コインチェック事件【2月10日まとめ】週明け13日待ち,イタリアでも流出事件

コインチェックは週明けの13日待ち

前日の12日はようやくコインチェックに動きがありました。コインチェックが13日にも日本円の出金を再開するといことです。ちょうど、10~12日は連休ということもあって、13日が週明けとなります。そのためこの連休中はあまり動きが見られず、13日待ちとなります。

 

イタリアで180億円もの仮想通貨が流出

コインチェックの580億円相当NEM流出から1月も経過していない中、またもや仮想通貨の流出事件が起こってしまった模様です。舞台はヨーロッパのイタリアであり、BitGrailという仮想通貨取引所から170万ドル相当のNANOが流出したというニュースが入りました。

 

仮想通貨NANOとは

NANOの公式サイトはこちらです。NANOは比較的新しい仮想通貨になります。しかし大手取引所のBinanceで上場期待人気1位をとったことがあるなど、新鋭の通貨ながら仮想通貨時価総額ランキングで20位付近につける流通量がある通貨です。

Binanceに上場したのが2月3日とかなり最近であり、これから注目度が高くなっていくはずの通貨でしたが、そこを狙われてしまったのでしょう。取引できる取引所自体、Binance、Kucoin、そして流出が起こったBitGrailの3つほどしかありませんでした。

 

 

スポンサードリンク

Binance(バイナンス)は数百種類が取引可


草コインもすべて網羅
Binance(バイナンス)

100倍や500倍なんて軽い!Binance(バイナンス)には2017年に1万倍になったコインが上場していたのです!日本の取引所とは比較にならない数百種類のコインが取引できます。この中からまた100倍、1000倍、1万倍になるコインが出て来る可能性があります。

間違いなく今一番ホットな取引所であり、口座を持っていなければならない必須の取引所です。