社債とは国債より利率が高くおいしい投資先

各コンテンツのショートカット

社債とは

有名企業の社債は有効な投資先

社債とは

社債は企業が発行する債券のことです。一般的に企業というのは株式を発行して資金調達を行います。株式と社債との違いは一定の期間が過ぎたら額面どおりの金額が全額返金されるという点です。株式は市場において売買が行われ、その取引差によって収益や損失が発生します。社債はそれがなく、安定した利回りにおいて運用されるので安全性が非常に高いのです。逆に株式は安定性がありませんが、値上がりによって数十倍数百倍になる可能性もあります、

また、社債が国債と違う点は利回りが高い点にあります。これは格付けランクにも表れることですが、運用リスクが高いからです。
国債を発行しているのは国で破綻するということはあまり考えなくてよいといえます。ですので格付けランクも高いですしその分利回りは低く設定されるのです。一方で企業というのは経営難などによって倒産してしまう危険性があります。格付けランクは低く設定され、その分利回りは高いということになるのです。社債を発行している企業にもそれぞれ格付けランクがあるので、なるべくランクの高いところを選んだ方が安全です。特に初心者の場合はリスクを軽減するためにも格付けランクは十分に参考にしてみましょう。

有名企業の社債は有効な投資先

リスクとしてはもう一つ、容易に売り買いが出来ないということです。株式のように大きな取引市場がないのでその点は考慮してみましょう。ですが社債の場合は株式と違って、例え企業が倒産したとしても一定の割合によって額面の金額が戻ってきます。もちろん大幅に減額はされるのでその点がリスクなのですが、株式よりは社債を購入する方がお薦めでしょう。今ではネット証券によって社債が簡単に購入できる環境になっているので、チャンスがあれば購入したほうがいいかもしれません。今では高格付けの社債は人気商品であっという間に売り切れ状態になってしまいます。誰もが知っている大企業や大きな企業グループの社債ならとりあえず買っておいて後悔はないでしょう。

>> SBI証券の資料請求はこちら <<
※ 資料請求・口座開設などはすべて無料で1円もかかりません



SBI証券は、特に中国への投資方法がそろっている万能業者
SBI証券のURL : https://trading1.sbisec.co.jp/ETGate

同ジャンルのリンク

債券投資(国債・地方債・社債)サイトマップ

<入門編>債券について
債券とは何か? 債券はどこで取引できるか?
それぞれの債券はどれくらいの利回り? 債券購入の手数料はどれくらい?
債券は元本と利息の保証がされている 債券の多くは保証があって預金より金利高い
債券だって値段変動がありキャピタルゲイン取れる 債券は定期預金と違い償還前に任意売却できる
<開始編>初心者への債券投資の始め方手順♪
1. まず、便利なネット銀行口座を開くべし  
2. 投資におすすめの債券はどれか知ろう  
3. 初心者がやっちゃいけないことを熟知しよう  
おすすめの債券
★即売り切れの高格付け社債 定期よりははるかにマシの個人向け国債
★やっぱり高金利!外国債券  
<中級編>詳しい債券知識
債券の格付けと利回りの関係 債券の税金について
債券のリターン:インカムゲイン 債券のリターン:キャピタルゲイン
債券のリスク:信用リスク(デフォルト) 債券のリスク:カントリーリスク
債券のリスク:価格変動リスク 債券のリスク:為替リスク
債券のリスク:流動性リスク  
債券の種類
公共債
超長期国債(15年、20年、30年) 個人向け国債
長期国債(6年、10年) 短期割引国債
中期国債(2年、3年、5年) 政府短期証券
地方債  
民間債
社債 金融債
外国債
円貨建外債(サムライ債) 外国債
債券の利払いの分類
利付債 割引債
債券の機能分類
ストレート債 エクイティ債
債券の募集形態分類
公募債 縁故債
債券の発行分類
新発債 既発債
債券の評価分類
投資適格債 ジャンク債
債券投資のQ&A
   
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!