通貨ペアを増やすマネパと、減らすみんなのFX

FX業界は競争が激しすぎる

生き馬の目を抜くように競争が激しすぎるFX業界ですが、基本的に今まではサービスの拡充路線を突っ走ってきました。通貨ペアを増やしたり、取引量上限を増やしたり、自動売買などの新しいサービスなどを追加してきました。それもこれも取引量を増やして利益を上げるためです。特に各FX業者ともども、手数料収入がほぼなくスプレッドも狭いままとあっては、取引量の薄利多売で利益を上げるしかありません。そんな感じで、今まではサービスが増えることばかりでしたが、最近はそうでもなくなってきています。

 

 

メキシコやトルコの通貨ペアを追加したマネーパートナーズ

外貨両替で確たる地位を誇り、約定力にも定評のあるマネーパートナーズはメキシコペソとトルコリラを新たに取扱始めました。最近のマネーパートナーズは非常に攻めに転じており、新しい通貨ペア追加以外にも「米ドル/円」「豪ドル/円」のスプレッド縮小や、「史上最大の大還元祭」と銘打った一大キャンペーンを展開。今や人気通貨ペアは業界最狭水準のスプレッドを提供するなど、FX専業会社として上場10年目という信頼を得ているにもかかわらず攻める姿勢はとても評価できます。

 

 

 

2017年7月17日(月)よりパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoにてメキシコペソ/円(MXN/JPY)の取扱いを開始、さらにパートナーズFXnanoにもトルコリラ/円を追加します。

【メキシコペソ/円(MXN/JPY)】
◆スプレッド
パートナーズFX 0.5
パートナーズFXnano 1.0
原則固定、例外あり コアタイム(10:00~28:00)

◆最低必要証拠金
パートナーズFX:4,000円/10,000通貨あたり(前日終値が5円以上10円未満の場合)
パートナーズFXnano:100円/100通貨あたり(固定)

【トルコリラ/円(TRY/JPY)】
◆スプレッド
パートナーズFX 1.9銭(8/1までキャンペーン中)5/6より取扱い開始
パートナーズFXnano 3.8銭 7/17より取扱い開始
原則固定、例外あり コアタイム(10:00~28:00)

◆最低必要証拠金
パートナーズFX:14,000円/10,000通貨あたり
パートナーズFXnano:140円/100通貨あたり
※前日終値が30円以上35円未満の場合

 

 

取引通貨ペアを減らしたみんなのFX

トレイダーズ証券が運営しているみんなのFXは逆に通貨ペアを減らすことを発表しています。減らすのはUSDCADです。日本人が好むのはドル円から始まるクロス円ペアばかりなので、ドルストレートペアなどの円が絡まないペアは好まれず取引量も少ないため、あえて取扱を止めるという判断に至ったのかもしれません。しかし今までFX業界においてハンガリーフォリント:HUFやアイスランドクローナ:ISKなどといったエキゾチックやマイナー通貨ペアを外すことはあれど、紛いなりにも基軸通貨であるUSDが絡むドルストレートを外すのはなかったかもしれません。

 

平素よりトレイダーズ証券をご愛顧いただきましてありがとうございます。

この度、「みんなのFX」は、米ドル/カナダドルの通貨ペアの取扱いを、誠に勝手ながら終了させていただくこととなりましたのでご連絡いたします。
取扱い終了までの詳細は、以下のとおりとなります。

■対象通貨ペア
米ドル/カナダドル(USD/CAD)

■新規取引について
2017年8月19日(土)の定期メンテナンス以降、新規注文ができなくなります。
また、8月19日(土)の定期メンテナンス時に、それまでにお客様がご注文された未約定分の新規注文を取り消しさせていただきますのであらかじめご了承ください。
※決済注文のみ受付可能となります。

■保有建玉について
決済注文終了時までに、お客様の保有建玉につきましては決済していただく必要がございます。
※決済注文終了の期限につきましては、2017年11月頃を予定しておりますが後日改めてご連絡いたします。

引用:http://min-fx.jp/press/id/index/2419/

 

 

またもトレイダーズは顧客ポジションの決済を迫った

しかしこれに気になるのがすでにUSDCADのポジションを保有している人への対応です。USDCADは特にスワップがつくわけでもないので長期保有者はなかなかいないでしょうが、トレンドが出やすいペアなのでスイングなどで保有している人はいるはずです。しかし「みんなのFX」では11月までに決済するように求めています。業者の都合でポジションを決済しなければならない事態はここ数年なかったのですが、またもトレイダーズ証券で起こってしまいました。

トレイダーズグループでは以前、トレイダーズ証券で運営していたネットフォレックスや、NFXプロを終了して顧客ポジションの強制決済を行いました。同じグループのトレイダーズFXでも行いました。またか?という感じです。

USDCADは人気が無いペアですし、取引してポジションを保有し続けている人は少数派なのは確かでしょう。しかし業者の都合でポジションの整理を求められるのは投資家としては甚だ迷惑以外のなにものでもありません。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

仮想通貨ピックアップ記事

  1. 大手金融グループ資本のGMOコイン 今までビットコインをはじめとした仮想通貨取引所bitFlyer…
  2. ビットトレード(BitTrade)について 日本のビットコイン取引所というのは少なかったのですが、…
  3. 国内取引所:みんなのビットコイン 2017年に仮想通貨法が施行されて、各通貨が暴騰して話題になった…
  4. 日本の仮想通貨取引所Zaifについて Zaifは国産のビットコイン・モナーコイン取引所の老舗etw…
  5. 日本一簡単なビットコイン取引所coincheck 日本のビットコイン取引所というのは少ないですが徐…

ソーシャルレンディング記事

  1. 2017-7-12

    ソーシャルレンディングシェアNo1:maneoの口座開設方法

    maneo(maneoマーケット株式会社)について 2008年設立のmaneoは、設立9年目を迎え…
  2. 2017-7-6

    海外投資:クラウドクレジットへの口座開設方法

    クラウドクレジットは海外投資ソーシャルレンディング業者 クラウドクレジットはソーシャルレンディング…
  3. 2017-4-29

    SBIソーシャルレンディングの口座開設方法

    SBIソーシャルレンディングは業界でも老舗の業者 SBIソーシャルレンディングはその名の通り、ネッ…
  4. 2017-3-23

    ラッキーバンクに口座開設してみた【高利回り】【不動産担保】

    不動産専門のソーシャルレンディング業者 ソーシャルレンディングは今、注目の新しい投資方法です。いろ…

運用中の投資

SBIソーシャルレンディング:150万円投資
ラッキーバンク:150万円投資
ownersbook
自動売買:
シストレ24

ロボアドバイザー:
WealthNavi :30万円運用中
THEO:30万円運用中
ビットコイン取引所:
bitFlyer:利用中
coincheck:利用中
Zaif:利用中

暗号通貨の時価総額確認:
http://coincap.io/
https://coinmarketcap.com/

イメージ画像

ページ上部へ戻る