限度額無制限、コンシェルジュ、VIPサービス、選ばれし者だけのブラックカード

カードの最上級:ブラックカードとは

クレジットカードはカードの色によってプレミアムの度合いが異なることは有名です。標準のカードは緑色や青色などの原色系、ちょっとクラスが上がるとシルバーやゴールドなど金属系の色となりリッチ度合いが増します。しかしそれよりもさらにグレードが上なのが黒のカード、通称ブラックカードと言われるものです。そのイメージどおり限度額無制限、選ばれた者しか使えないなどハイグレードを通り越して雲の上のようなレベルに扱われるブラックカード。実はいろんな会社がブラックカードを発行しています。

もともとはクレジットカードの代名詞企業である「アメリカン・エクスプレス社」(American Express)が、1999年にアメリカで、2002年に日本で最初に発行したプレミアムカードを超えるカードが元となっています。 この時、カードの色がブラック(黒色)であった為に、ブラックカードとの呼び方が世の中に浸透していきました。カードの申し込みは顧客に対しては行われずにカード会社のほうから条件を満たした人だけにコンタクトがあり、それがあればブラックカードをもつことができるようになります。その条件はカード会社はほぼ明かしてはおらず、トップシークレットにもなっていますがお金持ちであるということは最低条件です。またイメージではブラックカードは限度額無制限のカードと言われていますが、実際はカード所有者の年収や資産に応じて個別に限度額が設定されています。ただお金持ちの上限のためその額は大きなものとなっており、それが限度額無制限のイメージにつながっているのです。

アメリカンエキスプレスのブラックカード

アメリカンエキスプレス、通称アメックスには、税別年会費が1万2000円のグリーン、2万9000円のゴールド、13万円のプラチナと、一般向けに3種類のカードが発行されています。その中でもセンチュリオンカードは、現在の税別年会費が35万円という、正真正銘の最高峰ブラックカードになっています。入会金も50万円以上かかります。このアメックスセンチュリオンカードはなんと利用限度額が無制限と言われており、当然こちらから申し込みをすることはできずにアメックスからのインビテーションによってのみ取得が可能となります。条件としては年収は最低でも1000万以上であることはもちろんのこと、その年収の30%以上をカード決済している実績が必要だと言われています。しかし正確な条件は非公開になっています。また限度額無制限ではありますが本当は個別の資産状況においてちゃんと限度額は設定されているみたいです。この限度額はカードの決済額が多ければ自動的に利用限度額も拡大していきます。

※ちなみにセンチュリオンとは古代ローマ兵士(重装歩兵)の「百人隊長」のこと(ラテン語で「CENTURIO(ケントゥリオ)」です。

【特徴】
センチュリオンブラックカードのポイント・プログラムのメニューに「宇宙飛行」や「アルファロメオ」が並んでいます。ただのポイントプログラムの中に宇宙旅行があるのだから驚きです。もちろん安く行けるわけもなく、宇宙旅行には2200万ポイント、アルファロメオを手にするには500万ポイントを貯めることが必要です。アメックスカードのポイント還元率は100円の利用につき1ポイントなのだから、2200万ポイントなら22億円、500万ポイントでも5億円分の利用が必要になるわけです。要はそれくらいの利用が普通に行える資産を持った方でないと相手にされないわけです。

他にもプライベート秘書的な役割を果たしてくれるセンチュリオン・パーソナル・コンシュルジュ、飛行機のアップグレード(同伴者は年4回まで無料)、提携ホテルの宿泊はスイートルームへ無料でアップグレード、空港ラウンジのVIPルーム利用が可能、ジェット機のチャーターが可能、数億円の海外旅行障害保険など、そのサービスの充実具合はまさに最高峰というべきものばかりになっています。

【主な特典】
・航空券の無料グレードアップ
・世界中の空港のVIPラウンジの利用権(プライオリティパス)
・最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
・パーソナル・コンシェルジュ付き(24時間対応)
・プロ野球やサッカーなどVIP観戦
・ホテルのアップグレード
・会員制のスポーツクラブ、ゴルフクラブの利用
・ジェット機チャーターなど

ダイナーズクラブのプレミアムカード

外資系のカード会社としてアメックスとともに有名なダイナーズクラブにもブラックカードに相当する特別なカードがあります。それがプレミアムカーです。こちらのカードは他ブランドのブラックカードとくらべても比較的入手しやすいブラックカードだとも言われています。

本来は審査が厳しいことで有名なダイナーズクラブですが、現在日本市場を重視していることもあってプレミアムカードの会員獲得にも力を入れています。入会金は無料で、年会費はわずか5万円、アメックスの7分の1にすぎません。アメックスが入会金と年会費で80万円近くかかるのを考えると、その格安さが際立ちます。それにもかかわらずサービスは劣っておらず利用限度額は無制限、プライベート秘書のコンシェルジュサービスや億単位の旅行保険、高級レストランや料亭の優先利用権、などの豪華なサービスを利用する権利を持つことができます。またダイナーズクラブは旅行のサービスにも力を入れており、トラベルサービスとしては、国内30カ所、世界120カ国600カ所以上の空港ラウンジの無料利用や、「空港送迎タクシー」サービス、そして手荷物の宅配サービスなども用意されています。

