ビットコインのサイトマップへ

ビットコイン(bitcoin)とは、インターネット上で取引や通貨発行が行われる「分散型仮想通貨」のことです。本来の「通貨」というのは法定通貨と呼ばれ発行体である政府や中央銀行が発行し、その”信用”にて価値が保証されているものです。それ故発行体である国の意向によって通貨の価値が操作され、通貨の流通量をコントロールすることで流通量を減らしてインフレを止めようとしたり、通貨発行停止・新札切替などで財産を奪い取るようなことがなされてきました。

これに対してビットコインというのは政府や中央銀行などの中央機関を介さず通貨の発行体がいないため、政府や中央銀行とった管理者からの支配から開放された自由な通貨となっています。しかしそのメリットの一方で、その価値を保証してくれる国や組織がおらず価値を保証する裏付けがないデメリットもあります。しかしブロックチェーンと呼ばれる皆で監視し合う分散型監視システムの登場によって、政府や中央銀行を介さずに通貨としての価値を保つことができる新しい通貨として確立しつつあります。ハッカー被害や信用が低いなど、まだまだ問題も多いですが国によるコントロールにとらわれない新世紀の通貨として浸透が進みつつあり、インフレや預金封鎖の新たな対策手段になりつつあります。すでに中国を始めとした、国の通貨を信用できない新興国では多くの人がビットコインを通貨として使用し始めています。

新世紀の通貨:ビットコイン
ビットコインとは一体どういうものか ビットコインの仕組みはブロックチェーン
ビットコインのメリット

▼メリット①送金手数料が安い

▼メリット②国境による制限が存在しない

▼メリット③管理者がいないため、政府や中央銀行の支配を受けない

ビットコインのデメリット

▼デメリット①価値が変動する(投機的側面)

▼デメリット②ハッカーによる盗難被害に遭いやすい

▼デメリット③国による価値の保証はない

ビットコインを使った新たな社会の動き

▼初めて導入した企業

▼ATMを設置した国

▼電子決済に採用した企業

ビットコインに関わる大きな事件

▼シルクロード事件

▼マウントゴックス事件

▼キプロス通貨危機

ビットコインに対する各国政府の関わり

▼各国政府のBitcoin対応

▼日本政府のBitcoin対応

ビットコインの危険性

▼ハッカー被害

▼資金洗浄

ビットコインのこれからの将来性

▼事件が起きても右肩上がりの相場

▼インターネット世界との融和性

 
仮想通貨に関する知識
キプロス預金封鎖にビットコインが対策に  
ビットコインに影を落としたマウントゴックス事件 ビットコインで億万長者!サクセスストーリー
各仮想通貨について
MONA:日本発の暗号通貨 PEPECASH:海外版モナーコイン
   
ビットコインを取引できる取引所
日本最大手:bitFlyer bitFlyerのアカウント作成手順
bitFlyerでクイック入金をやってみた
bitFlyerログインパスワードを変更する
bitFlyerでビットコインを買うところは3つある
アルトコイン取扱:coincheck 日本一簡単coincheckのアカウント作成手順
セキュリティ良:zaif ZAIFの口座開設方法(アカウント作成手順)
XRPやMONA取扱:ビットトレード ビットトレードの口座開設方法(アカウント開設)
信用取引特化:QUOINEX  
みんなのビットコイン  
ビットコインのFAQ
ブロックチェーンとは何か ビットコインを採掘?マイニングとは
JADA:ジェイダとは何の組織か ビットコインは通貨なのか、商品なのか
ビットコインなど仮想通貨の時価総額を調べたい ビットコインの税金、課税について
日本の取引所と海外の取引所の違い  
上へ戻る
Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!