ビットコインなど仮想通貨の時価総額を調べたい

各コンテンツのショートカット

class

class

class

class

class

仮想通貨の時価総額は絶対にみておくべし

仮想通貨の取引で重視することはまずは時価総額です。ある程度の流通量が確保できていないと取引自体が成立しないこともありますし、場合によってはそのまま消えていってしまうこともあります。誰にも気づかれてない通貨を買い占めて、気づいたら無茶苦茶上がっているというのが理想ですが、あまりに小さい通貨であると、上る前に消えてしまう可能性大です。

仮想通貨の時価総額はCrypto-Currency Market Capitalizations:仮想通貨時価総額ランキングで確認することができます。現在のところビットコインがダントツの価値をもち、時点がイーサリアム、リップルです。

他にも■coincapCoinCap Rankingsというサイトで時価総額を確認できます。情報が間違っていないことを確認するために、確認できるサイトは複数もっているといいですね。

 

価値が小さなときに買うとサクセスストーリーの主人公になれるかも

上記のようにビットコイン以外の仮想通貨がこれほどまでたくさんあるのも、第二のビットコインを探している人がたくさんいるからです。みんなノルウェーのクリストファー・コーシュのビットコインサクセスストーリーを目指しています。

【ビットコインサクセスストーリー】
2009年、暗号化技術の研究をしていたクリストファー・コーシュ(Kristoffer Koch)さんは当時誕生したばかりだったビットコインに27USDという少額を投資しました。気まぐれだったようです。それから投資したことも忘れてしまっていたようで、本当に気まぐれみたいです。

しかしそれからビットコインは急騰し、コーシュさんが投資していた5000ビットコインの価値は日本円では1億円近くまで急上昇していました。27USDが886000USDになったようですので、3万倍にも価値が急増したのです。

そのビットコインを利益確定して税金として28%が引かれた後、残った資金でオスロ市内の住居購入に向け頭金を支払い、部屋のリフォームも行いました。まさにビットコインによって大きな資産を手に入れた、ビットコインサクセスストーリーの当事者となったのです。

たくさんの仮想通貨が取引できるcoincheck

上記のビットコインの値上がりによるサクセスストーリーにあやかろうと多くの人が第二のビットコインを探そうと必死になっています。ビットコインはすでに上がってしまっていますが、ビットコイン以外の仮想通貨であればまだまだ何十倍、何百倍にもなる可能性があります。

例えば日本一仮想通貨がカンタンに買えるcoincheckであれば、上記のようなビットコイン以外のイーサリアムやリップルコインなどが取引できます。仮想通貨は何百と数がありますが、その多くは信用を得られずに消えていってしまうため投資は非常にリスクが高くなります。ノルウェーの方の例と同じように軽い金額でやるべきです。

coincheckでは、bitcoin、ethereum、etherclassic、lisk、factom、monero、augur、ripple、zcashなどの複数の仮想通貨を手軽に買うことができます。日本にある仮想通貨取引所はまだ少なく、日本一の取引量を誇るbitFlyerはBitcoin、Ethereum の2種類しか扱っていないため、複数の通貨が取引できるところは貴重です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
>> 第二のビットコインを探してみよう <<

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!