プレミアムカードには通常のポイント・プログラムの他に、年間利用金額100万円ごとに1万ポイントのボーナスポイントが加算される「ボーナスポイント・プログラム」も用意されています。ポイント還元率は1%ですの年間500万円の利用で5万円の年会費の元を取ることができるわけです。もちろん年間500万円の利用が現実的であるクラスの方でないと相手にはされないでしょう。

現在のところ固定費だけで年間100万円近くかかるアメックスや、審査が厳しいと言われるJCB、VISAと比較してダイナーズクラブのブラックカードは比較的取得しやすいともいわれています。富裕層への二大ブランドとしてのアメックスのライバル心や日本市場の開拓などの思惑も重なって、会員を増やしたい今の時期だからこそ狙い目なのかもしれません。

JCBブランドのブラックカード

日本ブランドであるJCBにもブラックカードに相当するカードが発行されています。それがJCBゴールドの上位版であるJCBゴールド ザ・プレミアの更に上位である 「JCB THE CLASS」 になります。こちらも他のブラックカードと比較して条件が若干ゆるやかになっており、年会費はわずか5万円でアメックスよりもはるかに安くなっています。ただしこちらからは申し込みをすることはできず、JCBからのインビテーションを待つ形は変わっておりません。しかもそのインビテーションが来る条件はかなり厳しく設定されているようです。利用限度額は珍しく明示されていて、最低350万円の利用になっています。もちろんこれも個人の資産条件や利用実績によって拡大されていきます。ちなみに以前は入会条件が提示されていました。その時の条件は以下のようになっていました。

JCB会員でない方 年齢40歳以上、
自家保有で年収1,500万円以上、
資本金5,000万円以上の企業に10年以上継続勤務の役員・管理職の方
(自営の方は、営業年数10年以上の経営者)
JCB会員の方 年齢40歳以上、
年収1,200万円以上で、
勤続年数10年以上の役員・管理職の方
(自営の方は、営業年数10年以上の経営者)
かつJCB入会歴3年以上、
年間100万円以上のショッピング利用実績が2年以上
JCB会員規約を遵守されている方

 

プライベート秘書的なサービスが受けられる 「24時間対応コンシェルジュデスク」、世界に500カ所以上もある空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティパス」、 JCBが提携する有名レストランの所定コースメニューが、2名以上で予約した場合に1名分が無料となる「グルメベネフィット」、年1回会員限定で送られるカタログギフトの「メンバーズセレクション」など豪華なサービスがあります。中でもこの「メンバーズセレクション」にはお得なサービスがあり、東京ディズニーリゾート内でJCBがスポンサーになっている「ストームライダー」や「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のアトラクションアが待ち時間なしで利用できる「東京ディズニーリゾートJCBラウンジご招待券」が利用できる他、スイート・ルーム(宿泊代金30万円は実費)の優先権を得ることができます。

VISAブランドのブラックカード

クレジットカードの中で最も有名で最も使いやすいと言われる大衆イメージの強いVISAですが、VISAブランドにもブラックカードが発行されています。それがスルガ銀行の 「VISA Infiniteカード」 です。銀行のカードということでちょっとブラックカードのイメージとは異なる感じがしますが、スルガ銀行の高額預金者や住宅ローン契約者などの銀行の上位顧客むけに発行されているカードになっています。年会費は12万円とダイナーズやJCBよりもちょっと高めです。

カードのサービスの特徴としては、空港ラウンジの利用サービスなどのVISAプラチナカードの全特典が付いているほか、プライベート秘書サービスであるコンシェルジュサービス、提携している名門ゴルフ場の優先予約、といった優待サービスも用意されており、「Visa Infiniteトラベル」 には1組限定で1つの島をまるごと貸し切る「モルディブ4泊6日の旅」という非日常を体験できる特徴的なプランも用意されています。もちろんお値段はサービスではなく実費で300万円ほどかかっており、やはりこれくらいの出費を厭わないクラスの方向けに用意されたサービスであることがわかります。

MasterCardブランドのブラックカード

大衆イメージの強いVISAに続く有名なブランドであるMasterCard。こちらのブランドにもブラックカードに相当するものが発行されています。発行しているのは住信SBIネット銀行の子会社であるSBIカードであり、日本で発行されているMasterCardブランドのブラックカードになります。MasterCardの最高峰である 「WorldMasterCard」 を発行するのはSBIが日本初であり、そ年会費は15万円で、カードの表面に天然ダイヤモンドを使うなど非常に高級感のあるカードに仕上がっています。このブラックカードも他の例にもれず招待制であり、カード会社からのインビテーションがない限り取得することはできないようになっています。

カードのサービスとしても億単位の最高1億2000万円の国内・海外旅行の傷害保険や補償額1,000万円のショッピングカート保険、世界に500カ所以上もある空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティパス」(同伴者も利用可能)、提携保険の優待割引やホテルグレードのアップ、レストラン・旅館での優先予約や特別扱いなどの特典が受けられます。

