JADA:ジェイダとはビットコインなど仮想通貨の環境を整えようとする団体

各コンテンツのショートカット

JADAとは一般社団法人日本価値記録事業者協会

JADAとは一般社団法人日本価値記録事業者協会

ビットコインは政府や中央銀行といった発行体がおらず、そういった発行組織に依存していません。このため政府や中央銀行の意図によって価値をコントロールされることはない、国や中央銀行の支配から開放された通貨となっています。これによって政府の預金封鎖や通貨のハイパーインフレなどから資産を回避させることができるメリットが有ります。しかし法定通貨としての政府や中央銀行がその価値を保証してくれる枠組みから逸脱しているため、価値の補償がないデメリットもあります。そんなあやふやなビットコインをはじめとした仮想通貨、電磁通貨の価値を確立させようとしている団体があります。それがJADAという団体です。

JADAとは一般社団法人日本価値記録事業者協会(Japan Authority of Digital Assets)の略称です。 ビットコイン等の価値記録の健全なるビジネス環境と利用者保護体制の整備を進めることで、我が国の産業発展に資すること、国内での価値記録ビジネス振興及び課題解決の自主ガイドラインの制定及び施行を目的とした事業者団体です。 ビットコイン等の価値記録交換所及び販売所のガイドラインを作成、監査や関係省庁(経済産業省、金融庁、消費者庁、警察庁、国税庁 等)や関係団体(全国銀行協会等)との連携及び意見交換を行っています。

ただJADAという略称は他にも日本アンチ・ドーピング機構 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(にほんアンチ・ドーピングきこう、略称:JADAジャダ)、があるため、ちょっとややこしく、その存在を勘違いしている人も多いです。スポーツ団体でもあるアンチ・ドーピング機構のほうが一般社会への認知度も高いため、略称は変更されてもよいのではないでしょうか。

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!