リップルトレードジャパンの代表が逮捕される

リップルトレードジャパンの代表が逮捕

10月18日に「合同会社リップルトレードジャパン」を運営していた男が逮捕されたというNEWSが入ってきました。

勘違いしてほしくないのは、リップル(XRP)は直接関係なく、リップルを取り扱っていた取引所もどきの運営者が逮捕されたということです。

 

インターネット上での決済や送金などに使える仮想通貨をめぐり、顧客から預かった現金をだまし取ったとして、警視庁は18日、仮想通貨の取引所経営者の竹中優樹容疑者(31)=京都市山科区勧修寺西金ケ崎=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。容疑を大筋で認めているという。

この仮想通貨は「リップル」で、業界関係者によると、18日現在の時価総額はビットコイン(約10兆円)、イーサリアム(約3兆円)に次ぐ3位で、約1兆円にのぼる。

サイバー犯罪対策課などによると、取引所は浜松市中区の「合同会社リップルトレードジャパン」で、竹中容疑者は代表社員。2014年5月に設立されたが、15年3月ごろから破綻(はたん)状態となり、ネット上でも「突如出金停止状態に」「取引所は音信不通に」などの書き込みが相次ぐ騒ぎになっていた。

逮捕容疑は15年3月、破綻状態で払い戻しの見込みがないのにリップルと交換できるとする「IOU」(電子借用証書)を発行し、顧客の宮城県の男性からの預かり金140万円をだまし取ったというもの。警視庁は、竹中容疑者がほかに架空のIOUを発行して計約1億2千万円を不正に得ていた疑いもあるとみている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000014-asahi-soci

 

リップルトレードジャパンとは

リップルトレードジャパンとは2014年5月頃に設立されたリップル取引所ですが、リップルの取引だけでなく、リップル上でJPYを発行するゲートウェイの商売をはじめて出金ができなくなるなど当初から悪質詐欺業者として認識されていたようです。

XRPJPY=1円のときに30円の価格でリップルを売りつけるようなこともやっていたそうで、リップラーにとっては思い出したくない歴史のようです。

だいぶ前から資金繰りはショートしていたようで、今回の逮捕容疑も2015年当時の男性の出資金をだまし取ったということです。仮想通貨が犯罪行為に利用されるのは過去のシルクロード事件やマウントゴックスの事件などでもありますが、裏付けを撮るのはかなり難しそうです。

過去のブログ記事を見ても2015年くらいからすでに破綻状態であることを認識されていたようで、悪質な取引所だったようです。

最近では大きな資本グループのSBIやGMO、DMM、サイバーエージェントなどが仮想通貨事業に続々と参入しており、仮想通貨取引所の競争は一段と激しくなっていきます。

今回の詐欺事件とは異なりますが、今後の競争に負けた取引所の廃業や撤退もありえる時代になってくるでしょう。

かつてFX会社は2008年のピーク時には200社を超えるほどの数がありましたが、その後のリーマンショックや競争の激化によって数を減らして今では50社ほどとなっています。その半分以上は証券会社などであり、FX専業会社は大幅に数を減らしました。

今後は取引所の乱立が予想されますので、勝ち残る取引所を選んで行く必要があります。

 

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!