仮想通貨を取扱う国内取引所と海外取引所の違い

国内と海外の取引所の違い

ビットコインやアルトコインなどを取引したい場合は、まずどこかの取引所にアカウントを開設して取引するのが一般的になります。その場合意識するのが 「どこの取引所にするべきか?」 ということになります。FX会社やバイナリーオプション会社でも国内FX業者にするべきか、海外FX業者にするべきか悩んだように、これらは一長一短があり、どちらかが絶対にいいとは一概には言えません。

おおよそ、それぞれの特徴やメリットデメリットを考慮して、自分の状況下で最適な取引所をその都度使い分けるようにするのが一番であることはFXのときと変わりません。日本では取引所が少ないと言われてきましたが、2017年の通称:仮想通貨法の施行やビットコインをはじめとした仮想通貨の急激な値上がりで取引所もたくさん増えてきました。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

【日本の取引所の特徴・欠点】

  • 比較的安全性が高い
  • 国内の仮想通貨利用に便利
  •  日本円に対応している
  • 取扱通貨数が少ない
  • ハッキング対策が遅れている

 

【海外の取引所の特徴・欠点】

  • マイナーなコインを取り扱っている
  • 新通貨のICOにも対応
  • 対応は基本英語のみ、日本語サポートは皆無
  •  円やドルなどの法定通貨に対応していない所が多い
  •  ハッキングリスクが高く、盗難も多い
  • 詐欺案件が耐えることがない

 

 

日本国内の取引所の特徴と欠点

日本国内にある取引所としては資本金約40億の財務基盤など資本関係が充実しているbitFlyer、利用しやすさや取り扱い仮想通貨の多さなどで初心者にオススメされているcoincheck、セキュリティが強くハードウェアウォレットの正式代理店にもなっているZaifなどが有名です。

日本では2017年4月1日に仮想通貨法と呼ばれている「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律(平成28年法律第62号)」という法律が施行されました。これは仮想通貨を実際に国が通貨として認めたと解釈されがちではありますが、実際は仮想通貨とはどのようなものを定義するのか、仮想通貨を取引できる業者は登録制にすべきであることなどが決められたものです。ただ実際はまだ仮想通貨交換業者一覧には登録された業者はいません。

 

【比較的安全性が高い】

上記のように日本の取引所はきちんと法律が整備されたために正規の業者でなければ運営できないことがハッキリされ、いずれ金融庁に登録された業者でなければ取扱できなくなります。このように日本の取引所は国の審査が加わり、登録制ということで監査も行われるため、怪しい業者が参入されにくくなっています。業者の信頼性、これがメリットです。

 

【国内での仮想通貨利用に便利】

また日本国内で営業しているということもあり、国内のサービスとの提携も進んでいます。ビットコイン決済が有名になったビックカメラや旅行代理店HIS、格安航空会社ピーチ航空など、ビットコインでの決済システムを導入している企業では、上記のような日本の仮想通貨取引所と提携しているところが多いです。そのため各取引所のアプリをもってないと使えないというパターンもたくさんあります。日本国内でビットコインなどの仮想通貨を利用する際には国内取引所を使っていたほうがなにかと便利です。

 

【日本円に対応している】

最大のメリットともいうべきのが日本円に対応していることです。海外取引所は日本円に対応していないところがほとんどであり、というより海外取引所はUSDやJPYなどの法定通貨自体に対応していないところもたくさんあります。あらかじめある程度の仮想通貨をもっていないと利用できないところが多く、日本円という法定通貨を仮想通貨に交換するにはまず日本の取引所を利用しなければならないといっていいです。多くの取引所ではクイック入金に対応しているので、入金はとてもスムーズです。

 

【取扱通貨数が少ない】

デメリットとして一番よく挙げられるのが取扱通貨数の少なさです。海外の大きな取引所ではそれこそマイナーなコインを含めて200種類以上の取扱があるのに対して、日本の取引所では一番取扱数が多いと言われているcoincheckでさえ、10数通貨ほどにすぎません。日本では規定が厳しいこともあってか、リスクが高く流動性も確保できないようなマイナーなコインを導入しにくいという理由もあります。日本で取扱が始まる頃にはすでに大きく値上がりしきっていしまっているというパターンもあるため、値上がり前に大量に確保するのは難しいでしょう。

 

【ハッカー対策が未整備】

日本の取引所は海外と比べてもかなり遅れ気味です。そのためセキュリティ対策も万全とは言い難いところも多く、よくサーバーがダウンしたりハッキング攻撃を受けたりしています。近年ではセキュリティが高まり盗難などは起きていませんが、日本にはあの 「マウントゴックス事件」 の悪夢があります。仮想通貨の玄人は絶対に日本の取引所にはコインを置かないと豪語している方もいるくらいであり、セキュリティについては不安が残るのが現実です。

 

 

海外の取引所の特徴やリスク

海外取引所は取扱の通貨が多く、マイナーなコインを発見・投機しやすいという大メリットが有ります。反面とにかく日本とは比較にならないほどハッキングリスクが高く詐欺も横行しています。急に閉鎖される取引所も多く、常にリスクとリターンが大きい状況です。

