ブロックチェーンとはビットコインの価値を保証するそのもの

各コンテンツのショートカット

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

運営者がおらずその価値を保証する人も組織も存在しないビットコインがなぜこれほどまでの信用をもち、通貨として成り立っているか・・・その理由は「ブロックチェーン」という画期的な仕組みによってなりたっているからです。

ブロックチェーンとは、ビットコインの過去のすべての取引記録(ビットコイン元帳)に、 新しい取引記録を次々に繋げていくこと、又は、その繋げた取引記録全体のことを言います。100個から1,000個のビットコインの取引記録をブロックといいますが、ビットコインの取引が増加するにしたがって、前のブロックに後のブロックを矛盾が生じないように接合させていきます。そうすると、ビットコインの取引記録(ブロック)が鎖(チェーン)のように連続して繋がって、取引記録全体を構成するようになるので、これをブロックチェーンといいます。

なお、取引記録を繋げるとは、以下のようなものになります。

例えば、Aさんが100BTC(BTCはビットコインの単位です)Bさんが200BTC、Cさん50BTCを保有していたとします。

ここで、AさんからBさんに50BTC、Cさんに30BTCを譲渡したとすれば、この取引終了後には、ビットコイン残高がAさんが20BTC、Bさん250BTC、Cさんが80BTCとなります。

最初のビットコイン残高(Aさん100BTC、Bさん200BTC、Cさん50BTC)に、新規取引(AさんからBさんCさんにそれぞれ50BTC、30BTC)による演算を行い、取引終了後の残高(Aさん20BTC、Bさん250BTC、Cさん80BTC)を算出します。

最初のビットコイン残高から、新規取引の内容と矛盾しないように、取引後のビットコイン残高を計算するのが、取引記録を繋げることになります。

そして、この取引記録を繋げるということが、ブロックチェーンの本質となります。

さて、例えば、銀行預金は、同じ単位で計算された紙幣や硬貨といつでも交換可能でありますが、銀行預金自体は、預金通帳や銀行のコンピューター内に記帳又は記録されている 数字の羅列(残高データ)そのものです。

従って、銀行預金は、紙や金属といった物理的実体を持たない、データのみで構成される存在です。ビットコインも、この点については、銀行預金と同様に、紙や金属などの物理的実体を持たない、ネットワーク内のデジタルデータのみで構成される存在です。そして、そのデジタルデータがブロックチェーンに他なりません。その結果、ビットコインの本体はブロックチェーンであるということができます。

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!