個人向け国債とは

各コンテンツのショートカット

個人向け国債とは

個人向け国債とは個人投資家向けの国債

最近国が発行する国債の中に個人向け国債というものがあります。安全性を第一に考える運用であればこの債券が一番お薦めなのです。まず個人向け国債は目的が決まっているお金や将来のためを考えたお金、または運用初心者の方に向いています。その理由にはまず定期預金と運用の方法が似ているからです。定期預金は満期まで銀行に預け入れを行います。満期までの年ごとに決まった利率によって利息がつき、その利息が収益となります。個人向け国債も同じようで、満期が来れば額面どおりのお金が返ってきますし、最初に約束したとおりの利率によって利息が毎年支払われます。

しかし、国債には定期預金とは決定的に違う点があるのです。それがどこに運用を委託するかという点です。定期預金は企業である銀行に委託されますが、国債は国が運用していくのです。そのため、信頼度が銀行よりは高いといえます。そう、個人向け国債は国が元本を保証してくれるのです。ここが他の債券とは全く違うところです。リスクという面で一番よい投資先なのです。

また、国債には一般用と個人向け用の2種類があります。一般用は企業なども購入することができ、額面は5万円からとなっています。一方で個人向け国債は1万円から購入することができるので気軽に始めることができるのです。個人向け国債は更に2種類に分けることができ、変動10年タイプと固定5年タイプに分かれています。固定5年タイプは5年満期で額面どおりが100%還ってきます。一方で変動10年は10年満期で、満期時に一定のルールによって利率が変動し、場合によっては償還差益を得ることができるのです。


同ジャンルのリンク

債券投資(国債・地方債・社債)サイトマップ

<入門編>債券について
債券とは何か? 債券はどこで取引できるか?
それぞれの債券はどれくらいの利回り? 債券購入の手数料はどれくらい?
債券は元本と利息の保証がされている 債券の多くは保証があって預金より金利高い
債券だって値段変動がありキャピタルゲイン取れる 債券は定期預金と違い償還前に任意売却できる
<開始編>初心者への債券投資の始め方手順♪
1. まず、便利なネット銀行口座を開くべし  
2. 投資におすすめの債券はどれか知ろう  
3. 初心者がやっちゃいけないことを熟知しよう  
おすすめの債券
★即売り切れの高格付け社債 定期よりははるかにマシの個人向け国債
★やっぱり高金利!外国債券  
<中級編>詳しい債券知識
債券の格付けと利回りの関係 債券の税金について
債券のリターン:インカムゲイン 債券のリターン:キャピタルゲイン
債券のリスク:信用リスク(デフォルト) 債券のリスク:カントリーリスク
債券のリスク:価格変動リスク 債券のリスク:為替リスク
債券のリスク:流動性リスク  
債券の種類
公共債
超長期国債(15年、20年、30年) 個人向け国債
長期国債(6年、10年) 短期割引国債
中期国債(2年、3年、5年) 政府短期証券
地方債  
民間債
社債 金融債
外国債
円貨建外債(サムライ債) 外国債
債券の利払いの分類
利付債 割引債
債券の機能分類
ストレート債 エクイティ債
債券の募集形態分類
公募債 縁故債
債券の発行分類
新発債 既発債
債券の評価分類
投資適格債 ジャンク債
債券投資のQ&A
   
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!