 時代は現金よりクレジットカード払いへ
クレジットカード所持のメリット クレジットカード所持のデメリット
現金よりカード払いがお得な「ポイント制度」 デビットカードなら借金と無縁
カード大国アイスランドはすごい  
カードには盗難補償があり安心して使える カード地獄に陥るのはバカだけ
<クレジットカードの賢い利用法>
Edyでチャージと利用でポイントを2重取り 国民年金クレジットカード払いで得する方法とは
公共料金のクレジットカード払いはお得だよ 三井住友VISAカードの顧客保証神対応
初心者のクレジットカード始め方手順♪
1. カードを作ってみよう! 初心者がやっちゃいけないこと
2 .ネット申し込みがお得 学生の特権:学生カード
3. 審査するのはあなたを守るため 高校生ok:無審査のカード
last. さあ電子マネーの世界へ! ★裏ワザ:カード作って確実に10万円
<各クレジットカード分析>
ライフカード:誕生月がボーナスいっぱい 楽天カード:楽天利用者には最適
   
   
   
クレジットカードのQ&A
クレジットカードの審査はどこを見られるか 法人カードの名義人は一体誰になるのか
空港で使えるプライオリティパスとは  
クレジットカードの情報
限度額無制限、選ばれし者だけのブラックカード  
<電子マネー>
コンビニや電車では電子マネーの時代 電子マネー支払いのほうがお得
携帯電話のモバイル電子マネー  
<電子マネーの種類>
各電子マネーの比較
セブングループ : nanaco イオンで使える : waon
前払い式電子マネー : iD 使用範囲が多岐 : Edy
JRにタッチだけで使える : Suica  
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!