楽天におけるブラックカード

楽天カードマン!CMで有名になった楽天カードですが、かなり大衆向けのカードにもかかわらずブラックカードに相当するカードも発行されています。年会費はわずか3万円で他の会社と比べても相当に安く、普通の方でも十分無理なく持つことができます。ただし制限も多くブランドはMasterCardのみ(楽天はVISAも使えるのに)、利用限度額も300万円~1000万円までと明確に定められており、他の会社のブラックカードとは明らかに違うものとなっており、ブラックカードというよりはプレミアムカードのちょっと上位版といった感じのカードになっています。また公式ページから直接申し込むことができるのも他社とは明らかに違う点です。もっともブラックカードなので基本は楽天カードからのインビテーションがないと保有できないことが前提となっています。ちなみに家族カード、ETCカードなどの付随カードは無料です。

カードのサービスの特徴としては、他カードでは標準ともいえるコンシェルジュサービスがなく、優待や特別扱いされるのも楽天の関係が多いなど、あまりブラックカードといえるような特別サービスを備えているわけではありません。代わりに楽天に対してのポイント還元率が非常に高く設定されており、楽天市場での還元率はなんと6%(誕生月は7%)にもなり、楽天トラベルや楽天ブックでの還元率も3%に登ります。普通のカードの還元率が1%なのを考えると、確かにこの水準は破格であり、楽天サービスにおいてはまさしくブラックの扱いを受けることができるというわけです。他にも電子マネーEdyをチャージするだけで0.5%相当の楽天ポイントが還元されるなど、楽天サービスを複合して使うことでその利用価値を最大限高めることができます。

基本的には楽天グループのお得意様に対してさらに上質なサービスを提供して囲い込みを図る経営戦略がよくわかり、楽天グループの愛用者としてはこれ以上ないサービスを受けることができます。逆にいえば楽天グループを重視していないとそれほどプレミアムを感じないカードにもなっているのです。正直なところ楽天プレミアムカードでもプライオリティパスは使えますし、カード還元率も1%の違いです。ブランドが固定されることや利用限度額もたいして変わらないところから、それほど利用するメリットはないかもしれません。

  楽天プレミアムカード 楽天ブラックカード
 年会費
(税抜)
 本会員 1万円 3万円
 家族
カード
5000円 無料、
上限2枚まで
ポイント
優遇
 1.楽天市場コース 1~3から1つ選択、
それぞれ+1%
+1%
 2.トラベルコース
 3.エンタメコース
 誕生日月の楽天市場、
楽天ブックスの利用
+1% +1%
 プライオリティ・パス 本会員無料 本会員無料、
同伴者も
2名まで無料
 国際ブランド Visa、JCB、
Master
Master

 

【特典】
プライオリティパス(同伴2名まで)
国内線ラウンジ21空港
カード利用枠が300~1000万まで
家族会員2名まで無料
ETCカード無料
海外保険1億円(自動付帯)
国内保険5千万円(自動付帯)
特定日のみ楽天市場でポイント+1倍
楽天ブックスで常にポイント+1倍
楽天トラベルで常にポイント+1倍
誕生月は、ポイント+1倍
海外帰国時、手荷物無料配達25Kgまで1個(年間2回まで)
Hertzレンタカー特典
トラベルデスク、世界30拠点(各種予約手配)
国内宿泊予約センター利用可

楽天プレミアムカード

同ジャンルのリンク

カードサイトマップ

祝♪カード社会入門
クレジットカードとはどういうものか? 時代は現金よりクレジットカード払いへ
クレジットカード所持のメリット クレジットカード所持のデメリット
現金よりカード払いがお得な「ポイント制度」 デビットカードなら借金と無縁
カード大国アイスランドはすごい  
カードには盗難補償があり安心して使える カード地獄に陥るのはバカだけ
<クレジットカードの賢い利用法>
Edyでチャージと利用でポイントを2重取り 国民年金クレジットカード払いで得する方法とは
公共料金のクレジットカード払いはお得だよ 三井住友VISAカードの顧客保証神対応
初心者のクレジットカード始め方手順♪
1. カードを作ってみよう! 初心者がやっちゃいけないこと
2 .ネット申し込みがお得 学生の特権:学生カード
3. 審査するのはあなたを守るため 高校生ok:無審査のカード
last. さあ電子マネーの世界へ! ★裏ワザ:カード作って確実に10万円
<各クレジットカード分析>
ライフカード:誕生月がボーナスいっぱい 楽天カード:楽天利用者には最適
   
   
   
クレジットカードのQ&A
クレジットカードの審査はどこを見られるか 法人カードの名義人は一体誰になるのか
空港で使えるプライオリティパスとは  
クレジットカードの情報
限度額無制限、選ばれし者だけのブラックカード  
<電子マネー>
コンビニや電車では電子マネーの時代 電子マネー支払いのほうがお得
携帯電話のモバイル電子マネー  
<電子マネーの種類>
各電子マネーの比較
セブングループ : nanaco イオンで使える : waon
前払い式電子マネー : iD 使用範囲が多岐 : Edy
JRにタッチだけで使える : Suica  
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!