ソーシャルレンディングシェアNo1:maneoの口座開設方法

maneo(maneoマーケット株式会社)について

2008年設立のmaneoは、設立9年目を迎えている企業となります。日本におけるソーシャルレンディングの歴史が数年程度であり、maneoはまさに日本のソーシャルレンディング業界の立ち上げ期より事業を開始している会社となっています。2008年10月15日のサービス開始より利用者数を増やし、2017年7月には利用者の成立ローン総額が700億円を突破しています。ソーシャルレンディングを日本で最初に提供した会社なのです。maneoという会社は従業員数12名で上場はしていませんし、知名度も高いと言えません。それでも登録投資家数が約34,000人にものぼります。2015年においては国内クラウドファンディングのシェアの6割以上を占めていたこともあります。

 

 

 

maneoの口座開設方法

maneoは取り扱っている案件の数も額も多いため、ソーシャルレンディングで投資をしたいなら是非口座を作っておきたい業者の1つです。まずはmaneoの公式ホームページにいって、「投資口座開設」の項目をクリックしましょう。

 

 

最初にニックネームとパスワードを設定

maneoにはまずユーザー登録をすることになります。ニックネーム、パスワード、PCメールアドレス、秘密の質問を設定して登録しましょう。

 

 

 

確認画面です。パスワードなどは※印になります。

 

 

 

マイページから投資口座開設、投資家申請を

登録が完了するとID:ニックネームとパスワードでマイページにアクセスできるようになります。ここから次は投資口座開設を行います。

 

 

 

 

 

確認事項に同意

まずは規約や確認事項に同意が必要になります。maneoにおける個人情報の取扱やソーシャルレンディングはリスクがあり元本保証がされてないこと、トラブルで元本割れしたりデフォルトの可能性があることなどが書かれています。これらに同意しないと次に進めません。

 

 

投資家適正審査を行う

投資家の収入や資産状況を申請します。基本的には自己申告となり、証明書類などの提出は必要ありません。しかし実態とかけ離れたものを申請したりするといろいろと問題なので、自己の責任において適正な数値を申請しましょう。

 

 

個人情報を入力する

次に氏名や性別、生年月日などの個人情報を入力します。この情報は後ほど本人確認資料での照合がされますので、間違えないように気をつけて入力しなければなりません。

 

 

 

本人確認資料の送付を行う

最後に投資家申請における書類送付を行います。自己の情報が正しいことを証明するための本人確認資料を提出します。書類としては運転免許証、パスポード、住基カードなどがあり、それぞれをメール、FAX、またはアップロードにて提出をします。

基本的にはアップロードが一番早いため、必要書類をスキャナーでスキャンしたり、スマホのカメラなどで撮影してその画像ファイルを送ることになります。

 

 

 

 

アップロードが完了すれば審査が行われ、審査に通過すれば本人確認ハガキが登録住所に送られて、それを受領することで確認が完了します。

 

 

本人確認ハガキが届いたら

本人確認ハガキが届いたら、そこに書かれている本人確認キーを入力します。英数字の文字列になっているキーを、マイページのボックスに入力します。

 

 

 

確認できればレンダー完了のメッセージが出ます。

 

 

マイナンバーの提出

最後はマイナンバーの提出をする必要があります。面倒ですが、これを入力しないと先に進めないのです。

 

 

マイナンバー提出に必要な書類は「通知カード」「マイナンバーカード」「マイナンバー記載のある住民票」などが該当します。

 

 

書類は裏表それぞれの提出が必須です。また情報を読み取ることが目的ですので、ぼやけていたり、光が刺していたり、一部隠れていたりなどの情報が読み取れないものは不適切なので、きれいに撮れているものを提出しましょう。

 

 

提出が完了すればマイナンバー確認が行われて終了になります。一連の本人確認書類やキャッシュカード、マイナンバーカードなどはどのソーシャルレンディング業者でも同じようなものが求められるため、複数のソーシャルレンディング業者にはいっぺんに口座開設をしておいたほうが書類がそのまま使えて便利です。

 

関連記事

コメントは利用できません。

仮想通貨ピックアップ記事

  1. 大手金融グループ資本のGMOコイン 今までビットコインをはじめとした仮想通貨取引所bitFlyer…
  2. ビットトレード(BitTrade)について 日本のビットコイン取引所というのは少なかったのですが、…
  3. 国内取引所:みんなのビットコイン 2017年に仮想通貨法が施行されて、各通貨が暴騰して話題になった…
  4. 日本の仮想通貨取引所Zaifについて Zaifは国産のビットコイン・モナーコイン取引所の老舗etw…
  5. 日本一簡単なビットコイン取引所coincheck 日本のビットコイン取引所というのは少ないですが徐…

ソーシャルレンディング記事

  1. 2017-7-12

    ソーシャルレンディングシェアNo1:maneoの口座開設方法

    maneo(maneoマーケット株式会社)について 2008年設立のmaneoは、設立9年目を迎え…
  2. 2017-7-6

    海外投資:クラウドクレジットへの口座開設方法

    クラウドクレジットは海外投資ソーシャルレンディング業者 クラウドクレジットはソーシャルレンディング…
  3. 2017-4-29

    SBIソーシャルレンディングの口座開設方法

    SBIソーシャルレンディングは業界でも老舗の業者 SBIソーシャルレンディングはその名の通り、ネッ…
  4. 2017-3-23

    ラッキーバンクに口座開設してみた【高利回り】【不動産担保】

    不動産専門のソーシャルレンディング業者 ソーシャルレンディングは今、注目の新しい投資方法です。いろ…

運用中の投資

SBIソーシャルレンディング:150万円投資
ラッキーバンク:150万円投資
ownersbook
自動売買:
シストレ24

ロボアドバイザー:
WealthNavi :30万円運用中
THEO:30万円運用中
ビットコイン取引所:
bitFlyer:利用中
coincheck:利用中
Zaif:利用中

暗号通貨の時価総額確認:
http://coincap.io/
https://coinmarketcap.com/

イメージ画像

ページ上部へ戻る