bitflyerがMONACOIN(モナコイン)の取扱を開始

bitFlyerがついにMONACOINの取扱をはじめました

 

bitFlyerは資本力はあるが取扱通貨が少ないのがネックだった

bitFlyerは日本の仮想通貨取引所の中でもメガバンクやベンチャー融資機構から40億円以上もの融資を受けるなど随一の資本力をもち、ユーザー数30万人、月間取引高500億、を誇る代表的な大手取引所です。

そんなbitflyerの欠点は、取り扱っている仮想通貨が少ないことでした。特に今年初めの頃にはビットコインとイーサリアムしか取扱が無かったのです。

これは値上がりを期待するアルトコインユーザーにとっては致命的であり、リップルやネムなどの暴騰通貨を取引したい人はcoincheckへ流れてしまっていました。

 

 

LTC、ETC、BTH、MONA、取扱アルトコインも増えた

しかしその後、LTC:ライトコインやETC:イーサリアムクラシック、BCH:ビットコイン分裂のビットコインキャッシュなどが次々と追加され、今度はモナーコインが追加されました。

bitFlyerのアルトコイン販売所も通貨数が増えて賑わってきました。

 

 

bitFlyerの不満

bitFlyerの不満はスプレッドですね。とにかく広い・・・。それがどうにかなればいいんですが・・・

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!