PEPECASHとは海外発祥のモナーコインみたいなもの

PEPECASHとはどんな通貨か

PEPECASHは略称として ”ぺぺ” と呼ばれています。

PEPECASHはCounterparty(カウンターパーティ)というビットコインのブロックチェーン上で展開されるプラットフォームで作られたXCPという仮想通貨から作られた仮想通貨(トークン)です。

XCPは消費して独自の仮想通貨(トークン)を発行することができる特徴があり、このプラットフォームを使った独自の仮想通貨(トークン)が数々発行されています。PEPECASHもその1つです。

海外掲示板で人気のカエルキャラがモチーフ

この通貨は  Pepe the Flogという海外で人気のカエルキャラクターを通貨にしたものです。日本でいえばモナーですね。海外の2ch(今は5chですが)である4chが発祥であり、画像掲示板でカードを作って『これはRare pepeだ』といった遊びから始まった通貨というよりトークンになります。

発祥や経緯といい、日本のモナーコインと類似する部分が多いです。海外のモナコインと言うことができるでしょう。

海外の掲示板では電子データのカードでありながら価値をもつトレーディングカードのように取引されています。なにかしらの大きな目的で作ったのではなく、内輪で遊ぶために作られたものである性質が強いものです。

PEPECASHを取引できるのはZAIFのみ

ちなみに前述にもありますが、PEPECASHを取引できるのは国内ではZaifだけです。



>> ZAIFの公式サイトで確認してみる <<

PEPECASHを取引できるのは国内ではZAIFだけです。しかしzaifは非常にサーバーが弱く、また板もしっかりしていないためよく値が飛んだり、取引所が落ちたりします。

急増する取引量にサーバー管理が追いついていないのですが、それにしても一向に改善する傾向はありません。PEPECASHが1円→9円と9倍の暴騰をみせたときにリアルタイムで見ていましたが、5円を超えたあたりから取引もチャットも落ちっぱなしでした。

とはいえ、トークンを国内で取引するにはZaif以外の選択肢がありません。

 

 

同ジャンルのリンク

 

Copyright© 2017 格差脱出研究所 All rights reserved
ラベル 格差脱出には今しか無い!