コインチェック事件【2月11、12日まとめ】週明け13日待ち

13日に出金再開が本当にされるのか注目

10~12日は連休ということもあって、13日が週明けとなります。その13日はコインチェック側でも日本円の出金が再開するので、果たして本当に出金ができるのかどうかの重要な日になります。

 

日本円出金再開について

現在、お客様の日本円の資産は金融機関の顧客専用口座にて安全に管理されております。これより当社にて出金に係る業務を再開し、下記の再開日以降、順次出金を再開してまいります。

再開日 : 2018年2月13日
対象通貨 : 日本円

引用:http://corporate.coincheck.com/2018/02/09/38.html

 

出金要請額は300億円を超えると予想

コインチェックはNEMだけで500億円もの顧客資産がありましたので、当然他の仮想通貨や日本円も相当の額が預託されていると推測できます。一説ではすでに出金要請がされているだけでも300億円を超えるという話ですので、本当に出金ができるのかは明日になってみないことにはわかりません。

おそらくできたとしても相当に混み合うことは予想でき、システムがパンクして再度出金ができるまで時間がかかるというパターンもありえます。

 

 

金融庁へ管理態勢の構築や再発防止策を提出する日

金融庁は業務改善命令を行った際に、コインチェック側に事件に関する原因の究明や顧客への適切な対応、責任の所在の明確化、システムの管理態勢の構築及び再発防止策の策定等を書面で報告させることを指示しています。その期限が13日であり、現在のところを見ると何も動きがないため13日ギリギリになって報告をすることになるはずです。

 

2:このため、本日、同社に対し、同法第63条の16の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。
(1) 本事案の事実関係及び原因の究明
(2) 顧客への適切な対応
(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

一番のとばっちりを受けた出川哲朗の誕生日と重なる

またコインチェック事件とは直接関係ありませんが、2月13日はコインチェックCMでいろいろ話題になった出川哲朗の誕生日でもあります。

出川自身はただ仕事としてCMに出演しただけであり、当人には流出事件の責任はありませんが、CMの内容が内容だっただけに一部には「出川哲朗のせいだ」とネタにする人も多いわけです。その出川哲朗の誕生日がよりによってその重要な13日と重なったわけであり、またもネタにされることは必至でしょう。

 

スポンサードリンク

Binance(バイナンス)は数百種類が取引可


草コインもすべて網羅
Binance(バイナンス)

100倍や500倍なんて軽い!Binance(バイナンス)には2017年に1万倍になったコインが上場していたのです!日本の取引所とは比較にならない数百種類のコインが取引できます。この中からまた100倍、1000倍、1万倍になるコインが出て来る可能性があります。

間違いなく今一番ホットな取引所であり、口座を持っていなければならない必須の取引所です。