コインチェック事件【2月6日まとめ】夜逃げ疑惑・マネロ問題・北朝鮮関与

深夜のトラックにコインチェックの夜逃げ疑惑

一向に進展しないコインチェックの状況に対して金融庁の発表か、2月13日のコインチェックの報告を待つばかりの状況が続いています。なにも新しい確定の情報がないために憶測が広がって不安が拡散します。

2月6日深夜にはコインチェックが入るビルにトラックが横付けし、たくさんのダンボールが運び出されるというツイートが広がりました。夜逃げ疑惑が広がりましたが、結局仕事道具の運び出しだったという火消しも入り、なにもわからない状況で疑心暗鬼が広がり続けます。

 

 

金融庁の調査が続いているのは匿名通貨が原因か?

さらに憶測は広がり、コインチェックの立入検査が長引いてる理由として、北朝鮮との関連性が高い匿名通貨が原因という報道も出ています。

金融庁はかねてからモネロ、ジーキャッシュ、ダッシュといった匿名性の高い通貨に対して難色を示しており、これがコインチェックが正式業者として登録できずに 「みなし業者」 のままでいた原因ともいわれていました。これに対して金融庁からは回答はなく、こちらも憶測が広がっています。

 

匿名通貨とは

ビットコインと比較しても匿名性に優れており、安全でプライベートかつ、追跡不可能な暗号通貨として作られているもの。ダッシュ(DASH) ・モネロ(Monero) ・ジーキャッシュ(Zcash)が有名で、3つ合わせて匿名通貨三兄弟と呼ばれることも。その匿名性の高さから前々からマネーロンダリングに利用される懸念があり、今回その問題が再燃しています。

 

NEM流出は北朝鮮が関与か?

また主犯でもあるNEMを盗み出したはっかーの正体もわかっていない状況が続いていますが、韓国からはこの流出は北朝鮮がからんでいるという報道が出てきています。韓国はそもそも去年から取引所が何度もハッキングの被害に合っており、そのうちハッキングを2度受けて破綻したところもあるくらいです。上述の匿名通貨モネロに北朝鮮が関わっているという話もあって、流出事件に新たに北朝鮮がからんでくるという疑惑も広がっていきます。

 

2月6日のまとめ

一言で言えば、今日も憶測だけで何も進展なしです。

スポンサードリンク

Binance(バイナンス)は数百種類が取引可


草コインもすべて網羅
Binance(バイナンス)

100倍や500倍なんて軽い!Binance(バイナンス)には2017年に1万倍になったコインが上場していたのです!日本の取引所とは比較にならない数百種類のコインが取引できます。この中からまた100倍、1000倍、1万倍になるコインが出て来る可能性があります。

間違いなく今一番ホットな取引所であり、口座を持っていなければならない必須の取引所です。