債券のリスク:為替リスク

債券のリスク:為替リスク

債券には色々な種類があり、国内で発行されるものだけでなく外国で発行される債券についても購入することができます。為替リスクはその国際機関の発行する債券に対して考えなければならないものなのです。円から外貨に、または外貨から円に変換する場合にはその時の為替レートが採用されます。為替市場というのは常に変動していて、その国の経済情勢などによって大きな暴落をすることもあるのです。常に一定ではないという点が大きなリスクとなります。例えば一番有名なドルと円で見てみましょう。仮に1ドル=100円の時に100万円分の債券を持ったとして債券価格が変動しなかった場合でも、1ドル=120円の円安になれば200,000円の為替差益が出るのです。逆に1ドル=80円に円高になった場合だと200,000円の為替差損が出てしまいます。

格付けが為替リスクにも連動する

外国での債券を購入する場合も国内での購入と同じように格付けランクを参考にします。ランク付けが高ければ高いほどリスクは軽減することができるのです。外国の場合は情報が入りづらい面もあるので、国内で発行される債券を購入するよりも特に参考にした方が良いでしょう。

それから為替リスクを軽減させる方法としてはもう一つあります。それは為替レートを見ながら円に変換するということです。外国の債券が満期を迎えたとしてもすぐに円に変換しなくても良いので、債券のまま持ち続けておくことが可能です。自分のタイミングによって円に変換すればよいので、額面よりも為替レートによって多く変換できると思えばそれで変換すればよいのです。その時の為替レートによっては償還差益が生じることもあるのでリスクも大きいですがリターンも大きくなる可能性が高いです。安全性の高いのは国内で発行される債券ですが、為替レートとの兼ね合いによってハイリスクハイリターンが望めるのも外国の債券の利点だといえます。

同ジャンルのリンク

債券投資(国債・地方債・社債)サイトマップ

<入門編>債券について
債券とは何か? 債券はどこで取引できるか?
それぞれの債券はどれくらいの利回り? 債券購入の手数料はどれくらい?
債券は元本と利息の保証がされている 債券の多くは保証があって預金より金利高い
債券だって値段変動がありキャピタルゲイン取れる 債券は定期預金と違い償還前に任意売却できる
<開始編>初心者への債券投資の始め方手順♪
1. まず、便利なネット銀行口座を開くべし  
2. 投資におすすめの債券はどれか知ろう  
3. 初心者がやっちゃいけないことを熟知しよう  
おすすめの債券
★即売り切れの高格付け社債 定期よりははるかにマシの個人向け国債
★やっぱり高金利!外国債券  
<中級編>詳しい債券知識
債券の格付けと利回りの関係 債券の税金について
債券のリターン:インカムゲイン 債券のリターン:キャピタルゲイン
債券のリスク:信用リスク(デフォルト) 債券のリスク:カントリーリスク
債券のリスク:価格変動リスク 債券のリスク:為替リスク
債券のリスク:流動性リスク  
債券の種類
公共債
超長期国債(15年、20年、30年) 個人向け国債
長期国債(6年、10年) 短期割引国債
中期国債(2年、3年、5年) 政府短期証券
地方債  
民間債
社債 金融債
外国債
円貨建外債(サムライ債) 外国債
債券の利払いの分類
利付債 割引債
債券の機能分類
ストレート債 エクイティ債
債券の募集形態分類
公募債 縁故債
債券の発行分類
新発債 既発債
債券の評価分類
投資適格債 ジャンク債
債券投資のQ&A
   
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!