ビットコインとは一体どういうものか

ビットコインとは何か

最近なんとなく新聞やTVなどで聞く「ビットコイン」、結局どういうものかご説明します。

ビットコインは、仮想通貨の1つです。仮想通貨とは、インターネット上の取引データとしてのみ存在する通貨のことですが、 通貨(お金)ですから、ビットコインで商品やサービスを決済することができます。ちなみに、ビットコインは、紙や金属等の物理的実体を持たず、純粋にネット上の電子データで構成されていますので、デジタル通貨又は暗号通貨などとも言います。

さて、お金には、1万円札や百円玉などの普通の意味のお金の他にも、電子マネーやゲームセンター内で通用するコイン等、様々なものがあります。そして、ビットコインは、普通の意味のお金と、電子マネーと、ゲームセンター内でのみ使えるコイン等の、すべての性質を合わせ持っています。

まず、普通の意味のお金として、財やサービスの購入ができます。
また、物理的実体を持たず、電子データのみの存在であるという点においては、電子マネーと共通です。
さらに、使用範囲が、ビットコインユーザー間での取引に限定されているという点では、
ゲームセンター内でのみ使えるコインと同じ意味を持ちます。

なお。使用範囲の点に関しては、普通のお金は、同一の国の領土内であれば、それが制限さているということはありません。いずれにしても、ビットコインは、今までの通貨にはない性質を合せ持つ新しいお金です。

ビットコインの歴史

2008年10月にナカモトサトシを名乗る人物がインターネット上に公開した論文によって始まりました。

そして、このナカモト論文に賛同したプログラマーたちによって、2009年1月に、その理念を実現する最初のプログラムがネット上に公開され、運用が開始されました。

運用開始から約1年後の2010年2月に、普通のお金でいえば銀行に相当し、ビットコインの両替が可能なビットコイン取引所が、初めて開設され、同年5月に、現実世界で最初の
ビットコイン取引が行われました。

その後、ビットコイン取引は急速に拡大し、2013年12月には、利用者数が全世界で数百万人、時価総額が約1兆3千億円にまで拡大しました。

2016年11月現在では、ビットコインの発行総量は約1,600万BTC(BTCはビットコインの単位)、時価総額が約1兆1,800億円となっています。

なお、ビットコインは変動相場制を採用しており、その対円レート(1BTCで何円変えるかという割合)は日々変動しています。

このレートは2016年11月23日現在で1BTC=約84,500円となっています。

ビットコインの利用開始当初は、1BTCはほぼ0円でしたから、わずか数年の間に、ビットコイン価額は急騰したということになります。

ビットコインには特定の運営者がいない

ビットコインには、運営者がおりません。普通のお金であれば、中央銀行(政府)が運営者となり、その発行や管理を独占的に行います。 例えば日本円でいえば日本銀行が日本の「円」の通貨発行体であり、通貨を発行したり、流通を減らしたりして経済におけるインフレやデフレをコントロールしています。それが中央銀行の仕事です。この中央銀行によって管理がされているからこそ、逆に管理に失敗したりするとインフレがひどくなりすぎてハイパーインフレやスタグフレーションとなったりして経済が崩壊し、今まで使っていたお札に価値がなくなって紙切れになってしまうようなこともあります。また国の財政のために預金封鎖・新円切替などを行って国民のお金を没収したりすることもできます。全てはお金の管理を中央銀行が握っているからこそです。

しかし、ビットコインには、特定の国の政府や、特定の国の企業などの運営者がおりません。ビットコインを発行している国も中央銀行も存在しないのです。ビットコインに関して運営者がいないということは、一体だれがビットコインを発行し、 その流通量を管理し、贋金づくり等の犯罪を防止するのかという問題が発生します。

この問題について、ビットコインは、以下のように対処しています。

1. ビットコインの新規発行は、誰でも行えるビットコインの取引記録の記帳作業(マイニング)に対する報酬としてビットコインが支給されることで行われる
2. ビットコインの流通量は、マイニングに対して支給されるビットコインが逓減することで、総流通量が2,100万BTCを超えないようにプログラムされることで調整する
3. ビットコインの贋金づくり(不正なマイニング)は、不正なマイニングが正しいマイニングよりもはるかに手間がかかるようにすることで防止されている

これらの仕組みによって、ビットコインは、特定の運営者に頼ることなく、自律的にそのシステムを維持しています。しかしなぜプログラムなどの不正が蔓延りやすい世界において、不正なことが行われずビットコインがこれほどまでに信用されているのか。それは「ブロックチェーン」と呼ばれるインターネット史上類を見ない画期的な仕組みによってビットコインが成り立っているからです。

ビットコインの説明動画(bitFlyer出所)

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページ

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!