地方債とは地方自治体が発行する債券

各コンテンツのショートカット

地方債とは

地方債とは

地方債は地方自治体が発行している債券です。地方自治体というのは都道府県や市町村ですが、その会計は住民から得られる税金やこの地方債によって賄われているのです。国債などに次いで安全性の高い債券として信用されており、初めての方にとっては始めやすい商品だといえます。地方自治体は以前は国に対しての依存度が強かったのですが、最近では地方債の発行数も伸びていて、民間資金への依存度が強まっています。しかし、地域によっては利回りの格差がありすぎて地方債についての見直しも検討されています。

基本的には地方自治体は地方債以外の財源において地方で行われる起業を行わなければなりません。しかし、公営企業に対する経費、出資金や貸付、地方債借り換えのための経費、災害などの復旧費用、公共施設に伴う建設費等の5つについては地方債による財源を充てることができるのです。

地方債は2種類の方法によって募集されます。まず公募地方債で、これは広く投資家に公募されます。市場公募と住民参加型市場公募の2種類に更に分類され、私たち自身が地方自治体の財源として参加することもできます。それから銀行等引受地方債もあります。これは指定金融機関から借り入れを行うもので、金融機関に預け入れしているのはそこに住む住民なので根本を辿れば住民参加型と同様とみなされます。元金については100%確実に償還されるので非常に安全度は高いです。リスクウェイトも0%なので国債よりも購入しやすいかも知れません。

地方債をネットで買うには

>> SBI証券の資料請求はこちら <<
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません



SBI証券は、特に中国への投資方法がそろっている万能業者
SBI証券のURL : https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate

同ジャンルのリンク

債券投資(国債・地方債・社債)サイトマップ

<入門編>債券について
債券とは何か? 債券はどこで取引できるか?
それぞれの債券はどれくらいの利回り? 債券購入の手数料はどれくらい?
債券は元本と利息の保証がされている 債券の多くは保証があって預金より金利高い
債券だって値段変動がありキャピタルゲイン取れる 債券は定期預金と違い償還前に任意売却できる
<開始編>初心者への債券投資の始め方手順♪
1. まず、便利なネット銀行口座を開くべし  
2. 投資におすすめの債券はどれか知ろう  
3. 初心者がやっちゃいけないことを熟知しよう  
おすすめの債券
★即売り切れの高格付け社債 定期よりははるかにマシの個人向け国債
★やっぱり高金利!外国債券  
<中級編>詳しい債券知識
債券の格付けと利回りの関係 債券の税金について
債券のリターン:インカムゲイン 債券のリターン:キャピタルゲイン
債券のリスク:信用リスク(デフォルト) 債券のリスク:カントリーリスク
債券のリスク:価格変動リスク 債券のリスク:為替リスク
債券のリスク:流動性リスク  
債券の種類
公共債
超長期国債(15年、20年、30年) 個人向け国債
長期国債(6年、10年) 短期割引国債
中期国債(2年、3年、5年) 政府短期証券
地方債  
民間債
社債 金融債
外国債
円貨建外債(サムライ債) 外国債
債券の利払いの分類
利付債 割引債
債券の機能分類
ストレート債 エクイティ債
債券の募集形態分類
公募債 縁故債
債券の発行分類
新発債 既発債
債券の評価分類
投資適格債 ジャンク債
債券投資のQ&A
   
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!