業界大手のmaneoでも償還遅延が発生、激動のソーシャルレンディング業界

業界大手のmaneoでも償還遅延

みんなのクレジットの行政処分問題からまだ日も浅く、激動のソーシャルレンディング業界ですが、また新しい問題が発覚しました。maneoの案件で償還遅延が起こっていたのです。噂では少し前から流れていましたが、maneoの公式ホームページにも通知が出て事実であることが明らかになりました。

 

maneo償還遅延ニュース引用

この度、下記融資案件について、2017年3月28日の元利金の未回収が発生いたしましたので
対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、以下の通りご報告させて頂きます。

なお、下記対象ファンド以外の全ファンドにつきましては、2017年3月28日の約定返済は回収済みであり、延滞等は発生しておりません。
1.融資案件の概要

案件ID   5195
貸付実行日  2015年11月6日
融資金額   35,000,000円
最終返済日  2018年11月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=280
残高     22,689,544円

案件ID   5197
貸付実行日  2015年11月6日
融資金額   22,258,152円
最終返済日  2018年11月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=281
残高     14,429,337円

案件ID   5220
貸付実行日  2015年11月11日
融資金額   12,740,000円
最終返済日  2018年11月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=291
残高     8,227,813円

引用:https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=3611

 

償還遅延となった案件の回収見込みは不明

通知の内容によりますと、どのような事態になって回収の遅延が発生下かについては述べられていません。これはソーシャルレンディングにおける投資先の匿名化をしなければならないことによるものでしょう。相手先の情報が開示されないのです。

担保については投資先の会社の社員の方の連帯保証契約や、保有不動産の抵当権をとっていたみたいです。しかしこれらだけでは投資金の全額を担保するには不十分みたいですね。つまり部分的な貸し倒れリスクがあるということです。

そして最も気になる回収の見込みですが、これは現段階では不明ということです。投資家にとっては、まだ何もわからない状態のままということで不安になります。不動産も抵当権が第二順位と低いですし、連帯保証なども自己破産されたりすれば未回収になるリスクもあります。

 

2.経過

2017年3月中旬に本件融資における延滞の懸念を認識いたしました。
債務者との連絡は続けておりますが、債権者として満足する状況の把握には至っておりません。

投資家の皆様へはローンファンド詳細画面で告知いたしませんでしたが、別途1社2名との連帯保証契約および保有不動産に対する第2順位での根抵当権設定契約を締結しておりました
融資実行当初は登記留保の状態でしたが、現在は登記申請し、登記済みの状態となっています。
投資家の皆様に告知しなかった理由は、これらの保全措置は融資金の全額を担保できるものとは言い難く、投資判断上の誤解を避けたいがためでした。

現在すでに、法的手続き等による回収行動を開始しております。
詳細については、継続的に該当の投資家の皆様へお伝えいたします。
3.回収の見込み

状況把握に努めておりますが、現時点では回収については不明の状況です。
今後、あらゆる手段で回収を試みます。

 

 

クラウドバンクの償還遅延も中小企業支援ローンファンドだった

今回のmaneoでの償還遅延を起こしたのは事業性資金支援ローンファンド43号、44号、51号です。借り手となったのは以前より融資実績のある教育関連サービスの事業者でした。30店舗の運営を行う中小企業でありこういった中小企業を支援するローンファンドはソーシャルレンディング業界においては不動産と並んで数が多く多くの案件があります。

しかし中小企業ローンファンドは(もちろん審査があるとはいえ)どこの輩か分からない所が紛れ込んでいるリスクが高いところでもあり、リスクが高い分利回りも高い傾向になります。昔からずっとリスクが高いと言われてきたジャンルであり、過去にクラウドバンクで償還遅延が発覚した案件も「中小企業支援型ローンファンド」でした

 

 

 

問題が続々発覚するのはFXのときとデジャヴュ

みんなのクレジットから始まったソーシャルレンディング業界の信用不安ですが、業界でも最大手で古参業者であるmaneoでこのようなことが起きたのは大きなショックです。まだ何も損害が確定したわけでもなく、償還遅延においては以前クラウドバンクがやらかしているので、別に業界で初めてというわけでもありません。

 

しかし時期が悪いですね。みんなのクレジットの行政処分で騒ぎが収まりついてない状況でこれが発表されるのですから。そういえばFXのときもリーマンショックで一気に各業者の体力が削られたことがきっかけとなって、数々のFX会社の悪質行為や不正が発覚、そうでないFX会社も事業が立ち行かなくなったりして事業譲渡や廃業などが相次いだ時期がありました。ソーシャルレンディング業界もそろそろその段階に来ているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



ラッキーバンク

全案件不動産担保付きの専門業者
ラッキーバンク

取り扱い案件は6~10%という高い利回りが設定されており、不動産担保がついてくると合って【高利回り】【不動産担保の安心】の特徴から、募集開始1分で完売続出の非常に人気のソーシャルレンディング業者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です