取引所の数は非常に多く、紹介しきれません。有名なところではPoloniexやBittrexなどがあります。これらの取引所は取引高が世界の中でもTOPクラスに多く、取り扱う通貨数も非常に多くなっています。

 

【マイナーなアルトコインにも対応】

ビットコインが誕生したのも海外であり、海外がビットコインをはじめとした仮想通貨の最先端であることは疑いようがありません。そのため新しい仮想通貨の多くも海外産であり、そういったマイナーな通貨を多く取り扱っているのが海外の取引所になります。海外の取引所で有名なBittrexやPoloniexなどでは取引できる通貨が200種類以上にのぼることもあり、10種類程度しか取引できない日本の取引所とは雲泥の差があります。ここは埋められない壁となっています。

 

【新通貨のICOに対応しているところも】

海外では常に新しい仮想通貨が発行されています。その公開をするICOがあちこちで行われており、日本ではそういったことはほとんどありません。そういった新しい仮想通貨の大多数は値上がりすることも注目されることもなく消えていきますが、中には大きく値上がりを果たす通貨も稀に存在するため、そういったお宝通貨を探して投機するには海外の取引所などを使うほかありません。

 

 

【法定通貨に対応していないところも】

日本の取引所では日本円を取り扱うのが当たり前なので、海外ではUSDを取り扱っているのが当たり前と考えるかもしれません。しかし海外取引所では仮想通貨のみを取り扱っているところが多く、法定通貨であるUSDすら取り扱っていないところも多いです。これはUSDの送金が今非常に手間がかかるようになっていることや、アメリカや中国があまり仮想通貨に良い顔をしていないことなども影響しています。そのため法定通貨から仮想通貨へ交換するようなことは難しく、利用するのであれば円やドルを日本の取引所などで交換してから海外の取引所へ送金するような手間が必要になります。

 

【対応言語は英語、日本語はほぼ皆無】

当然のことですが海外取引所の対応言語は基本的に英語ベースになります。その他中国語やロシア語などのところもありますが、基本的に日本語対応の取引所は皆無といってもいいくらいです。海外FX業者は日本語サポートが多かったですが、FX業者は日本市場を狙って来ていたのに対して、仮想通貨取引所は別に日本市場は重視しておらず来たものは拒まないというスタンスです。このスタンスが変化しない限りは日本語サポートを期待することはできず、英語対応が難しい・自信がないという方にはオススメできないです。

 

【常にハッキングリスクをかかえている】

海外取引所は世界中のあらゆる国から取引を取り次いでいます。そのため世界中のクラッカーから狙われている状態が続いています。取引所も対策を続けていますがハッキングと常にイタチゴッチの状態です。マウントゴックス事件ほどではないものの、海外取引所でもハッキング被害は後を絶たず、2016年は香港の大きな取引所であるBitfinexでビットコインが数千万円も盗難される事件が起きています。個々人がハッキング被害を受けるリスクもかなり大きく、セキュリティリスクが高いのです。

 

【詐欺被害も多数】

新通貨のICOや取引所へのハッキングリスクもありますが、海外取引所に似せた偽サイトなども多数存在しており詐欺が耐えることがありません。仮想通貨は管理者がいないことが特徴ですので、それは同時に盗難や詐欺が起こったときに対処してくれるところがないということでもあります。実際仮想通貨が盗まれたという被害は跡を絶ちませんが、それらを取り戻す方法は今のところ皆無であり取り締まる機関もほとんどなく、ハッキングをする人たちのやりたい放題になっています。

 

 

選択肢の多さとハッキングリスクで国内外に大きな違い

上記のように大きな違いは 「選択肢の多さ」 と 「ハッキングリスク」 にまとめられるでしょう。日本の取引所は比較的安全性が高く、初心者でも利用しやすくなっています。反面、利便性がいまいちで取扱がある通貨も非常に少なくなっています。これはリスクが高い通貨は日本の取引所は取り扱わない、もしくは取り扱えないのです。そのためどうしても選択肢が少なくなり、中級者くらいになると不満がたまるかもしれません。

海外の取引所は仮想通貨の本場でもあることで、選択肢の多さは日本の取引所の比ではありません。マイナーでバク上げの可能性がある通貨があちこちに眠っています。新通貨のICOも盛んです。反面、円やドルなどの法定通貨もほとんど使えず仮想通貨のみの利用がほとんどであり、サポートも英語で使いにくくなっています。なによりハッキングや詐欺の数が半端ではなく、一旦被害にあってしまえばほぼおしまいです。リターンが高いところもあるものの、非常にリスクも高いのです。

 

 

 取引所よりハードウェアウォレットのほうがリスクが低い

どちらを利用するのかは本人のリスク管理次第ですが、くれぐれも二段階認証などの最低限のセキュリティ対策をした上で、大量のコインを一箇所におかず分散しておくことが何よりも大切です。仮想通貨に詳しい人は、取引所なんて信用できずに手元のハードウェアウォレットに保管しておく方が多いようです。

ただハードウェアウォレットは自前での管理のリスクがあります。ここでもやはり1箇所に集中は避けて分散するのが一番でしょう。

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!